「すくぅ~る・らぶっ! 2~恋するパフェちっく~」のレビュー一覧

すくぅ~る・らぶっ! 2~恋するパフェちっく~
ディサベル
2,880円 / 80pt (3%還元)
前作「すくぅ〜る・らぶっ!」と同じ時系列で展開する、もうひとつの「萌えハニ学園アドベンチャー」!新たな主人公とヒロインたちが紡ぐ、本当の信頼と絆。そして身も心ひとつになる純愛物語
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽ありシリアル発行
  • 販売日: 2010年10月22日
  • (27)

オススメ!Grant, The Dream With Heroine

2010年10月22日   A-GE さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 1人

前作[すくぅ〜る・らぶっ!]と同じ時間軸・同じ舞台での別ストーリーですが、前作では「主人公・高翔璃遠が本当に自分が進みたい道を見付ける」という展開だったのに対し、今作では「ヒロインの夢をサポートする」という展開がメインになります。
登場するヒロインの多くは「叶えたい夢」を持っていて、主人公・阿倍晴はその手伝いをしつつ、立ち塞がる困難や見えない壁を打ち破り、いつしか「本当に信頼できるパートナー」へと昇華するという展開です。
本作品も、前作と同様、周回ごとに攻略可能なヒロインが固定されており、1人クリアして最初から始めると別のヒロイン…という形でゲームが進行します。
尚、この作品のヒロインの大半は「彼氏持ち」あるいは「彼氏がいた」という設定ですが、その彼氏共というのが、おそらく女性視点から見れば「こういう男は夫や彼氏にしたくない」と考えそうなヤツらばかりなので、“寝取り・略奪”にはなりません。
また、「彼氏持ち」設定のヒロイン達にとって、晴は「初めての彼氏」にはならないものの、ファーストキスやロストバージンの相手にはちゃんとなれます。
更に捕捉しますと、前作では一部のヒロインが非処女という設定でしたが、今作では全員処女です。
シナリオの展開次第では、前作の登場人物である璃遠・涼葉・萌美・花恋らも大いにストーリーに絡んできます。ちなみに、攻略ヒロインの1人・小松原亜衣理は、前作ではチョイ役でしかなかったのが、今作で目出度くヒロイン昇格となってましたね。
「立ち塞がる困難を乗り越えて、ヒロインと固い絆で結ばれる」という展開を好む方には特にお勧めの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日