({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年05月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
14.84MB

作品内容

兄弟が寝静まったある日の晩、
一松はこっそりカラ松のカラダにいたずらをし始める。
カラ松は声を殺して耐えるが、そこになんとトド松まで参戦して…!

24ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ぼくのお兄ちゃん」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

エロい(笑)。

2017年11月24日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

寝ているところを四男に襲われる(?)次男のお話ですが、
むしろ末弟とイチャイチャしてる描写の方が多い感じです。
甘い話と言うわけでもありませんが、無理矢理でもなく、
兄弟のエッチがサックリと読めます。
四男の表情がエロい(笑)ので、ニヤニヤしながら拝見しました。
カップリングが苦手でなければ、絵も上手ですし、おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]