「りんくす!~キミと精霊と使い魔と~」のレビュー一覧

りんくす!~キミと精霊と使い魔と~
flap
2,916円 / 81pt (3%還元)
さあ、出かけよう 僕らの絆を試す旅へ——
18禁アドベンチャーゲームアプリケーション音声あり音楽あり体験版あり
  • 販売日: 2010年08月20日
  •  
  •    
  • (2)
  • (292)

おすすめ

いいシナリオゲーでした

2012年01月21日   AZZ さん

このレビューは参考になった x 1人

いくつかこのブランドのゲームをやって何れも抜きゲ—だったのだったので
購入しましたが、Hシーンは各キャラ2と少なくむしろシナリオメインのゲームでした。

攻略できるのはパッケージの3人(ニナ、ルチル、プラティーナ)。
序盤の選択肢でメインヒロインが決まり、後は一本道です。
なのでエンディングは3つだけですが、そこそこボリュームはありました。

難を言えば展開がお約束なこと、珊瑚とエレットが攻略できないこと。
しかしヒロインとともに成長する主人公は見ごたえがあり、とてもすがすがしいエンドでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ファンタジー作品

2010年09月17日   ん〜? さん

このレビューは参考になった x 3人

レビュアーが選んだジャンル :

初めて購入するブランドの作品でしたが、
ファンタジー系の世界とその雰囲気に合うビジュアルということで
購入を決定。

天真爛漫な主人公の妹ルチル,明るい留学生ニナ,
真面目なエルフの女性プラティーナの3名が攻略対象です。

主人公のユークは彼女たちとは違い、魔法が使えないため
クラスが低く経験が足りないので序盤こそ足をひっぱりますが
得意分野である錬金術など前向きに行動する、良主人公でした。

シナリオは彼女たちの出生の秘密や、過去や環境を中心に
シリアスに書かれていて、ファンタジーなビジュアルとのギャップがあり良かったです。

攻略順は誰からでも問題ありませんが
ニナ→ルチル→プラティーナで攻略するのがわかりやすいと思います。

ヒロイン、サブヒロインとも中堅の声優さんが出演されているので
スピネル先生やモルガナなど出番の多いサブキャラクターにボイスが
無いことが目立ってしまうということが惜しいところでしたが
ストーリーなど作品は全体的にまとまっていました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

保存した検索条件

マイジャンル

    編集 ]

    商業作品特集

    最終更新日:12月2日

    ご利用案内

    ご利用可能なお支払い方法

    お支払い方法について

    ドコモ ケータイ払いでポイントが買える!!

    JAPHICマーク

    当サイトは、個人情報の適切な取り扱いをしており、安心してお買い物をお楽しみいただけます。

    スマートフォン

    運営サイト