「D+VINE[LUV]」のレビュー一覧

D+VINE[LUV]
Abogado Powers
2,571円 / 71pt (3%還元)
大陸の辺境に位置する小さな街、“アーヴィル”。冒険者ハイドと彼の幼なじみサクラは、アーヴィル近郊の洞窟の中から“旧世界”の遺跡が発見された……そんな噂を聞きつけて……
18禁ロールプレイングアプリケーション音楽ありソフト電池
  • 販売日: 2009年06月19日
  •     
  • (348)

擦り切れるほどやった

2015年12月18日   ロラン さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

思えば……私が初めて買ったゲームがこれだった。
CDで買ったのだが、年月やらなんやらでディスクは傷だらけ。もうプレイできないと諦めていました。

DL版が出ていたとは!

思わず買っちゃいました☆
今のPCで動くか心配でしたが、問題なく動いています。
また、街中をメダル探して駆けずり回ったり、ダンジョンに潜って800種のアイテムを探す日々が来たようです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!ゲーム性あふれるアクションRPG

2012年09月06日   namn さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

敵を倒すとランダムに出現するアイテムを収集する楽しみが
ダンジョンを攻略する原動力となっている
強い武器防具を手に入れられた嬉しさといったら痺れるほどだ
ステータスもレベルを上げたときのポイントで割り振ることができ戦士系や魔法使いと戦い方も幅広い
中々コンシューマでもお目にかかれないほどの出来だと個人的には思う

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!懐かしの名作

2011年06月16日   TAN_ZAKI さん

このレビューは参考になった x 2人

確か昔のエロゲ専門雑誌で、「今年最も遊べるゲーム」で1位だった記憶があります。
アクションRPGなのですが、さくっとクリアすることもできますし、アイテム集めでやり込みに精を出すこともできます。その辺の自由度の高さが人気の秘訣だったのではないでしょうか。

若干のレトロ感は否めませんが、今やっても十分楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

いつ以来だろう、この感覚

2010年03月31日   熊くじら さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 4人

レビュアーが選んだジャンル :

エロはもはやおまけ要素なファンタジーRPG。スーファミ時代のような素朴な雰囲気がたまりません。
メインのシナリオは結構切ない。パッケージにある命に代えても—のくだりが誰のことか理解したとき、胸にぐっときます。
ただ、やはりこのゲームの本領はアイテムさがしてダンジョン探索。本編そっちのけで潜り潜り。
本気でストーリーだけを追えば、10時間もかからずクリアできます。
しかし、サブイベントをこなしはじめれば軽く100時間オーバー。それでもまだアイテムは埋まらない。
こういう時に生じる感覚を楽しいと思ったことのある人、いますよね。意地になってアイテム集める達成感。
これがわかる人ならばこのゲームも間違いなく楽しめます。そんな人は、是非やってみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

一般的なゲーム性が高い

2010年03月12日   h.m. さん

このレビューは参考になった x 4人

一般的なゲーム性がかなり高く、エロシーンはそれに付随するものです。
ゲーム自体は、操作性も良く練られていて進行感を楽しむことができます。ただし、ゲームの進行は、戦略よりも操作のほうが効いてくるので、その点で好き嫌いが分かれると思います。一般ゲームで例えるなら聖剣伝○シリーズのような要領です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

あまりの懐かしさに…

2009年10月13日   シュミレーション・ラヴ さん

このレビューは参考になった x 5人

レビュアーが選んだジャンル :

実はディスク版の方で130時間前後遊んでた事が……。 まさかDL版が出るとは思ってもおらず見つけて即購入してしまいました。 

 やはり「懐かしい」の一言なのだろうか? FCかSFCあたりの時代を思い出すゲームグラフィックにLVが上がるたびに手に入るポイントでステータスを強化、ステータス次第でつかる装備、防具、魔法が増えていくという。どこにでもありそうな作品、シナリオもエンディングとかもなんか懐かしい感じがするゲームにエロが付いた程度? 
 実際プレイしてみると探索だけでなく、町の中のイベント(お使いクエスト)的なものがけっこうある。
 結果、ストーリを進めるというよりイベントの続きを見たいが為にアイテム探索に割く時間のほうが多くなる。 なにせ800種類だかのアイテム総数なので必要なものが手に入るまで時間がかかったりする。

 しかし何より罠というかすばらしいというべき点は 「セーブ&ロードがない」「気軽に町に帰還できる」あたりだろうか、町に帰還する魔法は初期から直ぐ買えるし、町に戻った段階でオートセーブなので死んで手に入ったレアが消滅っていう悔しい事がおきにくいです、手に入ったレアなどを持ち帰った後は倉庫にあずけるなり、イベントを進めるなりしたくなるので進めた後セーブするためにダンジョンへ……ダンジョンへ言ったからには探索を……という一種のループです。
 このループが中々抜けれないと気がついたら数時間逝ってしまいますので皆様お気をつけてプレイをどうぞb
 

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ブランド/ジャンル特集

最終更新日:7月20日

美少女ゲーム特集

最終更新日:7月20日