>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

パックに含まれている作品:8作品

作品内容

本作品は
「汗濡れ少女 美咲 「アナタのニオイでイッちゃう!」」(VJ004365)
「美脚性奴会長 亜衣 「こ、この変態!私のタイツになんてことを……!」」(VJ004366)
「ズブ濡れの義姉 香澄 「私の水着にそんな汚いもの、染み込ませないで!」」(VJ005469)
「母乳が染み出る愛娘・愛美 「お父さん、私のミルクたくさん搾って欲しいの……」」(VJ006572)
「突発性ミルク娘 千夏 「もう、パパのせいでいっぱいでちゃうぅ!」」(VJ007321)
「甘え母 希美 「だめよ、そんなにお母さんを求めないで……」」(VJ007775)
「強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 「やめて、脚に触らないで……でも本当は気持ちいいの」」(VJ008899)
「ぴ~かぶ~! 彼女がエッチな水着に着替えたら!?」(VJ009258)
を同時収録したパック商品です。

決済完了後は、各作品ごとにダウンロードを行うことが出来ます。


オーバードーズ過去8タイトルを一つにパッケージング!

・汗濡れ少女 美咲 「アナタのニオイでイッちゃう!」
・美脚性奴会長 亜衣 「こ、この変態!私のタイツになんてことを……!」
・ズブ濡れの義姉 香澄 「私の水着にそんな汚いもの、染み込ませないで!」
・母乳が染み出る愛娘・愛美 「お父さん、私のミルクたくさん搾って欲しいの……」
・突発性ミルク娘 千夏 「もう、パパのせいでいっぱいでちゃうぅ!」
・甘え母 希美 「だめよ、そんなにお母さんを求めないで……」
・強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 「やめて、脚に触らないで……でも本当は気持ちいいの」
・ぴ~かぶ~! 彼女がエッチな水着に着替えたら!?

の8タイトル同梱のパッケージです!

汗濡れ少女 美咲 「アナタのニオイでイッちゃう!」

鈴木拓也(主人公)は、どこにでもいる普通の学生だったが、
常人にくらべて非常に汗っかきなためワキガや体臭などがキツく、クラスメイトの女子には嫌われていた。
主人公自身はクラスメイトであり、陸上部に所属する佐藤美咲にほのかな恋心を抱いていたが、
やはり美咲本人にも「臭い」といわれて馬鹿にされた過去を持っていた。

そんなある日、体育の後、ロッカールームに自分の体操服を忘れてきたことに気付いた主人公が、
ひと目につかないように放課後に回収にいったところ、ロッカーの扉が開いており体操服はなくなっていた。
不思議に思う主人公の耳にどこからか女の子の声が響いてくる。

「はぁ、はぁんっ……わ、たし……こんな、いけないコトっ……」

聞こえてきた声のもとをたどっていったところ、
ロッカールームの奥で憧れの美咲が自分の体操服の臭いを嗅ぎながらオナニーしていた!

突然のことに驚く主人公だが、
いつも自分を馬鹿にしていた彼女への仕返しのチャンスと携帯で彼女の痴態を撮影する。
シャッター音に気付いた美咲は驚いたものの、丁度絶頂に達しそうだったため、
主人公の存在に気付きながらも声をあげてイッてしまう。

「み、見られてるのにぃ! ら、らめぇぇええええええっ!!」

オナニーを目撃されたことと、
普段馬鹿にしていた主人公の臭いに興奮していたことを知られたショックで放心状態の彼女に対し、
「このことを暴露されたくなかったら言う事を聞け」
と彼女の弱みに付け込み処女を奪ってしまう。
美咲もオナニーの余韻が残っているのか、主人公の体臭を直で嗅いでしまったせいか、
二人は絶頂に達してしまう。

……緩い鎖に繋がれた二人の淫靡な放課後の関係は、こうやって始まったのである。

美脚性奴会長 亜衣 「こ、この変態!私のタイツになんてことを……!」

――魅力的・挑発的な黒タイツ猥褻美脚、それが主人公の欲望を覚醒させる――

主人公は、どこにでもいる普通の学生だったが、美脚フェチの一面を持っていた。

学生会長の二之宮 亜衣の凛とした容姿とむっちりとした華麗な美脚に淡い恋心を頂き、学生会に入ったが、
あまりの亜衣の高慢さと手足のように使われたせいで、
恋心はいつしか亜衣を自分の物にしたいという欲望に変わっていた。

そんなある日、学生会会議室で、事実上、亜衣の私室となっている学生会室の鍵を拾ってしまう。
これはチャンスと、誰も居ないスキに忍び込むとどこぞ豪華ホテルと見間違えるがごとく、
ソファーにベッド、大画面テレビなど至れり尽くせりの現状に唖然とするのだった。
慌てて写真を撮りまくっていると、亜衣より絶対的に優位に立てる決定的なネタを発見するのだった。

そして………。
放課後、学生会室で……主人公は会長を迎える。

『学生会室でお待ちしています』

そう書かれたメモの意味を、会長はしっかりと理解していたようだ。
ついに、欲望を実現する時が来たのだった。

ズブ濡れの義姉 香澄 「私の水着にそんな汚いもの、染み込ませないで!」

――じっとり濡れた水着、張り付く髪とけだるい顔 義姉の肢体が主人公の欲望を覚醒させる――

学園に入学以来、男子水泳部のホープとして活躍していた北原隆介(主人公)。
初大会で準優勝をとる等期待が高まる中、女子水泳部への覗き事件が起きてしまう。
責任を取らされた男子水泳部はほぼ解体。
主人公は義理の姉であり水泳部特待生の香澄になんとか廃部にはしないでほしいと懇願するが、
まるで犯罪者を見るような目つきで、冷たくあしらわれてしまう。

結局、女子水泳部のために雑用をこなすのなら、
解体は免除してあげるという取引を提案され、仕方なく承諾する。
しかしその時すでに男子水泳部は主人公だけになっていた。

女子水泳部員達は憂さ晴らしのように仕事を投げる。
そして唯一肉親であるはずの義姉でさえ、それをとめる事はない。

『今にみてろよ―――』

すでに主人公の目的は男子水泳部復活ではなくなっていた。

……好機は割りとすぐやってきた。
『特待生専用シャワー室』の掃除を言い付かった主人公は、
その中で自慰にふける義姉の姿を見つけたのだった……

母乳が染み出る愛娘・愛美 「お父さん、私のミルクたくさん搾って欲しいの……」

――最愛の娘の胸から溢れ出る『母性』。背徳と愛情の狭間で父親はむしゃぶりつく――

幼い頃から、男手一つで育ててきた一人娘『愛美』。
家事全般を自ら率先して行い、片親である父を助けてくれる。
われながらよく出来た娘だと思う。

そんなある日。
愛美は突然、胸を押さえて倒れこんでしまう。
驚いて急いで駆け寄り、どうしたのか聞くと『母乳が溜まって苦しい』という。
年頃になってから気を遣っていたせいか、身体の変化に全く気づいてやれなかった。
どうにか母乳を搾り出し事無きを得たが、その行為に少なからず興奮を覚えてしまう主人公。
妻も同じだった。
これは遺伝なのかもしれない……。

思案にふけっていると、愛美は『次も』と瞳を潤ませてお願いしてきた。
他に頼れる身内もおらず、仕方なくも了承した主人公は、
それから時々、娘の母乳を搾る事になったのだった。

目に入れても痛くない、愛して止まない一人娘。
しかしその肉体は女として成熟し禁忌と分かっていながらも触れる度に男としての本能が刺激される。

そしてついに、ふとしたきっかけから父と娘の一線を越えてしまうのだった……。

突発性ミルク娘 千夏 「もう、パパのせいでいっぱいでちゃうぅ!」

――大事に育ててきた愛娘。想いを糧に溢れる母乳に引き寄せられる――

しっかりと娘二人を育ててきた主人公。
「目に入れても痛くない」そんな娘達も成長してきた頃、
父親の負担を思い長女『春菜』は一人暮らしを始め、家を出てしまう。

しかし私の事を嫌っていたはずの次女『千夏』はどういうわけか父親である私の元に残っていた。
不思議に思いながらも、せめて嫌われている事だけはどうにかしようと主人公は決心する。
そんな千夏との二人暮らしも慣れてきた頃。

「パパ、おっぱい揉んで欲しいんだけど……」

いつも口やかましく私を叱咤する千夏の口から、そんなセリフが飛び出した。
悩んだ末に承諾すると、どういうわけか怒りだしてしまう。
考えてみればこの世のどこに娘の胸を揉む父親がいるというのだ。
きっとからかわれたのだろう。
しかし、それからというものの千夏は事あるごとに胸を意識しているようで、つい気になってしまう。

そしてある朝。
千夏を起こしに行くとそこには見違える程に巨大になった胸があった。
苦しそうにする千夏のために、その胸を揉んでやると……。

「ふあ、何……? あっ、やあぁ……なんでこんな、母乳が出て、るぅぅっ」

千夏の胸から噴き出す母乳。
その日から、私と愛する愛娘『千夏』との関係は別のものへと変わっていった。

甘え母 希美 「だめよ、そんなにお母さんを求めないで……」

母「希美」に片親で育てられてきた主人公「杜屋 俊輔」(苗字名前変更可能)。
裕福でこそなかったが、不自由の無い暮らしにいつも母には感謝をしていた。
ところが最近、どうしても希美に対して欲情してしまうようになってしまう。
年齢にしては外見が若く、未だ垂れずにいる巨乳や若さを感じさせる肌。
こっそり隠れては自慰を繰り返す内に、希美の事を完全に性の対象として意識するようになってしまった。

一緒に住む母に毎日のように欲情してしまう。
そんな状況に思い悩む主人公だったが、
あるきっかけから隣に住む幼馴染の母親であり未亡人の「仁志井 明子」に相談することにした。

明子「じゃあ、私を母親だと思ってみる?」

顔なじみでもあり、幼い頃に異性として初めて意識させられた相手でもある明子。
主人公は擬似的にとはいえ母親に甘える行為にのめりこんでしまう。

しかし希美に対する気持ちは薄まるどころか増すばかり。
ついには相談していた明子にも告白を勧められ、主人公はその溢れ出る欲求を希美にぶつけてしまう。
希美は背徳に心を揺さぶられつつも母親として次々と受け入れてしまい、ついには……。

さらに行為をエスカレートさせていく主人公は
明子の娘でもある幼馴染の「晶」とも関係してしまい……。

性欲旺盛な主人公は周囲を巻き込みながら母との性に溺れていく。

強引にされると嬉しくて初めてでもよく喘いじゃう令嬢な幼馴染 優衣 「やめて、脚に触らないで……でも本当は気持ちいいの」

近くの豪邸に住む幼馴染『柚木優衣』の事が好きでなんとか同じ学園に入学したものの、
学業についていけなくなってきた主人公『相川幸也』。(※苗字名前は変更可能です)
そんな不安を感じているためか性格も暗くなってきているのを自覚するも、どうしようも出来ずにいた。
なついていた妹『深雪』からも嫌われてしまったようで、更に落ち込んでしまう。

そんなある日、優衣の親友である『筧井恭子』から彼女には襲われたい願望がある事を聞かされる。
まさかと思いながらも偶然二人きりの状況になり、主人公は優衣を襲ってしまう。
本気の抵抗も演技と思ったが、泣いている彼女を見て恭子の言った事はウソだったと思い改めるが遅かった。

襲ってしまった優衣に訴えられるかと怯えながら、とにかく恭子に真意を問い詰める。
しかし話を聞いてみたものの、騙された怒りから恭子も襲ってしまう。

その後、優衣は主人公に注意するにとどまり、恭子は罪悪感からか何もしてこない。
二人に同じにおいを感じていた主人公は、二人には本当に襲われたい願望があるんじゃないか、
そしてもしかしたらそれを見分ける事ができるんじゃないか、と思いはじめる。
無理やりの行為に快感を覚えていた主人公は葛藤しながらも、優衣を完全に堕としてやろうと決意する。

ぴ~かぶ~! 彼女がエッチな水着に着替えたら!?

マイクロビキニ、スリングショット、ブラジル水着など、
ピーカブー(peek-a-boo)と呼ばれる過激な水着を着た女性が、
「快感に身悶えたり、喘いだりしている時の表情が最も綺麗で可愛い」という信念を持ち、
そんな女性をモデルとして、またはそんな女性とセックスをしている所を撮影したい、
という願望を抱いている主人公『山篠信紀』。(苗字名前は変更可能)

そんな願望を胸に、芸能特化の学園でカメラマンを目指すコースに進んでみたものの、
平凡な学生の信紀にそういったチャンスがそうそう訪れる訳もなく、
満たされぬ想いを抱えて鬱々と日々を過ごしていた。

たまたま同じ学園のモデルコースに進んだ幼馴染みの『宮澤里保奈』から、やる気の無さを責められたり、
新装開店した水着の店、『ピーカブー』の店長である『蒼井静』の興味を引いて
知り合いになったりといった出来事も、信紀の無気力を払拭するには至らない。

そんな日々を過ごしていたある日、目立たないクラスメイトである『南佳奈子』が、
教室で露出行為の自撮りを行っている所を目撃、思わず自分のカメラでその光景を撮影してしまう。

この撮った写真を使って、佳奈子にモデルになってもらうという考えが信紀の心に閃き、
脅迫という手段に抵抗を感じつつも、欲求に負けて脅迫に踏み切る事に。

そして佳奈子と接触した信紀は、撮影した写真を見せ、自分の頼みを聞いて欲しいと佳奈子に告げるのだが、
困惑し、怯える佳奈子の様子を見て、こんな事はやっぱりダメだと思い直す。
慌てて脅迫を取り下げようとする信紀の様子に、逆に佳奈子が落ち着きを取り戻してゆく。
信紀の、脅迫に至った経緯の告白が終わる頃には、信紀の悩みに佳奈子は共感してしまい、モデルになる事を受け入れる。
そうして「手荒な事はしない」との約束で、信紀は過激な水着姿の佳奈子を撮影する事に。

信紀に過激な水着姿を撮影されてゆくうちに、佳奈子は羞恥を感じると同時に、
これまでに感じた事の無い衝撃的な快感を覚えて軽い絶頂を迎え、その姿に信紀も興奮を抑えきれなくなり、
そのまま二人は初体験に及んでしまう。

その後、我に返った信紀は、約束を違えてしまった事を土下座して佳奈子に詫びる。
そんな信紀に佳奈子は、自分も自己表現、自己主張も出来ない自分を変えたいという悩みを抱えていた事、
その結果思い余って露出の自撮りにまで及んでしまった事を告白する。

だからといって、それにつけ込んで約束を違えて良い訳が無いと言う信紀に、
私の方から誘ってしまったような所もありますからと、恥ずかしそうに言いつつ、
佳奈子はセックス中も写真を撮っていた信紀に、
ただいやらしい写真が撮りたかっただけでは無いですよねと、その理由を尋ねる。

そう問われて、自分の撮りたいものへの信念を佳奈子に語る信紀。
それがただの言い訳では無いと感じた佳奈子は、
これからも自分をモデルに撮影をして下さいと信紀に提案する。
そうして信紀は、夢にまで見たモデルを得て、このエッチな撮影会を続けてゆける事になったのだが……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010897
ファイル名/ファイル容量
各作品の作品情報、またはパック販売作品の作品内容をご確認下さい。
CPU
Pentium4以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号1601122D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1601122D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オーバードーズコレクションパック」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

8作品入り!

2017年05月11日  ダーラー・スィン さん

このレビューは参考になった×0人

1タイトルあたり1000円ちょっと。そう考えると安いと思える作品と,高いと感じる作品とがセットになっています。
システム的にはだいたいどれも同じで,それぞれシチュエーションが異なります。
思いがけない自分を知ることができるかも?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]