美少女ゲーム > メイビーソフト > 遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

首都圏での犯罪の増加―――――それは長く続く警偉庁の悩みのタネのひとつだった。
人が増え、技術が発達し、世の中が過ごし易くなればなるほどそれに比例して犯罪も多くなる。
警偉庁が欲したもの。
それは、犯罪者達が恐れおののく圧倒的な

"権威の象徴"

だったのである。

……そうして、莫大な予算と年月をかけて造り上げられたもの。
後に、警偉庁上層部と技術者達はこう語る。

「カッとなって造った。反省は下の者にやらせる」

町の上空に浮かぶ巨大な艦影。
首都治安の切り札にして、首都壊滅の危険を孕む火薬庫。

それが――――――――

巨大遊撃警艦、「パトベセル」なのである!!

……そのパトベセル。
元々は警偉庁エリート集団による首都治安の切り札に使われる予定だったが、
警偉総監の一人娘・七瀬ヒカリに与えられてしまう。
やり取りはこんな感じである。

~数年前~

警偉総監「ほら、見てみろヒカリ。あれがこのほど完成した戦艦だぞう」
ヒカリ「ふーん。おっきくてスゴイね」
警偉総監「そうだろうそうだろう。何しろ莫大な時間と労力と税金をかけて造り上げたものだからな」
ヒカリ「そうなんだ。…………お父さん、アレ欲しいんだけど」
警偉総監「なに、欲しいのか? しょうがないなぁ、パパ大好きって言ってくれたらいいぞ」
ヒカリ「単純なパパ大好き」
警偉総監「やる!」

かくして子どもにあげるオモチャのよーに、
莫大な予算をかけた戦艦は一人の娘っこに与えられてしまったのである。

「虹色の指揮官(七光の意)」、「歩く不祥事」、「始末書量産機」、「火薬庫の火種」、
「日本警際の悪魔」と様々な異名を持つ彼女の手に渡ってしまったが最後。

首都圏の明日はどっちだ!?

登場キャラクター

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●七瀬 ヒカリ (CV:未来羽)
パトベセル(青空署)の署長兼艦長。
警偉総監の一人娘であり、父親に溺愛されている為、若くしてその座に就いた言わば「七光」の指揮官。
その性格は湯が独尊にして大胆不敵、傍若無人にして一触即発の「警偉庁の核弾頭」。
警偉庁では彼女の名前を出すことはタブーとさえ言われ、警際官からも市民からも畏怖されているが、当の本人はまったく気にしていない。
ワガママし放題で自己中心的だが、タチが悪いことに人を惹き付けるカリスマと、テキトーに物事を押し進めても良い結果に転がってしまう強運を持っている。
「犯罪は許さないがただ平和なだけの町も面白くない」という持論を持って今日も彼女は戦艦を駆る。

「アップルジャーーック!!」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●端深 空 (CV:草柳順子)
オペレーター担当。
猪突猛進の署長と違い冷静沈着。
どんな状況下であっても動揺しない。
感情の起伏が少なく、口数も少ないため何を考えているか判りにくい。
あまり周りには干渉せず、深く興味も持たない。
やれば何でも出来るオールラウンダーでだからこそヒカリと一緒になるとおっかない。
そのずば抜けた能力に警偉庁では天才と呼ばれ、上層部が迎えるはずだったが、ヒカリが無理やり自分の戦艦に配属させた。
ヒカリとは正反対の性格に思えるが意外とウマは合うらしい。
暴走するヒカリをさらりと押し止めたりもする何気にすごい人で、パトベセルの頼りになるブレーン。

「フィクションです」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●篠原 伊月 (CV:桜川未央)
パトベセル整備部の紅一点にして、整備主任。
整備員で女性は彼女だけだがその腕は確かで整備班長の信頼を受けている。
男所帯で過ごしてきたせいか、サッパリとした気持ちの良い性格。
異性と同性どちらからも好かれるタイプで艦内でも人気がある。
明るくサバサバしているが整備の仕事に関してはプライドを持っている。
新しく配属してきた主人公の最初の友人であり男友達のような気軽な関係になる。
ちなみにかなりの巨乳でいつも整備服を窮屈そうに押し上げている。
当の本人が自分の魅力に無頓着なため他の整備員は目のやり所に困っているらしい。

「マニュアルよめよな!」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●黛 玲於奈 (CV:長崎みなみ)
本庁から戦艦に送られてきたキャリア組の女性。
青空署の好き放題な振る舞いを戒めるために上層部から派遣されてきた。
キャリアにしてはかなり若いが、人一倍苦労して出世してきたバリバリの叩き上げ。
だからこそ親の七光で今の地位に就いたヒカリを全く認めていない。
曲者ぞろいで警際官らしくない振る舞いばかり行う戦艦のクルー達を見下し、何度も衝突する。
階級意識が強く、正義感も強いことが災いしてよくヒカリにからかわれる。
艦内では、ジェクトのパイロットを担当。
格闘技の有段者で、その強さゆえ「ランバージャック」という異名を持っている。
ちなみに近眼なのだが眼鏡をかけている姿を見られるのを極端に嫌う。
普段はコンタクト。

「それが警際官というものよ」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●怪盗 ロール (CV:戸野綱麻世)
いま、世間を騒がせている神出鬼没の怪盗。
その手口は大胆不敵にして正確無比、狙った獲物は逃さない。
警際は彼女のいいように振り回され、結果信用はガタ落ちになっている。
しかも彼女は仕事で得た報酬を貧しい市民に与えるといった義賊的な行動をしているため、
人々からの人気がすこぶる高い。
「怪盗ロールグッズ」なるものが町で売り出されているほどである。
高飛車で自分自身に絶対の自信を持っており、必ず予告状を送りつけてから盗みを行うという目立ちたがり屋な一面がある。
ふざけた言動も多いが、本物の実力と華麗さを備えている自称・淑女。
トレードマークは美しいブロンド、そして口癖の「エレガント!」
ちなみに七人姉妹とのことだが、全員まるで似ていないらしい。

「エレガント!」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●桃本 みつな (CV:桜川未央)
戦艦の通信担当。
通信士としての能力は高いのだがいまいち自分に自信が持てずなかなか本領を発揮できない。
慌てん坊でドジな一面もあり焦ると通信士なのに噛みまくってしまう。
そしてその度にヒカリにいぢめられてしまういじられ系の女の子。
男性はあまり得意ではないが、自分と同じようにヒカリに振り回される主人公にはちょっと親しみを覚えており仲良くなりたいと思っている。
伊月に次ぐ巨乳の持ち主。
ブリッジでは唯一とも言える良識派だが意見が通ることは少ない。
というか、ほぼヒカリに却下される。
なお、見た目とは裏腹に格闘技好きで思わず技の解説が飛び出してしまうらしい。

「かっ、噛んでませんよ!」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●野々宮 柚子 (CV:草柳順子)
艦内食堂のコック。
見た目は小さくて幼いがれっきとした料理人。
その腕前は本物で世界各国の料理を振る舞えるほどのレベル。
それに目をつけたヒカリが強引に本庁の食堂から引き抜いてきた。
背が小さいため厨房で働いているとカウンターの中をコック帽が動き回っているように見える。
艦内の憩いの場となる食堂でのマスコット的なキャラクターとして人気がある。
兄が一人おり少し似ているらしい主人公を兄さんと呼んで慕ってくる。

「料理の決め手は真心と、ほんの少しの魚心です」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●駿河 葉澄 (CV:長崎みなみ)
艦内医務を担当する女医。
あまり自分のことは語らないが将来を有望されていたエリート医師だったらしい。
自由に行動が出来る警際戦艦での勤務を望み艦内に配属された。
ぶっきらぼうで少し斜に構えた態度をとる癖のある人物だが医師としての腕は確か。
本人は艦内での気ままな生活を楽しんでいる。
タバコをくゆらせている姿がトレードマークだがヘビースモーカーではない。
ちなみに、年下好みらしい。

「ああ、ツバつけときゃ治るよ」

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●東 十四郎
パトベセルの整備班長であり整備半の親分。
血の気の多い整備員たちを一つにまとめる頼もしい重鎮。
あの艦長も一目置くほどの存在であり艦内での発言力はかなり高い。
整備に関しては伝説とまで呼ばれる腕前を持ち本庁にすらその名は轟いている。
整備主任の伊月を可愛がっておりいずれは自分の後を継がせたいと思っている。
青空署(パトベセル)きっての頼りになる&おっかない「おやっさん」。
既婚者だが、子供は居ない。

遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~ [メイビーソフト]

●赤島 殉作
本作の主人公。
新人警際官だったが、不運にも突如青空署(パトベセル)に配属が決まった。
周りの同僚達には、「終わった」「もう出世は望めない」と哀れまれた。
警際官としては平凡な能力だが、パイロットの腕を買われてヒカリに気に入られてしまったことで人一倍苦労するハメになるが、
割と前向きで粘り強い。
警際官として、「ちっぽけだけれど必要不可欠な正義感」をきちんと持っている。
縁起の悪い自分の名前を気に入っておらず、周りには名字で呼ばせようとする。

「俺を名前で呼ぶなぁ!」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010684
ファイル名/ファイル容量
総計 1.71GB
VJ010684.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ010684.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ010684.part3.rar / 224.06MB (234942081Byte)
CPU
Pentium4 2GHz以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「遊撃警艦 パトベセル ~こちら首都圏上空青空署~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件