({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年05月28日
年齢指定
全年齢
作品形式
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「天下統一IV」では、前作「III」で好評を博した“ダブルインパルスシステム”や
“一族郎党システム”といった基本的なシステムや武将、国の数、城の数といった各要素を引き継ぎつつ、
さらなるシステムの拡充をおこなっています。
また、美麗なグラフィクスと壮大なムードをかもし出すBGMも刷新しました。

最大の特長は、二大勢力が対決するシナリオを自動的に生成する「関が原」モードを搭載している点にあります。
「関が原」モードのシステムは、プレイヤーがシナリオをクリアした時の最終データをもとに、
システムプログラム側でその状態を分析/再構成して、東軍・西軍の二大勢力に天下が二分された状態の
シナリオデータを自動生成するものであり、これまでに無い画期的なシステムです。

つまり100万人がプレイすれば、それぞれシチュエーションの異なった100万通りの「関が原」がプレイできることになります。
またこの「関が原」モードの採用により、これまでのシリーズでは、活用の範囲が限られていた、
真田幸村や伊達政宗といったシナリオの末期に登場する武将たちを、東西両陣営の戦いに参加させることで
有効に活用できるようにもなっています。

作品情報/動作環境

ファイル容量
380.41MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 700MHz以上
メモリ
64MB以上 / 128MB以上
HDD
600MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以降

天下統一IVの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「天下統一IV」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件