PCソフト > Falcom > 英雄伝説V 海の檻歌

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
メーカー名 Falcomフォローする
販売日 2012年03月23日
年齢指定
全年齢
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

大人気RPG『英雄伝説』シリーズの5作目。
『英雄伝説III「白き魔女」』・『英雄伝説IV「朱紅い雫」』と接点を持ち、
ガガーブトリロジー三部作の完結編となる作品。

●ストーリー
漠然とした自分の将来に想いを馳せながら、独奏会に向けキタラを練習する少年、フォルト。
貝殻の塗料工場で働きながら、フォルトへの秘めた想いを抱える少女ウーナ。
何を思ってか灯台で手琴の練習を始めるフォルトの祖父マクベイン。
何気ない日常をおくっていた三人は、一冊の本をきっかけに高名な音楽家が再現したという
古代の純粋なる調べ“幻のメロディー”を探す旅に出る。
様々な国、多彩な気候、それぞれの暮らしを見事に表現した美しいフィールドを舞台に、
爽快な音楽家たちの物語が始まる。

●シリーズ最高峰!「共鳴石」を軸とした、多彩で奥深いリアルタイムバトル
「海の檻歌」は、既存のどの英雄伝説シリーズとも異なる独特のバトルシステムを備えています。
最大の特徴は「共鳴石」の存在です。共鳴石を装備したキャラクターは、石に刻まれた
メロディーを奏でることにより様々な「共鳴魔法」を唱えることが出来ます。
また、共鳴石それ自体には装備するだけで特定のパラメータに影響するステータス効果も
備えています。
さらに、共鳴石と魔獣の属性、共鳴石とは異なる系譜にある魔法、キャラクター独自の必殺技、
多彩な戦闘アイテムなどの存在により、「海の檻歌」の戦闘はかつてないほど奥深いものになっています。
同時に、シンプルなマウス操作で複雑なコマンドを可能にする
ファルコムならではの抜群の操作性も健在です。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004045
ファイル名/ファイル容量
VJ004045.zip / 1.08GB (1163815983Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上
メモリ
128MB以上 / 1GB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 5以上

英雄伝説V 海の檻歌の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「英雄伝説V 海の檻歌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!優しい気持ちになるRPG

2016年10月11日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ファルコムは、現在PCゲーム製作から撤退していますが、過去には沢山の傑作ゲームをPCで製作販売していました。このゲームも1999年製作の懐かしのゲームです。そんな20世紀のゲームを今現在も遊べるとはすばらしいことです。windows凄え!ゲーム内容も最初は、のほほん~とした旅だったのに、いつのまにか世界の危機の真っ只中・・・と言った、まあ今では良くある展開なのですが、判っていても面白い!1999年当時はPCゲームから離れていて、このシリーズを遊んだ事が無かったので、2016年になってから、こうして遊べたことに感謝!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]