{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して、鳥白島にやってきた主人公の鷹原羽依里。

祖母の思い出の品の片付けを手伝いながら、初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。

海を見つめる少女と出会った。
不思議な蝶を探す少女と出会った。
思い出と海賊船を探す少女と出会った。
静かな灯台で暮らす少女と出会った。


島で新しい仲間が出来た――


この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。

■登場キャラクター
【夏休みを忘れた少女】
●鳴瀬 しろは (CV:小原好美)
クールで、人見知りをする島の少女。
親しいのは肉親である祖父ぐらいで、島では孤立している。
一人でいる期間が長かったせいで人との付き合い方がわからず、
時に人の心を考えないことも言ってしまうこともある。
島の外れなどで海を眺めている事が多い。

「私にあまりかまわないほうがいいよ」

【島の伝承を追う少女】
●空門 蒼 (CV:高森奈津美)
男女分け隔てなく友達感覚で接してくる島の少女。
島の駄菓子屋でバイトをしていて、老若男女問わず慕われている。
野生のキツネ(?)を連れている。
よく島のいろいろな場所で眠っている姿を見るが、島民には日常茶飯事らしい。

「とにかく、あたしが寝てても放っておいて」

【海賊船を探すお嬢様】
●久島 鴎 (CV:嶺内ともみ)
島で出会った不思議な少女。
いつでも大きなスーツケースを引いている。
中に何が入っているのかは絶対教えてくれない。
この島には主人公と同じくこの夏だけ滞在する。
何か探しものがある様で、手には古ぼけた地図を持って島をさまよっている。
その地図については「宝の地図なんだよ」と彼女は言う。

「行くよ。もう一度、海賊船のある場所まで」

【自分探しの少女】
●紬 ヴェンダース (CV:岩井映美里)
島の灯台の近くに現れる少女。
真面目で素直なドイツ系ハーフで、夏休みを利用して『やりたいこと探し』をしている。
海に流れ着いたゴミなどを掃除しては、まだ使える物を見つけ大事にする。
困ったことや、言葉に困ると「むぎゅ」と呻く。
異国の古い歌をよく口ずさんでいる。

「探し物です。やりたいことを探しています」

作品情報/動作環境

CPU
Core 2 Duo以上 / Core i5以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 512MB以上 / 1GB以上(DirectX 9.0に完全対応しているピクセルシェーダ2.0以上に対応したビデオカード)
必要解像度
1920*1080 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

こちらの作品も見られています