>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年03月10日
原画 川合正起
シナリオ 中森南文里
声優 蒼桐かこ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
「…………ん…………ん…………」

夜、まだ暗いのにいきなり目が醒めてしまう。
それは身体に強い違和感を感じたからだというのは、すぐに理解した。
これは自分の身体を触られている感触だと。
それも、直接、私の胸に。
そして、思い出す。
今日は翔太が隣で寝ていたのを。

「あら、どうしたの?」

「あ、えっと……目の前でこんな大きなおっぱい、あったから、つい……」

「ふふっ、もしかしてまだまだおっぱい欲しい甘えん坊さんなのかしら?」

その時、ふと私が動かしてしまった足が翔太の身体に当たり、固いものの感触が伝わってくる。

「な、なんかすごくうずうずするのが強くなってきてっ……はあっ……」

私の胸を揉んで、股間を固くしちゃってるなんて……。
この子は私のことを『お婆ちゃん』ではなく、『女』として感じてくれているってことなの?
そして、男性として興奮して……。

――それから、半ば無意識に私の手は翔太の股間にと向かい、
その固くなっている部分をパジャマの上から撫で回してしまっていた。

■登場キャラクター
●美夏子 (CV:蒼桐かこ)
おっとりとして温厚。
還暦ながら、まだまだ若く見られる。
運動も得意で、毎日のランニングは欠かさない。
夫"誠司"とは夜の生活はないが、たまに自慰をしている。

●翔太
美夏子の娘である美登利の子供。
夏休みを利用して美夏子の家に泊まりに来ている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010853
ファイル名/ファイル容量
VJ010853.zip / 338.68MB (355126641Byte)
CPU
Pentium4以上 / Core 2 duo以上
メモリ
2GB以上 / 4GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「祖母と僕 ~おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ダークでないのもいい

2017年03月21日  ミロクの世 さん

このレビューは参考になった×0人

必ずしも年増や経産婦がマイナス要因とは呼べないと思います。これらを別にしても、素敵で魅力ある女性いますし。グランマとショタというネタは、消滅したメーカーを含めてやはり珍しいです。(マミーとのカラミは鉄板ネタですが)翔太がショタと呼ぶには体躯差がないのが気になりますが。あまりドロドロしてないのもいい。これから、こういった作風が多くなるかは大いに疑問ですが、アパタイトなので出来もいいかな。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]