美少女ゲーム > CYCLET > 人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 CYCLETフォローする
販売日 2017年09月22日
シナリオ 谷一
イラスト 竹下ノート
声優 柏木逢花 / 澤乃都留
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 淫靡な行為で耽美に堕ちるAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「――私は、魂がほしいの」
青年に相対した少女は、まるで虚空にでも呟くようにそう告げた。

青年の名は夏目明彦。
日本の学生であり、見聞を広めるため、ここ英国へ留学に来た。
そんな時、友人のジャックから深い森の奥にある廃城の噂を聞いてしまう。
足を踏み入れたが最後――誰も帰ってきた者はいない、と

馬鹿馬鹿しいと笑い飛ばした明彦だったが、ある日興味本位で足を踏み入れてしまった。
この、人々から魔の城と恐れられる、古城へと。

そこで出会ったのは、恐ろしいほどに美しい少女。いや、少女というのは正しくない。
なぜなら彼女は、とてつもなく精巧に造られた『自動人形』だったからである。

人に造られた存在――。
だから、彼女には魂がない。

彼女は、もう何年も魂を欲しているのだという。
少女のような可憐な笑みも、時折見せる寂しげな目元も、全ては人間が計算し、刻み込んだ紛い物。
いくら本物のように見えようと、人形であることに変わりない。
『完璧』を求めて造られた彼女にとって、それは耐えがたきことだった。

魂――。魂さえ有れば、本物になれる――と。
彼女はそう信じていた。

そして久々にこの城に足を踏み入れたのが、明彦だった。
これまで出会った人間とどこかが違う明彦に、少女は何故か心を動かされ、しばらく生かしておくことにする。

かくして、命を預けることになったこの少女との、不思議な生活が幕を開けた――

登場キャラクター

人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~ [CYCLET]

●リネット (CV:柏木逢花)
意識というものが芽生えてからずっと、この城にいる自動人形。
造られてこのかた『魂』を欲している。
魂を渇望するが余り、残虐なことにも手を出してきたが、相手が城に迷い込んだ野盗などであったため、あまり気にしていない。
その態度は横柄で横暴。
たまに暴走しそうになることもあるが、その度にメイドによってたしなめられている。

「21グラム――。それが、魂の重さなのだというわ。私には、それが足りないの。だから、虚っぽ」

人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~ [CYCLET]

●アン (CV:澤乃都留)
リネットと一緒に昔からこの城に暮らし、リネットを支えるメイド型自動人形。
メイド型というのは、いくつか造られた中のバリエーションの一つである。
家事に特化してしまっているため、あまりコミュニケーションは得意ではない。

「リネット様は、どうしてあの男を殺してしまわないのですか?」

人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~ [CYCLET]

●ジャック
主人公が留学先で出会ったイギリス人。
オカルトマニアで、怪しげな知識を集めることに余念がない。
当然ながら友人は少なく、主人公も最初は近寄るまいと思ったが、なぜだかなつかれてしまう。

「僕と一緒に楽しい楽しいオカルトライフを満喫しようじゃないか!」

人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~ [CYCLET]

●夏目明彦(主人公)
留学ではるばる英国までやってきた、日本の学生。
幼い頃に妹を亡くしてしまったことを、未だに悔やんでいる。
以来、生と死について考えるようになり、医学部で学ぶ。

「はぁ……。俺が行くと思うか? 一人で、薄気味悪い廃城なんかに」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011334
ファイル名/ファイル容量
VJ011334.zip / 659.16MB (691184100Byte)
CPU
Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号1701033D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1701033D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人形姫の城 ~貴方はもう、あたしの下僕~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件