「保母さんといっしょっ!~双子とできるもん~」のレビュー一覧

2018年01月10日 正午 割引終了
保母さんといっしょっ!~双子とできるもん~
TinkerBell
3,240円→ 999円 69%OFF / 27pt (3%還元)
主人公の勤める『まつのみ園』に双子の新人保母がやってきました。双子の姉妹未弥(みや)と真弥(まや)にとって、主人公は幼馴染の『お兄ちゃん』。幼馴染の微妙な関係で……
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり体験版
  • 販売日: 2007年12月21日
  •    
  • (523)

双子と母親と……

2017年09月07日   oba さん

このレビューは参考になった x 0人

ある意味、凄まじい破壊力を持つゲーム。
ネタバレを控える為、破壊力については詳細は述べずにおくとして(興味があるなら上記画像一覧を見よう)、基本は双子とイチャイチャしながらエッチな毎日を送る、という事だけ覚えておけばOK。
ゲーム自体が割と昔のものなので体験版で動作確認はしっかり行っておきましょう。ついでにゲームの内容に触れておくと吉。好きな人にはたまらなそうな一品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!ヒロインすべてに妊娠ENDあり。母娘3人同時孕ませも可

2009年12月09日   NERO さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 2人

ヒロインたちが「保母」であること、物語の環境が「子供たちを預かる施設」であることを生かしたエロシーンが豊富です。ビニルプールでのSEX、屋上プールでのSEX、ピアノにもたれかかってのSEX、大きな鯉のぼりの布地にもぐりこんでのSEXなど。

 ヒロインも魅力的。真弥は一人称が「ボク」の女の子。すなわち『ボクっ娘』です。未弥は一人称が自分の名前。「未弥はね、お兄ちゃんが…」などと語りかけます。この双子たちの母親・千鶴は大きな娘がいるとは思えないほど若々しい。

 真弥と未弥が「双子」であるからには、3Pもばっちり描いてくれます。さらに「施設」で預かっている美少女たちの放尿シーンや、フェラ、SEXまで楽しめます(18歳以上なので問題なし!!)

 真弥・未弥・千鶴ルートすべてに妊娠ENDあり。ハーレムルートでは母娘3人同時孕ませも可能です。いずれもHappy ENDで、ハーレムルートの母娘3人同時孕ませは、描き方も丁寧で素晴らしい。4Pのあと、みんなしばらく熟睡 → 真弥と未弥が、主人公に対して「生理が来ていない」「妊娠しちゃったかも」と妊娠報告。その場にいた千鶴まで「そういえばわたしも来ていないわ」と妊娠報告。ENDは、3人が産んだ3人の娘たちの入園式の日。主人公が、母親3人・娘たち3人をカメラで一生懸命に撮影しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

コンプが大変でした

2008年02月07日   はや歩き さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

双子の姉妹未弥と真弥とのまつのみ園での日々を描いた作品です。舞台は全部まつのみ園なのでHシーンも全部そこでのものだけです。

全体的に中心となるのは未弥と真弥です。CGもこの2人のものが多いです。りなとあかりはほとんどないと考えていいです。選択肢が多くてルート分岐はわかりにくいし、内容量も多くてデータのコンプは結構大変でした。

プレイの期間は4月1週目から7月4週目までで、1週間単位で進んでいきます。自分がプレイした感じでは6月4週目までが前半部、その後が後部といった感じでした。前半部は、未弥と真弥の2人との話。後半部は、前半部の選択によりルートが決まる感じです。分岐の仕方は実はよくわからなかったのですが、たぶん双子以外は「順番」にエンディングを見ていく感じになると思います。

値段は少し高めの設定ですが、シーンの数を考えると決して高くはないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!Twins Labyrinth

2007年12月25日   A-GE さん投稿数 : 1位

このレビューは参考になった x 3人

双子の幼馴染がヒロインというだけあって一見簡単に見えるのですが、実際やってみると結構難しかったりします。主人公の行動1つでエッチする相手が未弥か真弥に分岐するのは勿論ですが、未弥を狙ってプレイしていたつもりでも、終盤になると真弥寄りにストーリーが展開していたというどんでん返しも決して少なくはなく、そうなった原因は割と序盤のエッチ中の選択肢(例えば「もっと苛める」と「このぐらいにする」のどちらを選んだかによる好感度変化)にあったりもしましたから。まぁそれでも、ヒロイン人数が少ない分、難易度もそれなりにあり、総合的にやり応えはあったように思いました。
エンディングは未弥と真弥にそれぞれ個別で2種類ずつの計4種類、母親である千鶴のエンディングが1つ、複数エンドが2種類、そして、禁断の(?)エンディングが1つの合計8種類ありました。禁断の(?)エンディングの展開は「お、おい、いいのかよ!?」と思わず言ってしまうような展開だったりしました。
様々なイベントを通して双子姉妹との愛情を深めつつ、時にはインモラルな雰囲気も味わえるこの作品、楽しんでみてはいかがでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日