美少女ゲーム > デジタルGパワー > 超爆乳ママが油断し過ぎた件

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年06月03日
シナリオ えろっちつばめ21
イラスト まっ茶
声優 有賀桃
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 超爆乳ママ寝取りAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「あぁ、腰が止まらないのぉ!! ダメなのにダメなのに少年チ○ポほしくてたまらないぃ!」
超爆乳ママが近所の悪ガキに好き放題弄ばれるッ!!
少年チ○ポに身も心もハマってしまう、超爆乳ママ寝取りアドベンチャー!

■ストーリー
平穏な日々を過ごす平凡な主婦・まどかの家に、
この頃、近所の悪ガキが、息子をダシにして、やたら遊びに来るようになった。
悪ガキの目当ては、まどかの胸――彼女は、人並み外れた超巨乳の持ち主であった!

ある日、まどかは、絶対あり得ないと思って
「息子を命がけで守ってくれたら、オッパイを揉んでもいい」と悪ガキと約束してしまうが、
それがまさかの実現してしまい、悪ガキに強引にモミモミされてしまう。
最初は単に不快だったまどかだが、パパのノーマルで地味なエッチとはまったく違う、
悪ガキのパワフルかつ巧みな愛撫に衝撃を受け、不本意ながらもカンジまくってしまう。

■登場キャラクター
●巨房 まどか (CV:有賀桃)
ムチムチの超巨乳グラマーボディ。
人並み外れた超巨乳の持ち主で、世間の男性からヘンな目で見られまくっているが、
ぜんぜん気にしていない、おおらかな心の持ち主。
夫以外の男性とセックスしたことがない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ010212
ファイル名/ファイル容量
VJ010212.zip / 276.69MB (290130817Byte)
CPU
Core 2 Duo 2.0GHz以上
メモリ
2GB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「超爆乳ママが油断し過ぎた件」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!息子の友人が性欲むき出しの猿だった超爆乳美人妻

2016年06月13日  

このレビューは参考になった×2人

乳が馬鹿デカくて迂闊な美人妻が悪質なガキにハメられる話です。
全容量の割りにはルート分岐ポイントが分かりにくくてフルコンプに難儀したのを唯一の不満点として、大満足の一品でした。
つまり、超爆乳美人妻がクソガキの口車に乗って淫行を許してしまうストーリーのため、ルートを誤るとクソガキの浅知恵が瓦解して、人妻が関係の清算に成功する所謂バッドENDに入ってしまうのです。
逆に言えば、この人妻、油断するにもほどがある無謀っぷりで、ちゃんと気を付けさえすれば払い除けられそうなクソガキに引っかかってしまう危うさが「犯しやすい超爆乳」という独特の魅力を発生させています。
些細な冗談を言質として行使され、最初はおっぱいを触られるだけのつもりが徐々にエスカレートして、半ば陵辱に等しい体位にまで発展していく、「押しに弱い人妻」を見事に表現しています。
また、何といっても魅力は特大のおっぱいで、構図によっては少年を押し潰しそうな質量を乗せながら奉仕を強いられる姿は母性と淫乱と強制の三重奏という稀に見る美味を生み出しています。
そして、作中の言でもあるように、それが孕んだ姿は特大のおっぱいが3つに増えたような有様で、躍動感いっぱいに胸を揺らして腰を振る描写も相まって破壊力抜群でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]