({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
  • 過敏性超早漏症候群 [Gradual Improvement]
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
過敏性超早漏症候群 [Gradual Improvement]
販売日 2019年06月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数132ページ
ジャンル
ファイル容量
1.5MB

作品内容

小さな過疎島で唯一の若者である真べえは来春、島を出ることになっている。
 そんな、新たな世界に思いを馳せる真べえの目下の悩みは『早漏』だった。

 島に適齢の相手が居ない真べえは、島を出たら『オナゴ』とデキる、と、大きな期待にあそこを膨らませてもいたが、それ以前に、今のままではまともに『オナゴ』とデキない自分に悩み、切羽詰まっていよいよ、歳が一番近く、島に一つきりの診療所を営んでいた俺を、島で唯一この手の相談ができる相手として頼ってきたのだった。

 真べえを『美味しそう』という目で見る俺に突然舞い込んだ、若人の性のお悩み相談。
 俺の頭に『お医者さんごっこ』のイメージが大手を振って横切っていく。
 しかし、真べえの『早漏』はごっこで済ませるには少しばかり重症だった。

 触れるとほぼ同時に暴発し、俺の顔も含めてあらゆるところに飛び散らかす暴君。
 ド派手な射精を繰り返しながらも、焦り慌てるばかりで気持ち良さをあまり分かっていなかった真べえ。
 俺は『早漏』そのものよりも、気持ち良さをちゃんと知らない真べえを勿体無く思い、早漏改善の手助けを買って出た。

 島を出るその前日まで、一日も欠かさなかった真べえの診療所通い。
 毎日4,5発の積み重ねはやがて、1,000を超え、そして最終日、遂に俺も一線を……。

約36K文字、A6文庫サイズPDFで132Pです。
(体験版では第一章18ページまでご覧になれます。レイアウトの確認等にご利用ください。)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

レビュー数 : 0件

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?

関連まとめ記事

まとめ数 : 0件

この作品のまとめ記事を投稿しよう!
書き方や詳細については まとめの作り方 をご覧ください。