>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
海外出張で忙しい両親に代わり、優しいメイドの西園寺日菜乃に面倒を見てもらっている主人公葛城希光。
自由奔放な叔母の五十嵐綾乃もよく様子見に訪れてくれ、希光はいつもふたりに可愛がられていた。

ある日、一人きりで留守番をしていた希光。
暇を持て余して、両親の寝室で昔母親と一緒によく観ていたアニメのDVDを観ることにする。
しかし、再生されたその映像は……
いつも美しくてとても上品な母が、激しく父と交わる信じられない姿!
まだまだ子供っぽく異性への興味もなかった希光は、ショックを受けつつも射精してしまう。

その日を境に、日菜乃や綾乃との関係が変化していく。
希光は2人の優しい年上女性によって、立派な男になれるよう奮闘するのだった。

■□■登場キャラクター■□■
●西園寺 日菜乃 (CV:霧賀みね)
葛城家に住み込みで働き、希光の面倒をみているメイド。27歳。
清楚で優しく、両親に信頼されていてご近所の評判もいい。
希光もとても慕っていて、葛城家にとって最適なメイドさん。
希光を少し甘やかしすぎるところがあるため、つい希光の要望に応えてしまう。
そしてエッチな要望にも……。

●五十嵐 綾乃 (CV:梅乃ちえり)
希光の母親の妹。海外帰りのキャリアOLで35歳。
自由奔放な性生活経験者で、エッチなことには大胆で豪快な性格。
たった一人の甥っ子を立派な男にするための性教育に奮闘する。
希光も綾乃には頭が上がらず、テキパキとした指示に諾々と従ってしまう。

●葛城 希光
大手企業のエリート社員である父親と、美人で上品な母親を持つ一人息子。
内向的で友達は少なく、女の子にも興味を持っていない童貞君。
清楚で優しい日菜乃と過ごす二人の時間が大好き。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010890
ファイル名/ファイル容量
VJ010890.zip / 222.76MB (233575569Byte)
ソフ倫受理番号
受理番号1700260D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1700260D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メイドとの甘い性活」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!思春期男子の悩みに気づけないってだけで可愛いメイドさん

2017年03月27日  穂積 さん

このレビューは参考になった×1人

作品タイトルはメイドが前面に出ていますが、2人のヒロイン「メイド」と「叔母」はHシーンの分量では6:4くらいで圧倒的な差があるわけではありません。
どちらも年上の異性として、性に興味を持ち始めた主人公に対して手ほどきをするスタンスではあるものの、授業内容に違いがあります。
女の男性経験と主人公に対する距離感を反映していて無理のないシナリオです。

メイドの方は人並みに経験はありつつも、嗜む程度らしく、おまけに最近はご無沙汰みたいです。
このため、主人公の若い股間を静めたり、女の愛撫の仕方を教えたりする際にも不慣れな印象が垣間見えて、年上と純情さの相反するギャップが可愛いです。
また、性格的には主人公に甘々のラブラブなので、ひたすら優しく大人っぽく導き、心から安心できるHです。
一方で、引き出しが多くないせいか、主人公が慣れてくると反撃されてしまう場面もあったりして、憧れの年上美人メイドだけど倒せない敵じゃない実力差が雄の征服欲を満たしてくれます。

叔母の方は百戦錬磨のビッチで、普段の会話シーンにも下ネタが混ざり、ともすれば下品なオバサンです。
その分、メイドより男の扱いを心得ていて、思春期の芽生えに思い悩む主人公を大胆に受け止めてくれます。
恥じらいがほぼなく、初心者の少年では逆立ちしても勝ち目がない淫魔みたいな妖艶お姉さんです。
叔母自身のHシーンもさる事ながら、その大胆さは3人同衾になった際に真価を発揮します。
上記の通り上品なメイドさんに普段以上の事をさせ、未熟な少年では力不足なプレイを補助する役目も担っているのです。

思春期の悩みを抱える主人公、異性ゆえにそれに気づけず心を痛めるメイド、ビッチゆえにすぐに気づいちゃう叔母の三者三様の立ち位置が明確で、流石は歴戦のメーカーの安定性を感じる良作でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]