「特警戦隊サイレンジャー」のレビュー一覧

特警戦隊サイレンジャー
アニム
5,965円 / 165pt (3%還元)
特命戦隊ユズレンジャーの正統なる続編!デマゴーグの魔の手から、地球を取り戻すべく送り込まれたサイレンジャー。前作ヒロインであるユズレンジャー達も『デマゴーグ』の幹部となって再登場!
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽ありシリアル発行
  • 販売日: 2008年06月20日
  •    
  • (749)

戦隊ヒロイン触手凌辱AVG

2012年05月13日   とき さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

特命戦隊ユズレンジャーの続編です。
前作のヒロイン3人が悪堕ちしている状態で登場します。
前作はプレイしていなくても問題ありませんがプレイしていた方が楽しめるとは思います。

エロシーンは淫闘獣や一般人による陵辱・輪姦、洗脳等があり商業ソフトなだけあってボリュームはかなりあります。

白と黒は早めに堕ちてしまいますが、赤はなかなか堕ちません。すばらしいです。

戦隊ヒロイン物が好きで洗脳、触手陵辱が好きな人にはおすすめの作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ユズレンジャーの続編

2012年02月18日   tilk さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル通り特命戦隊ユズレンジャーの続編です
前作をプレイしてなくとも楽しめるとは思いますが、
やはりプレイした方が楽しめるでしょう。

基本は触手凌辱、人体改造やニプルファック等、結構マニアックな責め方をします。
後直接的なCGこそありませんが結構人が死んでしまうのでそういうのが苦手な人は注意です。
ですが全体的にクオリティーはかなり高め
前作よりも笑いや小ネタがあったり効果音をつけたりしていて
より良ゲーかしています。
先ほども言いましたが、結構ハードな触手責めをする分
好きな人はハマると思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

まぁまぁ良かったです^^

2010年04月13日  

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

このメーカーの物は結構好きなんですが、この作品はまぁまぁでした。
もちろん趣味趣向もあるので人によって評価はもちろん変わるとおもいますが^^;

作品の内容としては女性レンジャーたちが負けていき最終的にボスの思いのままっていう感じでレンジャー最初は活躍しますので、そういうのが好みの方にはオススメ出来ます。

プレイも触手、洗脳、出産ともに凌辱もおおく、キャラも結構悪くないと思ってます。
ストーリーが短めなのが唯一残念なポイントですかね><

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!新たな正義のヒロインたちを襲う苛烈な凌辱

2008年08月19日   ATM さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 4人

同メーカーの『特命戦隊ユズレンジャー』の続編です。
『悪の組織に立ち向かう、選ばれた正義のヒロインたち』
『敗北したヒロインたちや無力な市民たちを襲う過酷な凌辱の数々』
といった基本コンセプトはそのままに、よりパワーアップさせた内容となっていました。

前作では悪の組織に主人公を置き、彼の視点を中心として物語を語っていましたが、今回は明確な主人公は設定せず、いわゆる『神の視点』から見るお話となっています。
そのためか、前作に比べてナレーションの出番が随分と多くなっていました。
その他、変身の度に挿入される変身装置の仕組み・合体に加え変形も行う巨大ロボ・ピンチに発動する一発逆転の底力などなど、お約束な要素も増えています

Hの方は凌辱のみで、怪人・蟲・洗脳もしくは扇動された人間が相手となります。
触手描写、とくに無数の突起が生えた『肉』というべき触手が多目です。
また、洗脳により凌辱を行った市民を正気に戻すと同時に惨死させたり、意識は残したまま肉体を支配し守ってきた人間を凌辱させるなど、非道の悪らしいハードなシチュエーションもたんまりと用意されていました。
前作をプレイした方は、正義に燃えていた前作のヒロインたちがすっかり悪に染まり、肉欲を貪っている姿にも注目です。

苛烈な凌辱に曝され、身も心も変えられていく正義のヒロインたちの姿を楽しみたい方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

洗脳→悪の手先へ

2008年07月17日   下っ端・改 さん

このレビューは参考になった x 11人

見ての通りの戦隊ヒロインモノで、
次回予告や必殺技等、「戦隊っぽい」雰囲気を
頑張って出している。

ストーリーはシリアス路線で、バッドエンドも豊富。

大きな特徴(ウリ)としては、

ヒロインを捕らえて、洗脳→悪の道へ
というストーリーをしっかり作っていることだろう。

戦うヒロインを凌辱するゲームで、最後に
『悪に堕ちました』な描写が出てスタッフロール、
というルートを持つものは無数にあれど、
ストーリーの中盤から後半にかけて
じっくり悪に洗脳→洗脳完了
→悪の手先としてかつての仲間と戦う
という流れを綿密に描写しているゲームはあまり無い。

逆に言えば、ヒロインが悪者になる展開にグッと来ない方は
面白さが半減すると言える。

主人公は悪側で、且つシリアス路線である以上、
ストーリー自体は非常にダークであるが、
悪への洗脳という嗜好に興味があるのであれば
プレイする価値はある。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日