美少女ゲーム > デジタルGパワー > マザコンを卒業しようと筆おろしAVに応募したら撮影現場にお母さんがAV女優としてやってきた

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年05月26日
シナリオ えろっちつばめ21
イラスト NOBU
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / お母さんで筆おろしAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
主人公は、母親が好きすぎてほかの女性を愛せないことに悩んでいるマザコン童貞青年。
「ほかの女性に興味がもてるようになるかも」と考えて、
熟女が筆おろししてくれる、視聴者参加型AVに応募し、採用されたはいいが……
なんと、彼を極端に溺愛する母親も「私が筆おろしするのよ」と応募して共演が決定!
主人公は「お母さんとヤりたい!」と「ヤッてしまったらマザコン卒業できない!」という気持ちの板ばさみに。

AV監督はこの状況を面白がって
「童貞食いを渇望する3人の美熟女の誘惑に耐え抜けば、最終日に母親で筆おろし!」と設定する。
そして撮影ははじまり、美熟女たちは、主人公の童貞を熱烈に求めて、
手コキ、フェラチオ、素股、尻コキ、オナニーなどの、あの手この手で強烈に誘惑!
それを耐え抜いても、屈服してもさらに、挿入だけでなく、
パイズリ、アナル、複数プレイなどの魅惑の展開が!?

はたして母は無事に、息子の筆おろしをすることができるのであろうか……!!

■□■登場キャラクター■□■
●並木 園美
身長161cm、B95(H) / W58 / H93
ムチムチして柔らかくも、メリハリのついたダイナマイトボディ。

主人公の母親。三十代後半。
主人公のことを溺愛していて、彼のためならどんなことでもする覚悟がある。
ほどよくゆるんだグラマーな肉体を持ち、
無自覚にフェロモンを発散して周囲の男を日々勃起させている罪作りな女性。
ほがらかでおっとりしたやさしい性格だが、意外とやるときはやる、行動的な面もある。
心配性な面もあり、ひとりで思いつめて極端な行動に走ることもある。

●並木 誠実
主人公。園美のことが大好きすぎるマザコン青年。
いつも園美をオカズにオナニーしていることに自己嫌悪していて、マザコンを卒業したいと熱望している。
女性を口説く度胸や技術がなく、彼女はできたことがないが、スレてない雰囲気のせいか熟女には好かれる。
ちょっとぶきっちょだが、実直でマジメな好青年

●塔子
三十代半ば。
きさくでイタズラっぽい、先輩風OL。

●由真
三十代前半。
おっとりして優しい、姉というかんじの主婦。

●麗華
アラフォー。
金持ちの高飛車でド変態なセレブ未亡人。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ011065
ファイル名/ファイル容量
VJ011065.zip / 198.75MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マザコンを卒業しようと筆おろしAVに応募したら撮影現場にお母さんがAV女優としてやってきた」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

四者四様のヒロイン達

2017年11月24日  

このレビューは参考になった×0人

内容は詳細の通り
あまりリアル感ということを意識せず、抜きどころをおもっくそ詰め込み、その分価格を抑えたそんな作品です。メインヒロインが母親のように感じるタイトルですが、シーン数はサブヒロイン比べても多くはないので、あくまでいちヒロインと考えた方が無難と言えるでしょう

童貞を食うという熟女だけにみんな積極的ですが、四人とも魅力的で特にかぶりのようなものはありません

主人公は青年という設定なので、おねショタではありませんが、終始受け身です

そういうジャンルが好きなひとはこの価格ですし、検討されてみてはいかがでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]