>    >  

ブランド名 :  らぶまてぃっく
ホームページ : 
販売日 :  2016年11月04日
原画 :  ぺこ
シナリオ :  JUN
声優 :  黒井音瑚  /  秋本ねりね  /  カンザキカナリ  /  咲智ゆん  /  歩サラ  /  内野ぽち  /  田中理々  /  九財翼  /  メガネ一等兵  /  野☆球  /  美月  /  香山いちご  /  月野きいろ  /  逢真井もこ  /  深川緑  /  若宮修一  /  護田遙  /  沖田かずひろ
年齢指定 : 
作品形式 : 
アドベンチャーゲーム / 女の子と仲良くなってイチャイチャするのがお仕事ですADV
対応OS : 
[PC]
WindowsVista / Windows7 / Windows8 / Windows10
その他 : 
ジャンル : 
この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

サンプル

HTML版で表示

体験版

ムービー

作品内容

●メインテーマはそのままズバリ『男女間恋愛』です!
『女の子と仲良くなる為にがんばる主人公』正に直球コンセプトです。
シナリオの尺をすべて恋愛に費やし、ひたすら女の子達との恋愛が楽しめます。

●恋に積極的な女の子は好きですか?
女の子だって恋に積極的だし、好きな人とはエッチな事だってしたい!
そんな攻略されるだけではない、恋愛にアクティブな女の子を描きます。
そして何故か……主人公に振りかかる『ラッキースケベ』……

●静かな秋の高原が舞台です。
そして舞台は、見事な紅葉で知られる観光地……なのですが、
住人にとっては観光客向けの娯楽以外はほとんど遊ぶところの無い田舎街……
そんな優しくも、どこかノスタルジックを感じさせる、
静かな秋の高原で繰り広げられる学園生活のお話になります。

●割とリアルな友情と恋愛のバランス。
お話しの基本は団体行動で、誰かと付き合おうが、以降も他の女の子達との友情は続くのです。
そしてそれは――恋人とケンカしたら周りが仲直りの段取りをとってくれたり、
また叱ってくれたり冷やかされたりと、あなたにとってとても暖かい助けになることでしょう。

●学園内に露天風呂が!?
この学園の敷地内には、何故か露天風呂が設置されています。
そこは当然……「女の子達の入浴(覗き)イベント」
さらには、露天風呂で話題になった学園に、現役アイドルが転入してきたりと、
そんな肌も露わな女の子達との、フォトジェニックなイベントが盛り沢山なのです。

ストーリー

『……というワケで、お前達を『男女交際正常化委員会』に任命する』

男子校と女子校が昨年合併したばかりの通称『露天風呂学園』こと「紅葉学園(くれはがくえん)」
そんな学園の男女の仲が良いわけも無く学園側も問題とみて『男女交際正常化委員会』を新設、
どういうわけか俺達が委員に選ばれてしまったのだ。

『親交派』で幼馴染の西原 代歩(にしはら かほ)
『中立派』で元気な女友達の高杉 奈々緒(たかすぎ ななお)
『対立派』でクラス委員長の舞原 雪菜(まいばら ゆきな)

それぞれが独自の主張をしていて、まとまろうにもまとまらない。
しかも合コンの企画どころか恋愛経験も無い俺に一体何が出来るのか……

「う~ん、まずは俺自身が、彼女たちと仲良くなってみないと、話にならないんじゃないか?」

そうとなれば早速行動と、それぞれ鍵となる女の子達にアプローチをする俺なのだったが……!?

静かな秋の高原で――――身も心も温まる、恋をしてみませんか?

登場キャラクター

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【世話焼き系幼馴染】
●西原 代歩 (CV:黒井音瑚)
昔から主人公が好きだが幼馴染みツンデレなので言い出せない。
周囲の雰囲気でさらに言いづらくなっている。
主人公と幼馴染みであるという理由で、女子の男女交際正常化委員に抜擢される。
一応、男女対立に対し親交派筆頭。
家はすぐ近所で主人公の家にも勝手に上がり込むも、周囲にはあくまでも幼馴染としてであり、恋人ではないとツンデレ。
主人公の前でこそツンデレ化して舞い上がるも、基本的に女らしく気配りも出来る常識人。
成績・家事能力はそこそこ。
奈々緒とは親友同士で仲良しだが、クラスの女王様気取りの璃歌とは口論が絶えず喧嘩友達。

「わ、わたしはやっぱり、告白は男の子にしてもらいたいし、そうでないとイヤ……かも」

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【クールな喫茶店の娘】
●舞原 雪菜 (CV:秋元ねりね)
クラス委員長で学業優秀な美人。
なりゆき女子のリーダー格として男女対立派の旗振り役。
実家は喫茶店経営。
集団時は女の子達の代表としてキツい事も言うが、対立派女子達の代弁的な要素が強く、本人は正直男女対立には無関心。
実のところ、美人で学業優秀という点が女子の一部の嫉妬を買い、面倒事として委員長を押しつけられているのだが、合理主義者である故に「やる気のない人にだらだらやらせるよりマシ」「波風立てずに引き受けた方が面倒が無い」と、割り切っているイメージ。
何事も引き受けたからには完璧にこなすが、もちろん彼女の責任感と努力の賜。

「大崎くん……私の電話番号を聞き出してどうするつもり?」

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【ハイテンション娘】
●高杉 奈々緒 (CV:カンザキカナリ)
代歩の親友で、気さくで気っ風のいいハイテンション娘。
いわゆるギャグ担当で、奇っ怪な行動に走る事しばし。
兄と弟に挟まれている上に、共学経験者(高2の春に転入している)なので、男女対立に関しては中立派。
他の男子にも挨拶くらいはするので、勘違いされ告られまくるが「ゴメンね」を連発する、自称「魔性の女」。
兄弟がアニメヲタク&ゲームヲタクで、当人も自然と染まり男子と平気でヲタ談義する程に。
ネットにも詳しく、VIPネタも通じる。
少女漫画に興味は無く、むしろ二次元美少女萌え(が百合では無い)で、ギャルゲ&エロゲ共に有名タイトルは一通りこなす。

「え~、代歩は和哉の部屋のエロ本とか見たことないの?」

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【ロリっ娘な深窓令嬢】
●屋敷 萌葱 (CV:咲智ゆん)
その幼い外見と無垢な性格からクラス女子のマスコット的存在の少女。
その分臆病で周囲に流され易いやすい。
雪菜とは親友だが、意志とは裏腹に女子達の多数意見に迎合しがち。
基本的に男性恐怖症(主人公除く)。
家は裕福な社長令嬢で、わりと蝶よ花よと育てられた箱入り娘。
常に丁寧語の口調で話すも、舌足らずで難しい単語で噛む事しばし。
子供扱いされることを嫌い「子供じゃありません!」がもはや口癖状態。
そのくせ大の少女漫画(『なかよひ』『どぼん』といった小学生向け)好きで、女児向けTVアニメ「キュアプリ」の大ファン。
もちろんその辺の趣味は誰にも秘密……だったのだが主人公も見ていて意気投合する。

「雪菜ちゃん……この人だぁれ?」

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【腹黒アイドル】
●森永 璃歌 (CV:歩サラ)
主人公達のクラスにやってきた転校生で、アイドルグループのメンバーでもある。
露天風呂付き学園として話題になったこの学校にTVの企画として転校してきたが、実はグループ内の人気争いの落伍者。
アイドルだけあってかなりの美少女だが、実は猫かぶりで本性は結構な腹黒。
周囲からチヤホヤされていないと気が済まない性格で、男子に媚びつつも女子のオピニオンリーダーになろうという態度に、対立派と親交派のどちらでもない、三勢力状態を作り出す結果に。
特に代歩とは口論が絶えず口喧嘩ばかり。
激高すると腹黒な本性が出てしまい、真っ先に代歩と主人公にバレる。

「大崎くんもいっしょにどうかなぁ? あした、みんなでカラオケに行くんだけどぉ♪」

恋と恋するユートピア [らぶまてぃっく]

【ヤル時はやるエロ少年】
●大崎 和哉
いつもの「普段は怠惰だが、いざとなったらヤル時はやる」系主人公。
カノジョは欲しいけど「女体には興味津々だが女性は苦手」という感じの朴念仁なエロ少年。
※無理に彼女を作ろうとは思わず「そう言うのは自然に引かれあってだな……」とか真顔で言うタイプ。
PC所持。
ネットのヲタクネタにはそこそこ対応。
エロゲも有名純愛系なら何本か経験済み。
わりとどの女の子でも平等に扱い、良いところに気付き素直に褒めるので、二人きりの時は天然ジゴロと化す。
夏休み中から両親の海外出張を期に憧れの一人暮らし……のつもりだったが、叔母(母の妹)である真紀と知沙が同居することになり、公私ともに監督下に置かれるハメに。
真紀は下着姿でウロウロ(親戚は異性じゃないと言う考え)、知沙はドジっ娘でポロリ多発だが、「親戚の裸で欲情するのはおかしい」という考えの持ち主なので、興奮はするも罪悪感もたっぷり。

「まったく……代歩のヤツ、面倒な事を押し付けやがって……」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010567
ファイル名/ファイル容量
総計 1.63GB
VJ010567.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ010567.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ010567.part3.rar / 145.49MB (152559605Byte)
必要解像度
1280*720 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号1600538D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1600538D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「恋と恋するユートピア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

こんな委員会があっても良かったかも・・

2016年11月29日  whatsisname さん

このレビューは参考になった×0人

男子校と女子校が合併して共学になったことで、男女間の不仲の問題が発生し、正常化する為に妙な委員会が発足します。
主人公は、その委員を無理矢理やらされることに。
正直、不仲の理由が笑い飛ばしたくなる内容ですが、高校時に男女間恋愛を推進する委員会があったら面白かったかもしれないと思いました。
シーンの方は、差分が少々少な目な印象を受けましたが、良くできていました。
個人的にはクラス委員長さんが綺麗だと感じました。幼馴染の主人公に対する反応も可愛らしかったです。
メインの3人以外は、1シーンのみだったのはちょっと残念でしたが、十分楽しめたと思います。
萌葱ちゃんにはあやうくなにか目覚めさせられそうになりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]