({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

※最新OSへの対応状況につきましては公式サイトをご覧下さい。

また英米独仏など諸列強との外交や指揮官の人事、内債や外債による戦費調達、
明石大佐の対露謀略などもルール化されており、
作戦指揮のみならず戦争指導そのものがプレイヤーの判断に委ねられます。

更に本ゲームの特徴はグローバルな視点での国家戦略だけにとどまりません。
陸軍部隊は重砲、野砲、山砲などの火砲が1門単位、
歩兵、騎兵、工兵などの兵士が1名単位でデータ化されているばかりでなく、
歩兵が現役歩兵と後備役歩兵に分類されるなど日露両国の動員能力差を忠実に再現しています。
艦船は戦艦、装甲巡洋艦、巡洋艦、敷設艦、駆逐艦、水雷艇、商船など
60クラス・総計260隻以上が1隻単位で登場。
艦船は搭載している武装が砲塔1基単位でデータ化されており、
船体各部の装甲厚や損害による能力低下なども再現されます。
人物は「大山厳」、「東郷平八郎」は言うに及ばず
軍司令官、参謀長、師団長、旅団長、提督、閣僚など120人以上が登場。
各人物の階級や指揮能力などが詳細にデータ化されており、
「もしも旅順攻略の指揮官が乃木将軍でなかったら?」など歴史のIfをゲーム上で再現することが可能です。
シナリオは日露戦争の全般を再現するキャンペーンシナリオ及び
戦争の一局面を再現するショートシナリオの計5本を収録しています。

※本ゲームは1999年に発売された戦略SLG『日露戦争』を
Windows2000/XP/Vista/7/8対応とし、マニュアルおよび付属マップをPDF化したものです。
ゲーム内容は以前のものと同一となっております。

作品情報/動作環境

ファイル容量
13.16MB
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.0GHz以上
メモリ
96MB以上 / 128MB以上
必要解像度
640*480 フルカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「日露戦争文庫版 DL」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!本格的日露戦争ゲーム

2018年01月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

よくもまあ昔の自分はクリアできたなと
近年のWINバージョンUP、メモリ32から64にと
起動できなくなる化石ゲーが多い中で、10対応は助かります
古いゲームですが、作り手が職人気質なので妥協なし
ヘルプに攻略法が掲載されており、まずそこから
初めてみるといいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]