「黄雷のガクトゥーン:シャイニングナイト -N'gha-Kthun:Shining Night-」のレビュー一覧

黄雷のガクトゥーン:シャイニングナイト -N'gha-Kthun:Shining Night-
Liar-soft
2,880円 / 80pt (3%還元)
1909年、4月。欧州、マルセイユ洋上学園都市。学園都市最初の転校生、ニコラ・テスラが訪れてから実に1年──彼らを見つめる静かにして幽明なる瞳があった。
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2014年09月26日
  • (161)

輝く夜の物語

2015年04月23日   雲霧 さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

ガクトゥーン本編の一か月後から始まる物語です。
新年度になったということもあって(?)主人公のテスラおじいちゃんは自称72歳から自称73歳へとなりました。
今回のゲーム構成は、まず数多くのショートストーリーがあり、その中である進め方をしていると本筋たるシャイニングナイト編へと派生するつくりになっています。
注目すべき点としては、前作では学生たちの悩みに対して、物理的に雷を落としたり、こんこんと因果を含めたりして諭していたおじいちゃんが逆に悩みの種となってしまうことでしょうか。
今作でも学生たちの間で悩み事はありますが、それらは彼ら自身で解決してしまいます。これは学園都市に潜んでいた邪悪がおじいちゃんの奮闘によって追い出された結果、多少の波風はあれど、平穏な学生の日常が帰ってきたという証左です。
しかし、それで彼はどうするのか?愛する少女との些細な釦の掛け違い、迫ってくる彼の過去。彼はこれから学園都市でどう過ごすのか?というのが今回の話のミソでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ブランド/ジャンル特集

最終更新日:6月15日

美少女ゲーム特集

最終更新日:6月8日