美少女ゲーム > コンプリーツ > コンプリーツコレクションパック

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

パックに含まれている作品:10作品

作品内容

コンプリーツから、10タイトルをおまとめしたコレクションパックが登場!
さらにお求めやすい価格でのご提供です!!

野外学習

引っ込み思案の主人公・巧は、転校先の学校でいまいち馴染めずにいる男の子。
そんな彼を見かねて、クラスのリーダー格の女の子・茜が、彼を「野外学習」に誘う。
それは、山奥のキャンプ場に数日間泊まり、自然観察やオリエンテーリングをする、毎年恒例の行事だった。
半ば強引に誘われた巧だったが、山奥の自然やみんなと行動を共にしていくうちに、
徐々に打ち解けていくようになる。
しかしそれは、これから起きる「野外学習」の始まりに過ぎなかったのだけど…。

野外学習2

男女実践教育」と銘打たれ、ごく一部の教育機関で実践されているプログラム。
「野外学習」。
それは、ひとつの教室から始まり、やがて複数の異なる地域へもひっそりと広まっていったという。

そしてこの夏。
夏休みを利用してとある教室でもこのプログラムが開催されることとなったのだが…。

有田篤はクラスで一番背の低い事をコンプレックスに待ち、
それ故に周囲とコミュニケーションが上手く取れないことに悩んでいた。

特に女子の前ともなると、緊張して何も話せなくなってしまう程だ。

そんな篤のかすかな希望が、先日発表された自由参加型のクラス行事「野外学習」である。

離島でのキャンプという事以外詳細はわからないものの、
このプログラムによって自分が変われるかもという期待を胸に悪友と共に参加を決意する。

ひとつの机を囲んで談笑する女子の一団に目を向けると女子が苦手な篤の、
それでも比較的話しやすい女子…
クラスでも一際賑やかな部類に入り、いつも笑顔がまぶしい黒川有紀。
男子より背は高く、男子より男らしいことから女子に絶大な人気を誇る大木妙。
そしていつもやわらかく微笑んでいる、どこか大人びた山谷圭。
が目に入った。

彼女らも悪友の情報網により参加することがわかっている。

「付き合うなら誰にする?」
そんな話題が出る度に頭に浮かぶ三人…。
「好き」と言うほど強くない、でも気になる存在…。

はたして篤はこのキャンプでコンプレックスに打ち勝ち、彼女らと仲良くなれるのか?

野外学習3

樹(いつき)は年上の女性とセックスしようとしていた。

「あたしとするの…イヤ?」

傍らでは妹の乙葉も見守っている。
どうしてこうなったか理解できず、樹は混乱する。

「で、樹君。私とエッチするのはダメなのかな?」

怖じ気づいてはいるが、イヤではない…むしろ欲望が高まっていた。
合意すると彼女、東雲梨緒の年上の迫力とベテランの技巧で一気に果ててしまう。
周囲にいた他の子たちもそれぞれ相手を見つけ、セックスを始めていた。

何故こんな事になったのか、遠のく意識の中、樹はこれまでの事を思い出す…。

樹はある日親友の翔太に誘われ、とある交流合宿に不本意ながら参加することとなった。

それは、あこがれのお嬢様学校である東雲学園の女子たちと寝泊まりできる合宿で、
樹や翔太たち西雲学園の男子校生には密かに人気のイベントらしい。

樹はあまり気乗りしない。
それでも翔太はせっかくのチャンスだからと言う――樹には少し悩みがあったからなのだが…。

その後帰宅しようとすると、靴箱に女もののリボンとパンティが入れられているのを見つける。
樹に着てほしいとの手紙付きで。
それを見てがっくりする樹。
翔太が気にするな、合宿で見返してやれと励ます。
以前女装していたのがクラスメイトにばれてから、樹は学校で居場所がなくなった気がしていたのだ。

しばらく後、翔太たちと樹は飛行機で何時間もかけて、合宿場所だというとある南国の島に着いていた。
ここは無人島で、合宿の主催者が持っている研修施設があるらしい。

不安な樹の前に現れた少女は、有名人で東雲学園の生徒会長、東雲葵依だった。
そこにはおいて来たはずの妹の乙葉もいた。
樹を心配して他の参加者に紛れてついてきたところを、葵依が保護してくれていたのだ。
驚くと同時に、樹は図らずも葵依と知り合いになることが出来た。

その夜開かれたオリエンテーションで、彼らは信じられない光景を目の当たりにする。
葵依の姉で主催者の東雲梨緒が一糸まとわぬ姿になってこう言い放ったのだ。

「はい、静かに…以後、ここではみんな裸で過ごします―」

樹や乙葉、葵依たちはどうなってしまうのだろうか…?

もうすぐ夏休み!

夏休みを間近に控えたある日。
クラスメイトの男子が、彼女ができたと大騒ぎしていた。
それでなくても異性の話は賑やかなもので、誰と誰がデキてるとか、誰とやったとか、そんな話は多い。
で、主人公の知郎はどうかと言えば、その辺はさっぱり。
成績も上々、気の利くタイプで、クラスでの評価は、男女共に高く、ルックスだって悪くない。
でも、女子からすれば、ちょっと物足りない。
だから、彼女、と言える相手もいなかった。
しいて言うなら、隣りのクラスにいる東野千春。
彼女は、幼い頃からお隣に暮らしている、幼なじみ。
とは言え、同じ病院で産まれて、同じ幼稚園に通い、そして、学校も同じとくれば、近すぎて、恋愛の対象とは思えない。
第一、彼女を見ていると、そんなことに興味があるとは思えない。
知郎は、そう思っていた。

そんなある日。
知郎は、千春の母に、忘れ物を届けるように頼まれる。
忘れ物、と言っても、帰りのお買い物メモ。
両親共働きの千春は、帰りに夕食の材料を買って帰るのが、いつものことだった。
放課後。
渡しそびれていたメモを渡そうと、隣りの教室へ行った。
ところが、千春がいない。
聞けば、屋上じゃないか?とのこと。
屋上になんの用が、と思いつつ、知郎は屋上へ。
そこで、知郎が見たものは………。

ひょんなきっかけから、幼なじみの意外な進歩ぶりを知る知郎。
口止めのつもりか、はたまた、何か別の意図があるのか、知郎に、気軽に身体を許す千春。
更に、千春のお友達も巻き込んで、何やらエッチな騒動が起こる予感。

はてさて、知郎君………夏休みには、彼女ができているのでしょうか!?

Let's 裸 GO! ぼくラの自由研究

夏休みの初め、山川コウダイと同じ班の女子3人たちが学校に集まり
グループ自由研究の課題を決める話し合いをしていた。

コウダイにはある提案があったのだが、誰からも相手にされない。
そんなコウダイを差し置いて女子の1人香白茉莉花が、
まだクラスの誰も経験していないSEXを課題にしそれを実践して発表しようと提案する。
女子たちはドキドキするものの、コウダイはまったく興味を示さない。
そこで彼は持参した古びた巻物を見せる。

自宅で偶然巻物を見つけたコウダイは、それがかつて祖父から聞いた
「すっぽんぽんの神様」の言い伝えにまつわるものだという。
そして町に散らばっているという神様の御魂(みたま)なるものをすべて集めれば「何でも願いが叶う」。
SEX以上の荒唐無稽なこの案に、一同呆れかけるが
なぜか茉莉花がこれに興味を示しついに御魂探しを決行することになる。
早速始めようとする女子たちを前に、コウダイは御魂を集めるためのある条件を話す…。

「すっぽんぽんの神様にはすっぽんぽんで接する。そうじゃないと願いごとは叶えてもらえない」

…かくして、4人は御魂のある場所を示すという巻物を片手に、「全裸」で市内の各所へ赴いていく。
真夏の炎天下で何もかも丸出しにした無着衣の少年少女たちが、西へ東へ足を運び、街中を駆けまわる。

だけど、裸でそんなことをして、何かが起きたりしないだろうか? 
女子たちはもうSEXに興味をもってるみたいだし、コウダイも……!?。
少年少女たちに担任の先生や家族も巻きこんでの、真夏の大?冒険が幕を開ける。

ママしぼり2 (ママしぼりの事情)

多精子症(?)になってしまった主人公と過保護なママの、心温まる(?)家庭内ぶっかけコメディ。

主人公・尚クンはちょっと甘えん坊な少年。
ママ・尚子さんの過保護さも手伝って、一緒にお風呂は当たり前、時には一緒に寝ることも。

そんな尚クンが、ある日を境に、一緒にお風呂に入らなくなった。
それどころか、何となくママを避けているご様子。

そんなある日、タンスの隅に隠してあった尚クンの下着を発見するママ。

心配したママの詰問に、ついに口を割る尚クン。

オチ○チンの勃起が納まらず、精液が一杯出ちゃう………そんな息子の告白に、狼狽するママ。

何かあったら大変と、近所の病院に行ってみることに。

そこで下された診断は………。

奇妙な病の治療法は、抜くのが一番。

愛する息子のためになら、ママは一肌でもニ肌でも脱ぐ決意。

そこに、ご近所のお母さんや、研究熱心な女医さんまで巻き込んでの大騒動。

………果たして、尚クンの病は治癒するのでしょうか?

ママ!つま?

主人公・桜井誠は高校生。
隣家に越してきた内山篤と親しくなるが、ある日、篤から内山家の秘密(?)を聞いて驚愕する。
篤は、母である和美と、肉体関係にあるというのだ。
平然とそのことを語る篤。
まるで、当たり前のことのように。
以来、友人を見る目も、そして、自分の母を見る目までも変わってしまう。
そんな中、父親が単身赴任で長期不在となる。
漠然とした不安を感じる誠。
そして、彼の不安は現実のものとなる。
帰宅した誠を待っていたのは、あられもない格好の母親だった。
ノリノリで近親相姦を求める母と、押し流されるように身体を重ねる息子。
そして、周りも似たような関係の家族がいるようで………?!

Theガッツ! ~マキシマム・マタニティ!~

まった先は──県と県下の企業、
組織を巻き込み進められている巨大プロジェクト"バビロン"のなかのとある工区。

男だらけムンムンの1ヶ月を覚悟し、いざ足を踏み入れた鉄明。

だがそこで鉄明を待っていたものは──?

身長189センチ鼻絆創膏のナイスガイ(♀)、"タカさん"こと高原美奈子。
同じく身長189センチ長髪スパッツのナイスガイ(♀)、"ノリさん"こと茶利田範子を双璧とし、
ぶかぶか作業服[ジャンプスーツ]の極少怪力ロリ少女、蓮奈や、
ノリさんを敬愛する日焼けヤンキー、祢子、
そして出稼ぎムチムチお色気主婦、八辺香澄に、
唯一事務職のお姉さん、マキ那といった、
ひと癖ふた癖ある女性が中心の──なんだか"ガッツ"な現場だったのであった……!

Collection ~ReBIRTH~

僕が<彼>と出会ったのは、本当に、ほんの偶然だった。
もしかしたら、惰性で毎日を繰り返している僕を、<彼>は看過していたのかも知れない。

「それじゃあ、また」

約束とはいえないほどの気安さで<彼>と別れ、また出会う。
会ってすることと言えば、ただ、他愛のない会話。
それは宇宙論だったり、宗教論だったり。

普段は考えることもないようなことだったけれど、
<彼>は博識で、僕にとってはつまらない日常よりもずっと興味深いことだった。

そんなある日、<彼>が僕に言った。

「そうだ、君にいい物を見せてあげようか?」

「これは夢だよ、それも、とびっきりの悪夢」

誘われた<彼>の家で待っていたのは、大きな硝子瓶に浮かぶ裸身の女性たちだった。

<彼>は言う。

「僕はね、夢を集めているんだ。それも、女性の見た性的な夢」
「……悪夢って言った方がいいかな」

<彼>がそう言って、唇の端を歪める。
それは、可笑しくて仕方がない、そんな表情だった。

「ぜひ、君に見てもらいたいと思ってさ」

硝子瓶から目が離せないでいる僕の耳に<彼>の声が染み込んでくる。

「……きっと、気に入ってもらえると思うよ」

蒐集された<悪夢>
それは、彼女たちが見た<願望>なのか、それとも、反復して襲う<経験>なのか。

「さぁ、楽しんでくれよ。僕のコレクションを」

<彼>に誘われるまま、僕は……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011087
ファイル名/ファイル容量
各作品の作品情報、またはパック販売作品の作品内容をご確認下さい。
ソフ倫受理番号
受理番号1700643D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1700643D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「コンプリーツコレクションパック」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件