({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年03月29日
年齢指定
全年齢
作品形式
その他 / アドオンソフト
ジャンル
-
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

本作品はアドオンソフトです。
本作品をご利用いただくには、「マイクロソフト フライト シミュレータ X」が必要です。


2011年5月1日に実施されたオサマ・ビン・ラディン容疑者捕獲作戦において
第160特殊作戦航空連隊(160th Special Operations Aviation Regiment)が使用した
ヘリコプターは本作戦用に特化されたUH-60 ブラックホークでした。
機能的にはテールローターに特別仕様のブレードが使用されるなど尾部の改良がなされ、
従来のUH-60と比べて大幅に騒音対策を施工。またパキスタン空軍のレーダーを回避するため、
F-117と同等のステルス性(補足されにくい技術)を備えていたとされます。
ステルス機特有の特徴としてUH-60Xには特殊なハイテク素材、
鋭角なデザインにフラットな表面などが採用されていました。
これらの特徴は上記の作戦においてヘリコプターの一機が墜落した際に明るみになりましたが、
秘匿性の高かった機体の為か、その後尾部を除いてはことごとく破壊されています。
本製品はヘリコプターの実機に精通した「Area51 Simulations」開発チームがUH-60を元に
1970年代中頃より開発されていた補足率が低いバージョンのブラックホークに関する情報、
更に上記作戦時に発覚した情報を全て盛り込んだ想像上の機体です。

■本製品はFSX専用です!
■外観/内部とも高ディテール
■写真ベースのテクスチャ(バンプマップ含む)
■3D仮想コックピットを搭載(2D計器パネルは収録しておりません。)
■ペイントキットを収録
■以下のバリエーションを収録
武装: 武装(ミニガン)、無装備(完全ステルスバージョン)
※武装は表示上のものであり、実際に射撃を行うことは出来ません。

【Windows 8 について】
・Windows RTでは、ご使用いただけません。
・デスクトップモードにてインストールを行ってください。
・FSXの動作について、公式な対応状況はマイクロソフト社のホームページ等をご確認ください。

作品情報/動作環境

ファイル容量
66.4MB
その他
マイクロソフト フライト シミュレータ Xがインストールされており、正常に動作していることが必要です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Area 51 Simulations UH-60X Stealth Blackhawk (ステルス・ブラックホーク)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件