美少女ゲーム > BOOTLEG > マヨヒガのお姉さん THE ANIMATION

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 BOOTLEGフォローする
販売日 2017年12月01日
シナリオ 筋肉☆羅生門(脚本)
声優 藤乃理香 / 潮海あくあ / 鶴屋春人
その他 雷火剣(監督) / 団千寿馬(作画監督)
年齢指定
作品形式
動画 / MP4形式
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

原作:『マヨヒガのお姉さん その2』(Σ-Arts)

訪れた者に富をもたらすという幻の家、『迷ひ家』。
とても不思議で、でもちょっとだけ恐そうなそれとは違って、
現代の『マヨヒガ』は綺麗なお姉さんのいる一軒の喫茶店。
けれど。
マヨヒガに招かれた人しか辿り着けないことと
訪れるとたっぷりの“幸せに包まれる”ということは今も昔も変わらない。

えっちで優しいお姉さんが貴方のご来店をお待ちしています♪

***************************

同作の原作が同人フロアにて好評販売中!

マヨヒガのお姉さん
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ197199.html

マヨヒガのお姉さん その2
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ197206.html

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011486
ファイル名/ファイル容量
VJ011486.zip / 290.34MB
その他
Windows Media Player 11以降 / 収録時間:17分

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マヨヒガのお姉さん THE ANIMATION」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!お姉さん2人に挟まれるのをこんなにも臨場感たっぷりに

2017年12月08日  

このレビューは参考になった×0人

本作を観賞するに当たり元になった同人(RJ197206)を見返してみました。
と言うより、一度アニメの方を見た後で「あれ?こんなんだったっけ?」と不一致感を覚えて、それを確かめるために、言うなれば答え合わせのように元の漫画を確認したのです。
そしたら、まるで漫画をそのまま絵コンテにして、アニメに起こしたかと思うほどリスペクトの高い内容でした。
もちろん、極めて厳密に言うとカットされたコマはあるものの、漫画から映像に媒体を変換するにあたって、シーン転換を滑らかにするために省略されたと推察できる程度には自然かつ最小限の削除でした。
では、どこが違和感に触ったのかと自己分析した結果、おそらくは「媒体の長所の違い」だと結論付けました。
漫画の読み方は人それぞれとは思いますが、私の場合は擬音や感嘆の書き文字は読み飛ばしてしまう癖があります。
こういった劣情に任せて一気に読み進むHな漫画では特にその傾向は強まります。
しかし、こちらのアニメはむしろそこを広げているのです。
アニメと言う媒体の長所である音声が真価を発揮し、お姉さん2人は元より少年の喘ぎ声を情熱的に聞かせてくれます。
また、静止画の漫画とは違って動画だとストロークを存分に表現することが可能で、本作はそこも効果的に掘り下げています。
それに伴い、間を埋めるために追加したと思われる台詞もあって、これが「こんな台詞あったっけ?」に繋がったのだと気づきました。
これらはいずれも驚きはしたものの、不快な異物感ではありませんでした。
かえって自身の貧弱な想像力を恥じ入るくらいで、実際に動いてHするのならこっちの方が臨場感があり、より興奮が高まりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]