美少女ゲーム > Liar-soft > 漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow- Fullvoice ReBORN

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

スチームパンクシリーズの「漆黒のシャルノス」がフルボイス化して登場!!
旧版で音声のあったキャラクターは勿論、声の付いていなかったキャラクターも全てフルボイスに!
心震わせる、あのシーンが音声付きで蘇ります!!

■ストーリー
比類なき蒸気都市と謳われる大英帝国首都、ロンドン。

そこは、我々の知るロンドンとはいささか違う。
機関革命によって、世界は一変していたのだ。異常なまでに発達した蒸気式の機関(エンジン)は、
今やエネルギー発生装置としての役割だけでなく、
超高度な演算を果たす情報機械や飛空挺、巨大飛行船までをも生み出すに至った。

そして20世紀初頭。現在の人類は繁栄をきわめている。

けれども人々は失っていた。無数の蒸気機関群の生み出す灰色雲によって、
かつて空に広がっていた青色は消え去り、人々は青の意味するものを忘れてしまった。

けれども。けれども。

例え空を失っても、都市に充ちる機関(エンジン)が生み出す排煙によって
形成された灰色雲が空を覆っても、機関工場の廃液がテムズのせせらぎを澱んだ黒色に変えてしまっても、
それでも、霧と蒸気の満ちるロンドンは美しい──
訪れた旅人は、皆そう言う。

テムズのほとりのコンドミニアムに暮らす女学生、メアリ・クラリッサ・クリスティ。
彼女もそう、ロンドンのすべてを愛していたし、第2次産業革命こと機関革命によって
もたらされるであろう人類の発展を、他の皆と同じように信じて疑っていなかった。
あの日、あの時までは。

そう、運命の1905年の10月のあの日。

あの夜、機関街灯の明かりも及ばない暗がりの中でメアリは男と出会った。
黒色に身を包んだ男。彼が差し伸べた黒い手は、メアリを非日常へと誘った。
すなわち、夜闇に潜む《怪異》と言う名の“誰も信じていなかった”はずの幻想の化け物たちが牙を剥き、
無辜の人々を次々と襲う、愛されざるべきロンドンの暗黒の一面へと。

──夢見るような暗黒と、ささやかな輝きとが混在する日々へと。

■登場キャラクター
●メアリ・クラリッサ・クリスティ (CV:かわしまりの)
主人公にしてヒロイン。黄金瞳こと妖精瞳の少女。
昨年(1904年)の12月以来、右目が猫科の動物に似た“黄金瞳”へと変わっている。
育ちがよく上品なお嬢さん──に見えるが実は勝ち気で男勝り。くじけない。
ロンドン王立碩学院史学部に通う女学生。
探検家であった父は幼い頃に他界しており、母は海の彼方の機関研究所に勤めているため、
現在はコンドミニアムにて一人暮らし中。
男子学生からはそこそこ人気だが、まだ誰ともお付き合いの経験はない。
理想が高すぎるんだから、とは親友シャーリィの談。
趣味は絵本を書くこと。出版社にもちらほらと持ち込みを始めている。
目標とする人物は、自分と同じ名を持ち、未だ20歳に満たないと噂される天才女流作家 メアリ・シェリー。
蒸気都市ロンドンにて穏やかな日々を過ごしていたが、
親友であるシャーリィを助けるために『M』と契約し、
《怪異(メタ・クリッター)》のもたらす数々の事件に関わっていくこととなる。
具体的には、《怪異》をおびき寄せるための“餌”となって、
恐怖に押し潰されそうになりながら夜のロンドンを駆け抜けるのである。
多くの市民たちと同じく《怪異》の存在などまったく信じていなかったが、
『M』との出会いによって彼女の常識は覆されてしまう。
しかし、彼女は狂気に落ちず、友人たちと自分自身のために、恐怖に対して真っ向から立ち向かう。
どれだけ悲鳴を上げても。どれだけ涙をこぼしても。

「拝啓、お母さま。ひとり暮らしもようやく慣れてきました──」

●The M (CV:越雪光)
本名不詳、通称『M』。
もうひとりの主人公。シニカルで、破滅的。
黒衣の男。
眼帯で常に右目を隠し、黒色のコートを身に纏う。
蒸気都市・ロンドンの闇に出現した《怪異》を特殊な方程式によって破壊して回る謎の人物。
愛読書は大デュマの代表作である「モンテ・クリスト伯」。
巷では「闇社会に君臨する犯罪の帝王」と噂されているが、
その実態は、ヨーロッパはおろか人類文明におけるほぼすべての闇と知識とを支配する
巨大結社《西インド会社》の最上級エージェント。
「犯罪の帝王」と呼ばれる所以の多くは、『M』ではなく
《教授》と呼ばれる結社の別人物が担っているという。
結社にとって貴重な研究対象である黄金瞳を持つメアリの監視、
及び、幻想の産物と思しき《怪異》の破壊が彼のロンドン滞在の大目的。
結社総帥によってあらゆる権能を与えられている『M』にとって、本来はメアリの監視など任務とはならない。
だが彼は、奇妙な執着によって彼女を観察し続ける。

「お前に与えられた選択肢は2つだ、仔猫(キティ)。俺の手を取るか、死ぬか」

●シャーロット・ブロンテ (CV:野月まひる)
ウェールズの資産家・ブロンテ卿の娘で、王立碩学院史学科に通う少女。
通称シャーリィ。
メアリの同級生であり、絵本執筆という同じ趣味を持つ大の親友。
同年代のメアリやアーシェに比べて落ち着いた性格で、頭脳明晰。成績も優秀。
社交界に顔を出すほどの富豪の娘であり、美人。
性格や成績とも相まって、学生からは男女を問わず憧れの存在として一種の崇拝を受けている。
オカルティズムに興味を抱いており、独学ながらダウジング(振り子)を扱うまでになった。
時折、メアリやアーシェの頼みで探し物などの際に使用している。
正解率はおよそ8割というところ。
1905年、《怪異》と遭遇した影響で覚めない眠りに就いてしまう──

「ごきげんよう、お転婆さんなメアリ。また男の子と喧嘩したの?」

●モラン大佐 (CV:桜川未央)
外見年齢は20代に見える、恐らくは女。年齢不詳。
背が高く、襟元までぴっちりと閉じた陸軍服を常に身に纏っている。
中性的な人物。
秘密結社《西インド会社》によって肉体を改造された機関人間であり、『M』の直属の部下。
影のように彼に付き従う。
寡黙で、『M』にのみ従順。彼の命令すべてを確実に遂行する。
身体のほぼすべてを機関機械に置き換えており、驚異的な戦闘能力を備えている。
素手で大岩を持ち上げ、鉄扉をこじ開けることが可能。
警官や軍人の一団であれば木っ端のように蹴散らすこともできるだろう。
しかしそれでも、『M』の敵となる《怪異》に対しては数分しか戦闘状態を維持することはできない。
常にドイツ製拳銃を携行しており、弾丸には《緑の石》の破片が込められている。

「あるじを傷つける者のすべてを、私は許さない」

●アーシェリカ・ダレス (CV:金田まひる)
メアリの親友のひとりで、学年はひとつ下。
通称アーシェ。
イングランド系貴族・ダレス家の三女。
やや子供っぽく、明るい快活な性格。
自然な愛嬌に満ち、嫌味の類を感じさせない。
王立碩学院ではメアリやアーシェとは異なる数学科1年生であり、成績優秀。
上流階級であった実家が没落したことを理由に、奨学金の世話になっている。
子供っぽい外見と言動をしていても、実のところ、シビアになりつつある
実家の台所事情はしっかり把握しているし、彼女なりによく考えてから行動するようにもしている。
貴族の一員ではあるものの、碩学院に通うことで社交界とは距離を置いている。
オックスフォード大学に通うアメリカ人留学生 ハワード・フィリップスとは公然の仲。
本人たちの間では婚約が成立している。
シャーリィが眠りに就いてからも、アーシェは前と変わらずメアリと交友を続ける。
それも、ハワードがやや嫉妬するほどに。
演劇を観るのも演じるのも大好きで、33ある将来の夢のひとつは「女優」。

「おっはよ。課題進んでる? 進んでないよね?」

●バロン・ミュンヒハウゼン (CV:小次狼)
もうひとりの『M』。
20代の男に見えるが、年齢不詳。
東洋の仮面で顔の上半分を覆い、派手な色彩の異国の衣装に身を包む。
永遠の命を持つとうそぶく男であり、錬金術の達人であり、恐るべき《回路》技術の碩学であり、
秘密結社《西インド会社》における最高幹部《三博士》のひとり。
ロンドンの夜闇に出現した《怪異》に対し異常なまでの執着を見せ、
あらゆる希望の終焉を『M』の耳元に囁く。
結社の秘儀である《回路》技術を操り、さまざまな怪奇現象を我が物とする。

「なあに、冗談でございます」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009935
ファイル名/ファイル容量
総計 2.27GB
VJ009935.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009935.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009935.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009935.part4.rar / 39.77MB (41702598Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0029302D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0029302D)

漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow- Fullvoice ReBORNの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow- Fullvoice ReBORN」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

金髪(2)

おすすめ!ヒロインが魅力的

2017年08月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

雰囲気は産業革命期のロンドンが舞台ですが、技術的にはかなり進んでおり、携帯電話っぽいものが割と普及していたりなど、産業革命期にこだわらない舞台設定になっています。
ストーリー自体は王道に近いような気がします。エロ要素は薄いです。むしろ多少手を加えて全年齢版にしたらいいのではないくらいです。
この作品の魅力は何と言ってもヒロインだと思います。清廉でひたむきな姿と芯の強さ、愛らしさを持っているのもそうですが、表情が非常に細やかで繊細なところが良いです。ほんのわずかな感情表現を巧みにしているところは一見の価値があります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!スチームパンクなロンドンにて。

2016年10月23日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

スチームパンクな世界の、20世紀初頭の1905年頃のロンドンの話です。
ゲームパートがあり、そのゲームパートはやりごたえがあり、面白いと思う人は面白いパートです。
苦手な人はスキップもできるので、一度やってみてからスキップするかしないか決めるといいかもしれません。
ストーリーは時代背景やそういった背後もしっかりと作られている感じがして、ストーリー重視の方にはいいかなと思います。
エロ目的の人には合わない作品かと思います。(そもそもエロがほぼあってないようなものなので)
ですが、スチルは独特の美しさがあり、BGMもとても素敵なのでやってみる価値はあると思います。
とにかくメアリがひたむきで、一生懸命!あと強い。
そして、かわいいです。
スチームパンクが好きな方はもちろん、女性の方にもすごくおすすめしやすい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]