「紅殻町博物誌」のレビュー一覧

2018年01月15日 正午 割引終了
紅殻町博物誌
raiL-soft
2,880円→ 1,439円 50%OFF / 39pt (3%還元)
これは、地図に無い町の、図鑑に載らない風物と、記録に残っていない事件の、物語。その町の秘密を巡って交差する、想いと企みの物語。
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2013年04月26日
  • (299)

「失われゆくモノ」へのノスタルジー

2017年07月06日   RAIBURA さん

このレビューは参考になった x 0人

もう現代日本にはなくなってしまったかもしれない、いや、まだ残っているのかもと思わせる懐かしい雰囲気が漂う町
その町に存在するどこか懐かしくまた摩訶不思議な物品を巡るノベルゲームです
美麗な文章で表現されたどこか懐かしい世界は読み手を郷愁の念に駆り立てるでしょう
「古い街並みに魅力を感じる」「昔懐かしい物品が好き」「どこか奇妙、でも魅力的なお話が好き」という方にオススメできます

なおシナリオライターの「希」氏はノベルゲーム界でも特に特徴的な文体であり、活字に慣れていない方には読みづらいかもしれません
事前の体験版プレイでの合う合わないの確認を強く推奨します

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

独特のエロゲー

2017年03月27日   フィフスエマナ さん投稿数 : 10位

このレビューは参考になった x 0人

果たしてこのゲームはエロゲー?と言うぐらい独特な文学的表現を織り込んでいるゲームです。ノスタルジックを感じる田舎の世界観はまさに最高で文学的な表現ととても相性が良かったです。
思わず、これエロゲーだよね?と錯覚するぐらい良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!読み進める度に、文章が色付いていく

2015年03月02日   しまうま さん

このレビューは参考になった x 3人

レビュアーが選んだジャンル :

このゲームの文章、端から飛ばしてきます。
「あ、今日日小説とかでも増して時代小説でも全然見ないぞこれ」と思わせて来る古い言い回しの文章。
くどい文章は苦手なんだがな、と思いつつも気合いを入れて目で追い始めました。

上から下へ、目を動かして文章をなぞる。なぞっていくと、情景描写に目が止まる。美麗で鮮やか。ただやはり若干くどいと感じるような文。
なのだけれど、皆が皆歯切れの良い言い回し。読んでいると頭の中にリズムが出来て、流れる穏やかなBGMに乗ってトントンと頭の中にすんなりと情景が入って行く。そして気付くと文に埋没している。背景に描かれた紅殻町にストンと自分が落ちてしまう。
鼻孔にまで、夏と紅殻町の匂いを感じる。錯覚してしまう。
ちょっと大げさな言い方だったかも知れませんが、そのくらいこの文章が癖になるんです。
システム面も割と融通が利くので、ストレスが溜まる事も無いでしょう。

文章に酔いしれたい、読み応えのあるものを読みたい、色んな日本語を知ってみたい、そういう人にお勧め出来る読み物だと思います。
未亡人もエロかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!物語を「読む」作品です。

2014年08月19日   shinkan さん

このレビューは参考になった x 3人

レビュアーが選んだジャンル :

レトロでどこか懐かしいような感じが端々から漂う物語です。テキスト主体ですがBGMや画像効果も物語の雰囲気を高めてくれます。それなりに長い文章を読む事になるわけですが、文字の大きさやフォント、表示方法を好みに合わせて調整できるのでストレスもありません。良質の小説を読むような気持ちでお手に取られてみてはいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日