({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■□■ストーリー■□■
「あなたが、この世界の主です!」

カメを連れたやたら元気な後輩に誘われて、訪れた生徒会室。
そこに集うは、それぞれ一癖も二癖ある変わり者たちだった。

「君が来るのを、ずっと待っていた」
「あたしの内申がかかってんだから、協力しろ」
「代わりに仕事やってくれるんでしょ?」

――いったい、どうして、俺なんだ?

いきなりまくしたてられ、頭を抱える俺のそばに、うつむいて黒いオーラを放つ少女がいた。

「ど……し……わた……」
「は?」
「どうして、わたしは君を好きになっているっ?!」
「し、知らねーよ……!」

『星渡り同好会』

それは、一年に一度、七夕の夜に星を渡り、『カルマルカ』に接続(アクセス)を試みる季節限定の同好会。
学園理事のお墨付きで生徒会直属と言われているが――何とも胡散臭い。

主人公、御影海人は嫌々ながらも、星渡り同好会に籍を置き、
まったく噛み合わないメンバー達と行動を共にすることになる。

『カルマルカ』に接続できた人間は、あらゆる束縛から放たれるという。
過去の罪からも、そして未来の恐怖からさえも――。

響き渡る鐘の音に、彼らは何を願うのだろうか

■□■登場キャラクター■□■
●天ヶ瀬 奈月 (CV:澤田なつ)
学園きっての才女ではあるが、とっつきにくい。
やや男前な口調で話しているので、話しかけにくい印象を与えている。
年頃になって、可愛くした方がいい(可愛く見られたい)と思い出し、
少し勘違いした祖父のアドバイスでおしゃれ(和風)をしている。
本人は気づいていないが、意外に面倒見がよく、人がいい。
巷で人気のキャラグッズを愛する可愛い一面も持っているが、恥ずかしいので秘密。

Access key for KARUMARUKA“嫉妬”
主人公のことを好きになってしまう。
本人はどうして主人公の事を好きになってしまったのか分からず困っているのだが、
主人公がどこにいるのか、誰と話しているのか、どんな事も気になって仕方ない。

「私に近づかないでくれ、分かってるだろう。勝手に顔が赤くなってしまうんだ」

●朝比奈 晴 (CV:富呂尾李杏)
学園一の不良かつ美人。
学園では禁止されているピアスを着けたり、ネックレスなど色んなアクセサリーをつけて登校している。
遅刻早退が多く、授業中は昼寝をしているか、いつもお腹を鳴らしている。
そんな態度から、周りから不良と見られているが、
本人は自由奔放、マイペースに学園生活をエンジョイしているだけ。
本人は意外にも恋愛に無頓着で鈍感。
親と折り合いが悪くこの学園に入れられた。
しかし、親の言いなりにはなりたくないと、
寮を出てふらふらとそこら辺で野宿とバイトをしながら暮らしている。

Access key for KARUMARUKA“暴食”
いつでも腹ぺこ。余裕のあるときは自作のサンドウィッチか食べ物を持ち歩いている。
通常の量では全然足りない。
食べたい時に食べられないと、恐ろしくお腹がなる。ぐぴー。

「うっさいな、学費と生活費全部、自分でまかなってんだ」

●夏目 暦 (CV:夏野こおり)
IQが高く、ペチャパイ。
無表情で何を考えているのかわかりづらい。
各パーツはちっちゃくかわいいので、
同好会のメンバーには、あれやこれやと、もふもふされて、マスコットキャラ的に扱われる。
普段は効率よく最小限のことしか話さないが、
自分の知識を披露したい時や間違いを正す時は、饒舌に話し出す。
本人は身長より、ペチャパイを気にしており、そこを突っ込まれるとまだ発達途中だと言い張っている。
副会長の夕姫羽には、心を許しており、今の髪型は夕姫羽にいつもしてもらっている。

Access key for KARUMARUKA“怠惰”
何をしていても、誰と話していても、眠気に襲われると突然寝てしまう。
それは自分の中の汚点であり、とても気にしている。
寝ている時に、同好会メンバーにイタズラをされて可愛がられている。

「……すごく眠い、です……すひゅう……んふ、くう……」

●乙音 ニコル (CV:上原あおい)
みんなの人気者で、ふわふわ巨乳。
THE普通ではあるのだが、妙に愛くるしいところがあり、実に女の子的でかわいい。
助けたリクガメの「ノコ」を飼っており、学園にも内緒で連れて来ている。
ノコを使った腹話術で、言い難いことを伝えたりする。
男女ともに人気はあるが、その親しみやすさからか特に女子からの人気が絶大。
曰く、なんだか触りたくなっちゃう子らしい。
明るくて陽気、いつもニコニコしているが、たまに怒ったりもする。
その顔がかわいいのでまた困ってしまう。

Access key for KARUMARUKA“色欲”
同性から、猛烈にもててしまう。
ほっぺやらおでこやらにキスをされまくったり、撫でくりまわされている。
異性には能力の効果がない。
男性からの人気は、単に彼女の可愛さである。

「貴方が世界の主です! ニコもよくわかりませんけど! てへ☆」

●高坂 夕姫羽 (CV:北見六花)
身長も高く胸も大きい、メリハリのある体型の美人。
見た目だけならキリッとしているようにも見えるが、中身は割りといいかげん。
自称エコ少女。エコと言っても自分にとってのエコなので、とことん省エネ。
基本的に自分からなにかするのを面倒くさがり、人にさせようとする傾向がある。
しかし、何かを押しつけられても不思議と嫌な気分はしない。
また、相手が本当に困っているときには、さっとあらわれて手助けをしてくれる。

Access key for KARUMARUKA“強欲”
自分の意思とは関係なく物品を買いあさる。
その支払は、親のクレジットカードでなんとか賄っているが、本人は能力が発動する度に激しく後悔する。

「えー、だって、私のエネルギーは節約したいじゃん。ほら、私、エコ少女だし♪」

●笹倉 未来 (CV:卯衣)
キリッとした容姿で、喜怒哀楽を表情にあまり出さないので、周囲に冷たい印象を与えている。
成績は優秀で生徒会書記を務めている。
星渡り同好会が結成されて、生徒会室を活動拠点にしたことにより、生徒会の実務に支障が生じる。
その為か、同好会の存在を面白くないと感じている様子。
休日は、親戚の神社で、お手伝いをしていたりする。

「ずっと気になってたのよ。どうして、貴方は同好会になんか参加してるの?」

●成海 杏 (CV:陽月ひおり)
成海大吾の双子の姉。
海人と大吾、杏は幼馴染の関係にある。
双子ではあるが、大吾とは全く似ていない。
海人に対して気さくに話しかける一方、弟に対しては手厳しい発言をする。
朝比奈晴とは親友で、授業をサボりがちな晴のことをいつも気にかけている。

「期間限定だしね。そっか、晴をよろしくね~。仲良くしてあげてね、ご飯もあげてね」

●曽根原 蓮 (CV:森谷実園)
どこからどう見てもかわいい女の子に見えるが実は男子。
常に女装している。
背が小さいため、人を見るときはいつも上目遣いになってしまう。
街を歩いていると、彼を女の子だと思った男からよくナンパされる。
どういうわけか主人公に懐いており好意を示すのだが、その度に主人公に拒絶される。
魔可のせいで女装癖になってしまったのかと思われたがもとからの趣味とのこと。
女装以外にも彼には何か秘密がありそうなのだが……

「2年の曽根原蓮です。格好はこんなだけど男の子だよ♪」

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 3.46GB
CPU
Pentium4 2.0GHz以上 / Core 2 Duo 以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上 (DirectX 9.0に完全対応したピクセルシェーダ2.0 に対応しているビデオカード)
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0030884D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「カルマルカ*サークル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件