PCソフト > 自転車創業 > そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年05月28日
シナリオ かざみみかぜ。
イラスト 玉岡かがり
音楽 水野裕之
年齢指定
全年齢
作品形式
その他
ジャンル
-

作品内容

■物語■

爆弾解体(探索する方がメイン)

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆

 ●蒔雉カコ
  世界でも数少ない先天性魔法使い。
  だが、その力を使用する際に集中力を全て使い果たしているせいで、普段は何も無い所で転ぶぐらいドジ。
  おねえさんぶっている時程抜けている。
  浜松弁を誤読したような口癖があるが特に浜松出身という訳ではない。
  回転寿司に行くとえびしか食べない。
  アイスクリームが好物だがハーゲンダッツを人名だと思っている。
  グリーンベレーとブルーベリーの区別がつかない。
  指摘されても直らない。
   癖:拾い食い。
   特技:新巻鮭の真似

 ●御子徒セツナ
 ●鴛時ミライ
 ●高槻アキラ
 ●カトリーヌ
 ●ANOSちゃん

◆◇◆製品特徴◆◇◆

当社過去作品
『あの、素晴らしい をもう一度』
『空の浮動産』
『ロストカラーズ』
の流れを組む、ゲーム性を重視したノベルシリーズ第4段

◆◇◆システム◆◇◆

ノベルゲームを能動的にプレイさせる為に作られた
Advanced Novel Operation System version4
を搭載。ANOS(システム)はそれまで枝分かれする分岐であったノベルを、
多層的立体的に積み重なっていく累積型シナリオへと進化させます。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004654
ファイル名/ファイル容量
VJ004654.zip / 292.75MB (306968455Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB 以上
HDD
300MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以降
その他
16bitステレオ44kHzPCMが再生可能なDirectX対応カード

そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ピックアップ

魅力と不快感

2010年08月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×6人

個人的には好きだが、かなり人を選ぶ。
キャラも可愛らしく雰囲気もライトだが中はパズル性の強い古典的なADVのため安直に『おすすめ』は出来ない。

特徴的なのはANOSシステムと記憶管理システム。
ANOSは所謂スキップやバックログ、シーンジャンプを兼ねたもの。
記憶管理は例えるなら探偵ゲームにおけるメモ帳(質問項目や状況の管理)。

この手のゲームの醍醐味は悩んだすえ解決することにあると思うのだが、この為の方法が残念だった。
単純に言うと「同じシーンを何度も読む事を強いる」というもの。
元々文章や演出が、やや冗長な上同じシーンを何度も読むことになるので読む事に対する楽しみ、物語の進める快感はどんどん磨耗していく。
DEAD ENDのようなものがなく気分の仕切り直しが出来ない事、そして「セーブが1箇所」しかなく文章自体を純粋に読み返すことが出来ないのも大きい。

なんだか辛口になってしまったが、このゲームの面白かったところはゲームであることをうまく利用していること。
文章だけではなく背景や音といった様々な部分にヒントが隠されている。こういった所はとても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!面白い

2015年02月24日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

自転車創業さんのゲームは、紙芝居の延長のようなただ眺めていればいい既存のゲームとは違い、ノベルゲームとして画面を見、文章を読み、音を聞きながら何をすればいいのか頭を使うゲームになります。
ストーリーのあるパズルゲー。もしくはパズルの組み込まれたノベルゲーととして楽しめますので、両ジャンルが好きな方におすすめです。
あとヒロイン?のカコが可愛い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]