({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 PULLTOPフォローする
販売日 2018年08月31日
シナリオ 椎原旬 / 下原正
イラスト たけやまさみ
声優 沢井春香 / このかなみ / 柳井流海 / 鷹月さくら / ほくとゆりあ / リバウンド玉三郎 / 茶谷やすら / 如月葵 / 一色ヒカル / 三咲里奈 / 秋月まい / 大福子 / 町田あみ / 皇帝 / 松園ルイ
音楽 ファクトリーノイズ&AG
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / AVG+SLG
その他
ジャンル
  • この作品は「PlayDRM型」の作品です。 ご購入前に必ず [ PlayDRMについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
時は現代、所は日本。
平凡に暮らしていた主人公『深森 新』(ふかもり あらた)の前に、一人の金髪の少年が現れる。
少年の名は『クリス=ノースフィールド』。「七央城の王子だ」と彼は言った。

運命か偶然か。

クリスの指輪をはめてしまった新は、彼と行動を共にすることになる。
クリスの周りに集い来るは、いずれ劣らぬ美しさをもつ姫君たち。
煌びやかなドレスに身を包んだ姫君たちは、驚く新のことなどお構いなしに、苛烈に、華麗に、戦闘を開始する。

それは、『プリンセスワルツ』。

たった一人の王子を巡る、世界で一番華やかな戦い―――

■□■登場キャラクター■□■
【気品ある 七央城の王子様】
●クリス=ノースフィールド (CV:沢井春香)
新の前に現れた『七央城』(しちおうじょう)の王子様。
気品のある振る舞いが、ごく自然に身に付いている。
王子として育てられたが、実は女の子。

「ここが最後の境界線だ。これ以上来れば、君は戻れなくなる」

【契約の民の国『竜の姫』】
●アンジェラ=ヴィクトワール=ブレンディン (CV:このかなみ)
プリンセスワルツに参戦している姫様の1人。
出身は契約の民の国、アグニス。『竜の姫』と呼ばれている。
性格は高飛車で、常に偉そう。振る舞いはエレガント。
ナチュラルにプライドが高い。自分の強さに酔う傾向あり。
口調は挑発的。

「さあ……私と踊って頂けるかしら?」

【シホウの誇る『大地の姫』】
●式神楽 清白 (CV:柳井流海)
シホウの文化様式は中世の日本に近いため、ドレスは和風。
まったく世間ずれしていない おしとやかな姫様。
父親を含む、全ての男性に触れたことがない。
清白に触れていいのは七央城の王子だけ。
ゆえに、男性に対する免疫がまったくない。

「も、申し訳ありません!殿方とは、ほとんどお話したことがないもので、どうしても緊張してしまって……」

【海洋国家の『嵐の姫』】
●リリアーナ=ルン=ルン=ギュンスター (CV:鷹月さくら)
海洋国家レンスタンツァの『嵐の姫』。
愛称はルンルン。
ハイテンション。享楽的。ノリノリ型。
「戦いは派手に楽しく」が信条。
プリンセスワルツに関しては、超がつくほど真剣。
純粋に王子様との結婚を夢見ている。

「だって、お姫様だもん。決闘(ワルツ)だってエレガントに、ね?」

【鍛冶の国の『鋼の姫』】
●リーゼル=ヘンゼル (CV:ほくとゆりあ)
鍛冶の国パルミードの『鋼の姫』。
自らのドレスの最強を示す為に戦う。
鍛冶に関する話題以外には疎いため、職人仲間達以外と付き合うのが苦手。

「七央(しちおう)の王子に興味はない。私はただ、このドレスの最強を示すだけ……」

【正体不明の『剣の姫』】
●イーリス (CV:沢井春香)
詳細不明の『剣の姫』

「…………………………」

【プリンセスワルツの『公式裁定者』】
●ピジョン (CV:リバウンド玉三郎)
プリンセスワルツの審判。
性別不明。
クロウとそっくりな外見で 明るく多弁。
ややおっちょこちょいな傾向がある。
主な進行役。
持っている鍵の形はクローバーマーク。

「そう、裁定者。プリンセスワルツの審判といったところかな」

【プリンセスワルツの『公式裁定者』】
●クロウ (CV:茶谷やすら)
プリンセスワルツの審判。
性別不明。
ピジョンとそっくりな外見だが しっかりもの。
話し方は機械的で、堅苦しい。
必要な言葉以外口にしない。
ピジョンのフォロー役。
持っている鍵の形はハートマーク。

「……以後、お見知りおきを」

【クリスお付きのプロのメイド】
●エイプリル (CV:如月葵)
クリスのお付きのメイドさん。
クリスが小さい頃から世話をしている、料理、洗濯、お掃除と、何でもこなすプロのメイド。
クリスの教育係も兼ねており、剣から学業まで、およそあらゆることの師。
年甲斐もなくいたずら好きで、いつも企み事を欠かさない。

「ぐっど!今のは少しクラッときました。良い笑顔です」

【エルディラントの神官長】
●キジェ (CV:一色ヒカル)
エルディラント神託府の神官長。
いつもフードを深くかぶり、仮面をつけている。
神の言葉を人々に伝えるときを除いて、話し方はたどたどしい。

「御身は七央の未来を背負う……大切なお身体。ご自愛……ください」

【直情熱血な主人公】
●深森 新
直情熱血主人公。
アクティブで前向き。
精神的に子供で、しょうもない事で周りと喧嘩になったりするが、まっすぐで表裏はない。
悪く言うと単純。良く言うと純真。
恋愛に関しては非常に疎い。
「女の子には優しく」、と言い聞かされて育っているし、基本的には実践しているが、
親しい間柄の人間に対しては、『女の子扱い』の前に『親しい友達扱い』をしてしまうことも。

「感謝はすぐ言葉にしろって、母ちゃんに言われてるんだ」

【寡黙で厳しい義理の姉】
●深森 静 (CV:三咲里奈)
新の育ての親(深森七重)の娘。
小さい頃から新と一緒に暮らしており、血こそ繋がっていないが、新とは実の姉弟のようなもの。
新にとって武道のみならず、生活すべてにおける師匠役。とても強い。
真面目で寡黙。やや時代がかったしゃべり方をする。
大和撫子と言うよりお侍。

「朝食は一日の始まりだ。3分で準備する。1分で食べていけ」

【ちょっとミーハーな幼馴染】
●野々宮 のどか (CV:秋月まい)
新の幼馴染。ごくごく普通の女の子。
愛称は『のの』。
ややミーハー。恋に恋するお年頃。
性格は温和で明るい。運動は苦手な方。
勉強は中の上。

「もうっ!どうして髪触るかなぁ!」

【母親は担任教師】
●深森 七重 (CV:大福子)
静の母親。
そして 新の育ての親。
普段はちょっとだらしない感じの人だが、いざというときは頼りになる。
家事などは、静と新に任せきり。
職業は新の通う学校の教師。

「そして喜べ女子一同!性別は男、本場の金髪王子様だぁ!」

【かなりミーハーなクラス委員】
●館山 和子 (CV:町田あみ)
新のクラスメイト。
のどかや理子と仲がいい。
口数が多く 明るい性格。
かなりのミーハー。
意外としっかりしており、クラス委員を務めている。

「きゃあん!クリスくぅーーん!すってきーー!!」

【新と仲のいいクラスメイト
●杉本 一博 (CV:皇帝)
新のクラスメイト。
一言で言えば、新の悪友。
トラブルを起こすこともあるが、基本的に憎めない奴。

「よし、ならば偵察の任務を与える。日直、行け!」

【奥手なぼんやりさん】
●金田 理子 (CV:ほくとゆりあ)
新とのどかのクラスメイト。
大柄な身体だが、口数は少なく目立たない。
のどかや和子と仲がいい。
生真面目で奥手。
下ネタに弱く、聞いただけで思考がショートすることも。
ちょっと鈍くさい。

「い、いや、そういうのじゃなくて……うん」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.72GB
CPU
Pentium4 3GHz以上
メモリ
2GB以上
VIDEO
VRAM 256MB以上(GeForce200以上、または RADEON HD以上、または Intel HD Graphics以上を推奨)
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0021823D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「PRINCESS WALTZ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件