美少女ゲーム > アパタイト > アパタイト セレクトパック あきのしん VOL.1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

パックに含まれている作品:4作品

作品内容

本作品は
「淫蕩情母~湯けむりに浮かぶ美母の肢体」(VJ006786)
「姉撮~堕ちていくお姉ちゃんを助けられない僕~」(VJ007326)
「母撮~堕ちていく母の映像記録~」(VJ007867)
「ふたいもデイズ~おにいちゃん、ナイショでシよ♪~」(VJ008301)
を同時収録したパック商品です。

決済完了後は、各作品ごとにダウンロードを行うことが出来ます。


アパタイトリリースタイトルから、原画「あきのしん」タイトルをまとめたお得なセレクトパックが登場!!

淫蕩情母~湯けむりに浮かぶ美母の肢体

社会人1年目の天海 弘輝(あまみ ひろき)は
今まで自分を育ててくれた母・天海 汐里(あまみ しおり)
に最初のお給料で温泉旅行をプレゼント。
二人きりの親子水入らずの旅行。汐里も承諾してくれます。

後日、山奥の温泉宿。夕食の時間。
旅行と言う事もあって久々にお酒も進む汐里。
その頬もうっすらと染まっています。
弘輝はその姿を色っぽく思いつつも心配して、そろそろ寝ようと促しましたが…

「温泉行こっか。お・ん・せ・ん♪」

とそう言われ汐里に強引に連れられていく弘輝。
もう夜も遅く、誰も居ない露天風呂の中で、

「ふふっ、誰もいないなんて……私達だけの、貸し切りね♪」

汐里と二人で湯につかる弘輝。
目の前には、魅惑的な“母”の裸体
酔いのせいかいつもより積極的な汐里。
汐里を視界の端にすら入れないように、目をそらす弘輝。

今だって、必死で欲望を抑えつけている俺だ。
こんな状態で、母さんのおっぱいや、股間を目にしたら、まず間違いなく…暴走する。

その欲求を示すかのように弘輝の股間は自然と膨張を…
そして、その様子に気が付いた汐里は…

「いつの間に、こんなに大きくなって…… 私の身体で、本当に興奮しちゃったのぉ?
 ふふっ……いけないムスコね~」

姉撮~堕ちていくお姉ちゃんを助けられない僕~

“白河 啓太”に届いた差出人名の無い封筒。
中には、ラベル記載のないDVDが1枚。

不審に思いつつもデータを確認すると、怪しげな動画ファイルが1つ。
とにかく内容を確認するために、動画を再生する。

そこには、誰だか分からない人物に肉体奉仕をしている
姉“白河 織絵(しらかわ おりえ)”の姿が・・・!

予想外の映像に驚愕する“啓太”。

彼氏との情事を撮ったものなのだろうか?
けど、だとしても何でこんな映像が自分宛てに届くんだ?
それに姉はなんだか凄く嫌そうな顔をしています。
乱暴にされているわけではないけれど……。

そんな“啓太”の疑問に答えるように、映像の中の男の声がします。

「もっとちゃんと扱ってくれないかな? この前の映像、バラ撒いちゃうよ?」

脅されている!?
ビデオ内のやり取りを聞いて、姉が脅迫されてこんなことをしているのだと知る“啓太”。

この前の映像ってなんだ? 直ぐに思い浮かぶのは、
目の前の映像と同じようなこと――つまり姉が犯されているもの。
それとも何か犯罪行為のような、他人に知られたくない弱みか何かだろうか?
そして最後にお決まりの脅し文句
 
「――それじゃ、ちょっと休憩だな。分かると思うけどさ……
 誰かにこのことを話してみろ。先生の大事なところがたくさん
 映ったDVDを、そこらじゅうにバラ撒くからな」

そこで、ビデオの映像は終わっていた。

母撮~堕ちていく母の映像記録~

『ん、ちゅ……いいのよ洋希は、そのままジッとして……』

……この時の俺は、酒のせいもあって碌に頭が回らなかった。
本当は、息子として母さんを窘めるべきだったのに。
後先を考えず、ただ快楽だけを感じている内に、だんだんと意識が朦朧としていって――。
実の母親だとか、息子だとか、どうでもいいとさえ思ってしまっていた。
そのまま俺は母さんの奉仕を味わい続け、やがて――母さんの口内に、射精した。
それが数日前のこと。
どことなく引きずっていた気まずさも今では消え、元通りの何でもない日常が戻ってきたと……そう思っていた。
――この日までは。

――俺宛てに、茶封筒が届いた。
消印は見当たらず、そもそも住所などの記載もない。
ただ『小篠洋希へ』という宛名だけが書かれていた。
軽く振ってみると、カタカタとプラスチックケースのような音。
まさか爆弾とかじゃないだろうけれど……。
「……開けてみるか」
中から出てきたのは、2枚の“DVD”と……四つ折りにされた紙。
紙には、まるで定規で引いたような筆跡で――。
『大好きなお母さんのヒミツだ。今すぐ見るように』とだけ書かれていた。
今すぐ見ろというそのDVDには“1”と“2”の数字。
あまりに説明不足で、何とも言えない気味の悪さ。
「もし悪質な悪戯だったら、通報したほうがいいのかな……」
そう思いつつ“1”と銘打ってあるDVDを再生する。
「い、いや……ちょっと待てよ……何だよこれ……?」
ディスプレイを食い入るように眺める。そこに収められていた映像は、予想外だった。
これは、間違いなくあの日の――

ふたいもデイズ~おにいちゃん、ナイショでシよ♪~

「義兄さん」「お義兄ちゃーん♪」

どこからどう見てもまるっきりそっくりなこの二人は、俺の妹……もとい、義理の妹。
早くに妻を亡くし、必死になって遺された子供を育ててきた俺の親父が、
似たような境遇の美しい未亡人と再婚した。
未亡人……俺の義母さんには、二人の可愛い娘がおり、
俺たちは少し歳の離れた義理の兄妹となる。
一緒に住むことになった時『お義兄ちゃんが欲しかったの♪』
なんて歓迎されたのは嬉しかったけど、ちょっとベタベタされ過ぎかもしれない。
ほとんど恋人代わりだ。

「あたしのー!!」「私のです!!」

本当の兄妹だって、いや、本当の兄妹なら、こんなにくっつかれはしないだろう。
……でも、やめろよ! なんて言えない。ちょっと困るけど『妹』は可愛い。
義理の妹とはいえ、可愛い女の子たちに好かれて取り合われれば、悪い気はしない。

そんな日々が続いた、ある夜のこと。
風呂に入っていると急にドアが開き、……なんと義妹たちが入って来た!
入浴中に義妹が入ってくるだけでもものすごく困るのに、なぜ二人まで真っ裸で……!
そして、手に持っているものはどう見ても避妊具、コンドームにしか見えない。
どうしたものかと考えあぐねている俺の至近距離に、
義妹たちはいつの間にか近づいてきていた……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011209
ファイル名/ファイル容量
各作品の作品情報、またはパック販売作品の作品内容をご確認下さい。
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アパタイト セレクトパック あきのしん VOL.1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件