PCソフト > オーバーランド > Area 51 Simulations AH-64D Apache Longbow (アパッチ・ロングボウ)

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年12月14日
年齢指定
全年齢
作品形式
その他 / アドオンソフト
ジャンル
-
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

本作品はアドオンソフトです。
本作品をご利用いただくには、「マイクロソフト フライト シミュレータ X」が必要です。


AH-64D アパッチ・ロングボウ(Apache Longbow)は高精度センサーと
ガラスコックピットを装備したヘリコプター。
AH-6Aからの改修内容は、メインローターの上にドーム状の覆いが付けられたことで、
そこにAN-APG-78ロングボウ・ミリ波火器官制レーダー(FCR)ターゲット収集システムおよび
レーダー周波干渉装置(RFI)が装備されている。
これによりヘリコプターが山や樹木、建物の陰であってもターゲットやミサイル発射等を検知できる。
またセンサー装置にラジオモデムが組み込まれたことで他のDモデルとデータを共有でき、
一台のヘリコプターがターゲットを検知していれば協力して攻撃することができるようになった。

■本製品はFSX専用です!
■外観/内部とも高ディテール
■写真ベースのテクスチャ(バンプマップ含む)
■3D仮想コックピットを搭載(2D計器パネルは収録しておりません。)
■ペイントキットを収録
■数種類のバリエーションを収録
塗装: U.S. Army、日本(陸上自衛隊)、イスラエル空軍
武装: 武装、無装備
その他: レーダーの有無
※武装は表示上のものであり、実際に射撃を行うことは出来ません。

【こだわりのポイント!】
コックピットドアやエンジンベイを開くことが出来るリアルなモデリング。
「REMOVE BEFORE FLIGHT」の垂れ幕を表示させられるマニアな演出。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ007386
ファイル名/ファイル容量
VJ007386.zip / 86.73MB (90947742Byte)
その他
マイクロソフト フライト シミュレータ Xがインストールされており、正常に動作していることが必要です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Area 51 Simulations AH-64D Apache Longbow (アパッチ・ロングボウ)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件