PCソフト > 自転車創業 > あの、素晴らしい  をもう一度/再装版

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年05月14日
シナリオ かざみみかぜ。
イラスト 玉岡かがり
音楽 水野裕之
年齢指定
全年齢
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

■□■ストーリー■□■
目覚めたとき、おれには『過去』が無かった。そして傍らにいた少女には『未来』が無かった—————

「これから記憶が無くなったとしても恐く無いよ。あなたが覚えていてさえくれるのなら」
『未来の無い』少女が言う。
毎日をくり返し、積み重ねて行く事が未来であるのなら、彼女にはまさにその『未来』が無かった。
『前向性健忘』
別名『くり返し病』とも呼ばれるそれは、記憶も未来も新しく気付いた気持ちさえも無かった事にしていく呪い。
「人は間違ったらやり直すべきだ。だが繰り返すべきじゃない。そんな事が本人の意思と無関係に起こっていい筈が無い」
『過去の無い』男が言う。
そして2人は互いに欠けた『過去』と『未来』を取り戻すべく旅に出る。
自分達のいる世界が既に『くり返しの世界』となってしまっている事さえ気付かないまま……


◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
▼リト・リンフェル
「うん、楽しいよ。歩くの、好き。知らない所を行くのは、もっと好き。そんな道のりを、2人で歩くのは……一番好き」

▼ミレイユ・セフォン・リフォーゼ
「……それから、リトには気を付けなさいよ」

▼ヴェルニカ・ヴェルニッケ
「正確にはやや違うが、ものすごく乱暴な説明を許せば、それでも合っている。逆にお前さんが既に、いや『過去に』この先にある選択をした事があるのならば、ANOSの力でその先に飛ぶ事もできるのだからな」
「それもおかしな言い方だな。『未来の選択』を『過去に』した事がある?」
「そうだ。非常におかしな言い方かもしれない。だがそれは未来から過去には戻れないという常識の場合だけだ。未来から過去に戻る可能性があるならそれはおかしな話ではない」
「ますますおかしなものの言い方だな」
「そうだな。実のところオレだって完全に把握している訳じゃない。言っていて自分の正気を疑いたくなってくる」
「……そのANOSの力を使った時、おれはどうなる?」
「どうなる、というと?」
「つまり、過去に戻った時、おれの記憶はどうなるのか、という事さ。過去に戻ったらおれは『過去のおれ』に戻るわけだろう」
「そうだ」
「……ならば、二つの道のうちの一つを選んだ後で過去に戻り、その後もう一つの選択を選んだとしても、以前の道を選んだ結果を覚えていなければ意味がない。片方を選んでいる状態と何も変わらないだろう」
「それはそうだ。お前さんは過去に戻る以上、戻った時点でお前さんは過去の自分になる」
「だったら何の意味も……」
「まあ聞け」
「………」
「お前さんは過去に戻ると同時に未来の自分ではなくなるかもしれない。だが、二つの道のうちの片方を選んだ事があるという『経験と記憶』はお前の中に宿っている。それは過去に戻ってやり直したとしても変わらない」
「経験と記憶?」
「そうだ。それはうすぼんやりと覚えている記憶かもしれないし、体が覚えている事かもしれない。記憶が『あの日のあの時』から続いてはいないとしても、お前さんの体の中にはその時の経験が残っているという事だ」
「……まだいまひとつ理解できないが、分からないでもない気がする……おれは信じちゃいないが、前世の記憶が急に蘇るようなものか」
「まあ、それに近いかもしれんな。憶測だが、そのANOSを手にした時から、過去に得た事以外の経験があるように感じた事は無いか?」
「……本当だ。確かにある。昔に経験した事だけじゃない物も混ざっている気がする」
「ならそれが未来の記憶が蓄積されている証拠かもしれんな。ただでさえ全く過去の記憶が無いお前だ。未来の記憶があればそれを補う事も出来るだろう。具体的に理解したいなら実際に使ってみるべきだな。少しでも早く彼女を呪いから解き放ちたいのであれば」

▼ANOSちゃん
「はっ、はじめて本気で叱ってくれたっ……!」
※主な特徴:カルシウム不足


◆◇◆製品特徴◆◇◆
(資)自転車創業の過去作品
『空の浮動産』
『ロストカラーズ』
『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ』
『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ3 ※この世界で2の発売予定はありません。』

のシリーズ原点であり、ゲーム性を重視したノベルシリーズ第1段の再装版

◆◇◆旧作からの変更点◆◇◆
■シナリオ・演出の全編リファイン
■キャラクター画像の全刷新
■『記憶管理』システム導入による謎解き追加とゲーム性強化
■BGMのフルリメイク
■X68000FM音源版BGMとの切り替え可能

◆◇◆システム◆◇◆
ノベルゲームを能動的にプレイさせる為に作られた
Advanced Novel Operation System version6
を搭載。
ANOS(システム)はそれまで枝分かれする分岐であったノベルを、多層的立体的に積み重なっていく累積型シナリオへと進化させます。

このシステムはどの時点からでも別の分岐に戻って辿り直す事が出来ます。
そして、既に辿った分岐で得た記憶を他の分岐で使用する事により、新しい展開が発生します。
これらの行為を能動的に行う事を促進、補佐するANOS(システム)は、
ノベルゲームでありながら高いゲーム性を発生させる礎となります。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004635
ファイル名/ファイル容量
VJ004635.zip / 374.13MB (392305458Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB 以上
HDD
350MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以降
その他
16bitステレオ44kHzPCMが再生可能なDirectX対応カード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「あの、素晴らしい  をもう一度/再装版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ノベルゲームの可能性を追求する自転車創業の第一作

2015年08月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

前から気になっていていよいよプレイしてみましたが
記憶管理システムが斬新で面白かったです
ANOSをはじめて体験したので
最初のループまでに1時間
そこから展開を変えるまでに3時間
クリアまでに7時間かかりました
クリア後もいろいろと隠されているので探してみましょう

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]