「淫妹LOVE」のレビュー一覧

淫妹LOVE
スワンマニア
3,024円 / 84pt (3%還元)
前から妹のことが好きだった悠太はある日家に帰ってくると、自分の部屋のドアが開いていた…不思議に思い部屋をのぞいてみると、そこには……
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり動画あり
  • 販売日: 2007年03月30日
  •  
  • (468)

妹ゲー。

2009年12月25日   mimax さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

典型的な妹ゲーです。

妹はかわいいし、Hシーンも多く、尺も長いというのはとてもいいです。

ただ、声が棒読みっぽい印象があって、その点だけ少し残念だった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!近親相姦の「背徳感」、「反社会性」への認識はバッチリ

2008年09月10日   NERO さん投稿数 : 2位

このレビューは参考になった x 4人

近親相姦を扱うゲームなのですが、この行為に対する主人公・ヒロインの背徳感、反社会的行為であるとの認識がバッチリ描かれていてよかったです。
 妹のことが気になりながら、そのこと自体が異常だと思って悩む兄(主人公)。やがて相思相愛だと知って勢いで実妹とSEXしてしまいますが、それ以後そのまま突っ走っていくわけではなく、やはり背徳感や反社会性を感じ、「親や世間にバレるわけにはいかない」という描写があるのがとてもよかったです。
 純愛/ラブラブルートと鬼畜/陵辱/調教ルートの2つがあり。
純愛/ラブラブルートで、主人公が妹を孕ませるわけにはいかない、とずっと気にするのがよかった。妹が妊娠=そのとき父親は誰だ?という問題になる=近親相姦がバレるという図式がちゃんと主人公の頭にはあります。一方、妹は兄とSEXするたびに少しずつ大胆になり、SEXのあと、妊娠の危険性を気にする兄に対し「お兄ちゃんの赤ちゃんなら欲しい」などと言って兄を困らせます。そしてついに近親相姦が親にバレるときが来ます。母親に現場を見つかってしまうのですが、困惑・恐怖・嫌悪の感情がこもった母親の対応に興奮しました。
 一方、鬼畜ルートでは、本当に鬼畜な展開が楽しめます。妹に無理やりフィストファックしておいて、その直後にチ○ポを挿入。「おい、ゆるゆるじゃないか。もっと締めろよ」と罵るなど、やりたい放題です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ドキドキ感が◎

2007年10月05日   はむ さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

シチュエーションやら、展開が楽しめました。
どっちのルートでも妹がかわいかったです。

残念だったのが「アニメあり」となってるのに、ほぼ静止画だけ。
あとクリア後のオートモードが手放しで見れたらよかったのに。
でも全体的には良かったので今後の作品が気になりますね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!妹大好き

2007年07月25日   アライグマ さん投稿数 : 9位

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

自分の部屋で妹が自慰行為をしているのを見てしまい…という、妹好きなら一度は夢見るシチュエーションが描かれたアドベンチャーゲーム。
エロゲーには珍しく、わりかしちゃんと「背徳感」や「葛藤」が表現されているのが良かった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!禁断の関係

2007年07月20日   けんじ さん

このレビューは参考になった x 3人

ルートが純愛・陵辱と二つあり、選択肢でどっちのルートにいくか選択できるので簡単に進めることができると思います。Hシーンでは、純愛では妹とのラブラブを、陵辱ではいろんなプレイが見られると思います。シチュエーションも多く一つのシーンも長かったので良かったです。ストーリーは純愛ルートが最近あまり見ない展開だったと思いましたので改めて禁断の関係なのかなと思いました。
私にとってストーリー、Hシーン納得の一本です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

背徳感を乗り越えて

2007年07月04日   xoxo さん投稿数 : 4位

このレビューは参考になった x 2人

兄妹のいけない関係を描いた作品。
大人しくかわいらしい、ヒロイン妹茜が良かった。
あっさりラブラブになるのでは無く、自分達はいけないことをしているんだいう背徳感をしっかり描写しているのが良かった。

純愛ルートと鬼畜ルートがあり、一つ一つのエロシーンが長く、充実。使える一本。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日