({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「好きか?」と聞けば「好きですよ」と答える、そんな関係が不満だった———宮郷は忠実な
部下・倉部のことを愛していた。たまらず抱いて欲しいと申し出れば、望む通りに抱いてくれる。
だがそこに”愛”があるのか分からない———祖父の代から続く『上下関係』が逆に宮郷を縛っていた。
そんな不安な気持ちを持て余す宮郷の前に倉部の友人が現れ「二人で組んで倉部の気持ちを確かめよう」
と誘いをかけられ…!?宮郷は忠実な部下・倉部のことを愛していたが、祖父の代から続く『上下関係』
が逆に宮郷を縛っていた。そこで、倉部の気持ちを確かめようと…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「私の知らないアナタが欲しい」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件