>    >  

GENERATION XTH -CODE HAZARD-

シェアする :

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メーカー名 :  experience
ホームページ :  http://www.exp-inc.jp/
販売日 :  2010年06月25日
原画 :  キャラクターデザイン:桜子  /  モンスターデザイン:山中虎鉄
その他 : 開発ディレクター:安宅元也 / プロデューサー:千頭元
年齢指定 : 
全年齢
作品形式 : 
ロールプレイングゲーム / 思考型ダンジョン探索RPG
対応OS : 
[PC]
Windows2000 / WindowsXP / WindowsVista / Windows7
その他 : 
ジャンル : 
-

サンプル

HTML版で表示

作品内容

■□■プロローグ■□■
20XX年、東京。この街の裏側では、知られざる災いが起こっていた。
人々を襲う正体不明の怪物『異形(いぎょう)』。

近年、異形による事件は増大。
政府はこのハザードに対し、特殊警察『XPD』を新設して事態に対応した。

それから数年……。

今なお発生するハザードのスクランブルに、XPDの部隊が出動。隊員たちは、命をかけた戦いへと急行する。
だがその現場には、いとも簡単に怪物を倒す、ある者たちの姿があった。
XPDの戦闘力を遥かに凌ぐ謎の少年少女たち。彼らは一体何者なのか……。

東京都日輪区にある『共立日輪学園』。春。多くの若者がこの学園に入学する。
その一人である君の下に、学長から届く一通のメール。

文面は、とある場所への呼び出し。だがその場所とは、区内でも有数の怪奇スポットであった。
これは何かの間違いか。それとも誰かのいたずらか。そしてそこで、君を待つものとは……。

■□■世界観■□■
ジェネレーション エクスは、20XX年の東京という、現代を舞台にした作品です。
プレイヤーは、普段は日輪学園という学校に通う少年少女たちです。
しかしその一方で、特務隊『エクス』に所属する隊員でもあります。

彼らは怪奇な事件から市民を守るため、コードライズというテクノロジーで身体を武装し、
秘密裏に日々任務を遂行して行きます。
戦いの舞台はアビスと呼ばれる特殊な迷宮。ちょうど怪奇スポットのように点在するその迷宮には、
異形と呼ばれる怪物が出没し、隊員たちに襲い掛かります。

選ばれた正義の隊員として、謎に挑戦する冒険者として、プレイヤーは様々な不思議や悪と対峙して行くのです。

■□■登場人物■□■
▼御舟アリス ♀/18歳/日輪学園高等部3年
特務隊エクスの隊長を勤める少女。通称アリス隊長。持ち前の破天荒さと指導力で、隊の活動をリードする。

▼佐伯海斗 ♂/15歳/日輪学園講師
副隊長を努める15歳の天才少年。すでに大学を修了しており、非常勤の講師でもある。

▼日々野規子 ♀/17歳/日輪学園高等部3年
日輪学園の3年生で高等部の生徒会長を務める生徒。やさしく控えめな性格で生徒たちから好かれている。

▼東条拓磨 ♂/21歳/日輪学園高等部3年
日輪学園の3年生で、怪しいオカルト倶楽部の部長。
名家の御曹司らしく、誰に対しても横柄な態度を取る。現学年を3回も留年している。

▼不破雄作 ♂/37歳/XPD捜査課警部補
事件や捜査の際、XPDの現場を指揮する男。元警視庁の刑事であり、現在はXPD処理班に所属。
口数は少ないが、エクス隊員を励まし、時には注意することも。

システム

必要解像度 800*600 フルカラー CG鑑賞モード
画面モード ウィンドウモード可 BGM鑑賞モード
アニメ シーン回想モード
BGM あり メッセージスキップ
音声 オートプレイ
ボーカル曲数 攻略可能人数

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004741
ファイル名/ファイル容量
VJ004741.zip / 201.06MB (210829357Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / PentiumIII 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
HDD
2GB以上
VIDEO
VRAM 32MB以上(64MB以上推奨)、DirectX8.1以降に対応した3Dアクセラレーター
DirectX
DirectX 8.1以降
その他
DirectX 8.1以降に対応したサウンドカード、あるいはサウンド機能

GENERATION XTH -CODE HAZARD-の関連作品

あなたにオススメの作品

「GENERATION XTH -CODE HAZARD-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

三作品の一作目

2010年08月05日  ヒリ さん投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×24人

レビュアーが選んだジャンル :

    -

タイトルに記した通り、このゲームのシリーズは
コードハザード コードブレイカー コードリアライズ の三つの作品で構成されており、
このゲームは最初のシナリオであるコードハザード部分となっています。
レベルキャップが設けられていたり、シナリオ上でも謎が残ったまま終わるなど
何かと中途半端な作りとなっていますが、導入部分と考えれば仕方ない事でしょう。

ゲームの流れは
プレイヤー自らの手で作成したキャラを作成し、
「ドラクエ」などで言う「職」を決定し、
それら自作したキャラ数人でパーティーを組んでダンジョンの探索へ出ます。
ダンジョンでは敵と遭遇し、敵を倒すことで得られる経験値や
敵が落とす武具、武具を作る素材などを掻き集めてキャラを強化していきます

基本はそれの繰り返しで、シナリオを進行させると入る事が可能な
ダンジョンが増えたり、ダンジョンの奥でボスと遭遇するなどがあります。
「世界樹の迷宮」の様なゲームが好きな方にはお勧め出来ますが
上述した通り内容がやや短く、15時間もあればメインシナリオを
クリア出来てしまう事が少々残念なところでしょうか。

コードハザードの次回作にあたるコードブレイカーなどは
内容も濃い上、レベルキャップを外す事も可能となっていますし
コードハザードで鍛えたキャラをフルに活用出来ますので報われる部分も多いですが…

コードハザード単品でも1900円という値段に見合った面白さはあると思います

このレビューは参考になりましたか?   [ 報告する ]