「Ricotte~アンペンブルの歌姫~」のレビュー一覧

2018年01月15日 正午 割引終了
Ricotte~アンペンブルの歌姫~
RUNE
2,980円→ 2,085円 30%OFF / 57pt (3%還元)
寂れた町の一角にあるパブでピアニストとして働く主人公はひょんな事から“リコッテ”と名乗る少女と一緒に暮らすことになるが……
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2008年07月11日
  •     
  • (143)

なかなか心の温まる雰囲気ゲー

2014年05月12日   YY さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

パブのピアニストとして働く主人公が、アルペンブルから逃げてきた歌姫のリコッテと出会って同棲生活を始めることとなり、その触れ合いの中から音楽への情熱を取り戻していく物語。

最初の選択肢によって主人公の性格が二つに分かれ、それぞれ異なった展開を見せてくれます。特別に練られたストーリーという訳ではありませんが、一昔前のヨーロッパ風の世界観もあり、雰囲気が良く、安心して楽しめる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

一服の清涼剤のような作品

2013年11月08日   DesertEagle さん

このレビューは参考になった x 1人

この作品は、プレイしていて実に気持ちが穏やかになっていく作品だと感じました。18禁ゲームというとエロい事が前面に出てしまう作品が多い中で、Hを男女のコミュニケーションの道具の一つとして捉え、作品の中で男女の心の繋がりを描くために使われていたりとHがメインでないのが非常に清々しい感じしました。更に、登場人物の掛け合いなどはライトノベルを読んでいる感じで、堅苦しくなく自然と作品世界に入って行けるという感じで、その世界観や空気感まで伝わって来るような、そんな出来の作品だなと感じました。
女性キャラの顔立ちや体型が、わたしの嗜好する方向性に近いものがあった為、没入感が増していたのかもしれません。
男性キャラに声があるのも、この物語を引き立てている感じしました。この作品はHな行為を楽しむ作品と言うよりは、
作品の登場人物達の掛け合いを楽しんで、そして、主人公のピアニストと少女リコッテとの愛情劇を主人公=プレーヤーとなって追体験していくものなのではないかなと感じてます。
プレイしていて楽しく、心が、ほっこりと暖まる そんな作品だなと感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

雰囲気を大事にしたゲーム

2008年07月17日   下っ端・改 さん

このレビューは参考になった x 5人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公とリコッテの交流&Hがメインではあるが、
主人公の周りには複数の女性キャラクターがいて、
(仕事先の同僚等)彼女らと主人公はデフォルトで
セフレのような関係。
そのため、リコッテとの純愛・・を期待しすぎると
主人公のそういう設定に抵抗があるかもしれない。

ただ、『形だけの舞台説明の後でHシーン複数→そのまま終わり』
というような、低価格ソフトにありがちなパターンではなく、

リコッテとの出会い

新しい生活

取り巻く環境の変化

落ち着き始めたところに、新たな展開

というように、外国の小さな港町の雰囲気を保ちつつ、
物語をちゃんと展開している。

無論、超一流の名作としてのそれではないが、
こういうストーリーや絵柄に好感を持てるならば
(値段的にも)後悔しないだけのレベルだと感じた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日