美少女ゲーム > じぃすぽっと > 優等生なのに公園のアレが挿入るまで拡げちゃいました~肛拡樓 弐階 【Android版】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月17日
シナリオ 森田桃子
イラスト 忠臣蔵之介
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 優等生を狂わせたアナル拡張アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「DLsite ADV」対応作品です。 作品のダウンロードおよび閲覧には、DLsite ADVアプリのインストールが必要です。
    詳しくはスマートフォンサイトのご案内をご確認ください。
  • この作品はスマートフォン専用作品です。 PCでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

優等生で人付き合いは少し苦手。
イマドキの女の子たちをどこか冷ややかな目で見てしまう、少し違った融通の利かない『有栖川まどか』は、夜の商店街である光景を目にする。
それは裸体の女性が腕よりも太い車止めポールをお尻の穴に挿入している姿だった。
自分の常識とはかけ離れたその光景は、帰宅した後もまどかの心を揺れ動かし、その波紋は収まることを知らなかった。
ただ白亜の裸体に吸い込まれていく銀色の棒が何度も脳裏に浮かび……。
まどかの指先は自然と未踏の蕾へ伸びていくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010241
ファイル容量
608MB
ソフ倫受理番号
受理番号1600088M

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1600088M)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「優等生なのに公園のアレが挿入るまで拡げちゃいました~肛拡樓 弐階 【Android版】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件