「叔母穴~オーバーホール」のレビュー一覧

叔母穴~オーバーホール
黒雛
2,980円 / 82pt (3%還元)
勝気な叔母は、実は処女? 仮面の下に押し込めた欲望を引きずりだして、ねぶり支配する快楽。
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2010年06月04日
  •    
  • (380)

タイトルが秀逸

2017年10月10日   秘色ゆうき さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

まずタイトルが秀逸です。
そして、母の妹という叔母を、辱めて調教し、従順にさせるという、内容も秀逸な作品です。
なかなか叔母というのもめずらしいので、その点でも貴重な作品だと思います。
ぜひおすすめですのでよろしければどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!身近な女性を辱める興奮

2011年05月02日   ATM さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

『熟恋母』の続編。
レーベルが『黒雛』に変更されたこともあり、エロの内容も凌辱的なものが増量。
前作とはまた違った雰囲気で、身近な女性を辱める興奮を楽しむことができる一品です。

前作ではまさに「気のいい親友」というようなキャラクターだった主人公ですが、今作では鬱屈した感情を容赦なく叔母にぶつけるダークなキャラになっています。
前作をプレイした方はあまりの別人ぶりに、ポカンとしてしまうかもしれません。
とはいえ、前作の主人公が(背徳的な横恋慕とはいえ)あくまで愛情をもって行動していたのに対し、こちらは自分の憂さを晴らすために行動してますので、当然といえば当然でしょう。
陰毛を剃毛して三十路の秘所をつるつるに・バレれば会社にいられなくなるであろう玩具虐め・衆人観衆の前で歳不相応な衣装でのチアリーディング強要。
実にヒロインの恥辱を煽るプレイを見せてくれますので、そういった内容を好まれる方は前作以上に楽しめると思われます。

なお、前作のヒロインだった母親だけでなく前作の主人公も(立ち絵つきで)登場しますが、とくに目立つほどの出番はありません。
一応用意されている母親のエロも、前回のCGを使い回したシーンが一つだけあるのみです。
「仮に今作の主人公がこういう性格だとしたら、前作でのあの後は……」など前作をプレイした人間ならではの想像をかき立てられる要素はありますが、『叔母穴』単品でも十分楽しむことができるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!近親相姦×処女貫通!!

2010年12月24日   王子の玉子 さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公・裕也の叔母である千尋は一流企業の課長を務めるバリバリのキャリアウーマン。
しかし男勝りな性格のため32歳のいまも男性経験なし。
そこに実の母親と親友の一輝がSEXしている所を目撃した裕也は、どす黒い衝動を抑えきれず叔母を犯してしまいます。

処女を奪った後も、バイブを装着させたまま仕事に行かせたり、下着を着けずセーラー服のまま学校でプレイしたりと
実の叔母を欲望のはけ口にしていきます。

原画の麻倉桜さんのムチムチした肉感のキャラデザも作風とマッチしていて最高です。
次は別ブランドの『熟恋母』をプレイしてみます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:1月16日