>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年06月09日
原画 水上凛香
シナリオ 岡下誠
声優 雨森りこ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

私・鹿島岳男は、娘の部屋の前で呆然となっていた。
細く開けた扉の隙間から見える光景が、私の精神を激しく打ちのめしたのだ。

「んっ……んんぅぅ……んうぅ……んはあぁぁ……」

娘の真里子が自慰をしているのだ。

最近は娘との関係がぎくしゃくしていて、頭を悩ませていたのだが……。
(まさかこんなことを……あの男のせいかっ!)
昼間、娘は男を連れてきた。
一緒に勉強するなどと言ってはいたが、どこまで本当だか。
(あの男、娘に何をしたっ? 何をしようとしていたっ?)
娘が連れてきた男への憤りがこみ上げてくる。

(以前は、『パパ、パパ』と甘えてきたのに……)
娘には、惜しみなく愛情を注ぎ込んできたつもりだ。それなのに――。
(どうせ、他の男に盗られるくらいなら……)
思えば、酒のせいもあったのかもしれない。
私は、娘の部屋のドアをもう少し開けて、這うようにしながら中へ忍び込んだ。
幸い、自慰に夢中の娘は気づいていない。

私は娘の足元まで這い寄り、真里子の――

登場キャラクター

パパァ…もうやめてぇ…。 ~愛娘へのしつけは肉棒で~ [アパタイト]

●鹿島 真里子 (CV:雨森りこ)
T156 / B89(D) / W55 / H85

ちょっと引っ込み思案。
小さい頃はパパと言っていたが、最近は父親を避けがち。
処女だが最近オナニーを覚え始めた。

パパァ…もうやめてぇ…。 ~愛娘へのしつけは肉棒で~ [アパタイト]

●鹿島 岳男
真里子の父親。
一般的な会社員。
一人娘を溺愛しているが、手を焼いている。

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011082
ファイル名/ファイル容量
VJ011082.zip / 343.82MB (360521299Byte)
CPU
Pentium4以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パパァ…もうやめてぇ…。 ~愛娘へのしつけは肉棒で~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件