DLsite独占

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

ソフトハウス・クラフトワークが放った最狂最悪最高最期の物語!
断末魔のファナティックアドベンチャーノベル、ダウンロード版で登場!!

※ダウンロード版につきまして
Windows10対応のため、最新のシステムに乗せ換えております。
そのため、一部の演出が変更になっております。
新たに、メッセージバック、メッセージバックからのロードなどに対応しております。

ストーリー

さよなら…。今、全ての人に贈る最期の言葉。

間を見失い、すべてに逡巡し、自分の事さえも分からない男は、悪夢と白昼夢に悩まされながら、
教育実習生としての責務を全うしつつ、迷い子のように橙色の放課後を彷徨い続ける。

校内で出会う少女たちにやすらぎを求め、同僚の女性たちの顔色を伺う毎日。
彼と彼以外の間にあるのは深く暗い奈落だけだった。

彼はそこに転がり落ちるしかないのかも知れない。
そう、昼の次にやって来るのが夜でしかないように、人間が不眠不休で起き続けられないように、
人が空を飛べないように、1+1が2であるように、少女が女へと成長するように、
……至極当たり前のように。
正気と狂気の狭間を超えた時、あなたが目撃する結末とは……!?

登場キャラクター

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●巣鴨 睦月
ヒロイン。
放課後の教室に独り佇む儚げな美少女。
主人公は、睦月の少女らしい清純な清々しさに強く引かれるが、同時に、その現実離れした聖性に怯えている。

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●高田 望美
屋上から下界を望む孤高の少女。
快活で人懐こい印象だが、瞳の奥に底知れぬ闇を秘めている。
主人公は、煙草を吸いに屋上に出ては彼女と出会う。

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●田町 まひる
主人公をおにーちゃんと呼び慕う幼なじみの少女。
感情の起伏が激しい性格は無邪気とも取れる。
猫のように気まぐれで子供らしさの抜けない少女。

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●目黒 御幸
図書室の司書係を勤める少女。
対人関係が苦手で、図書室に入り浸っては一人本を読み耽る毎日を送っている。
奇妙な豆知識を多く持つ。

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●上野 こより
頭の先から空気が漏れているような少女。
ヌケているように見えて、時にグサリと来る発言をするのが特徴。
弓道部に所属している。

 

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●大森 となえ
気怠い保険医。
異常とも取れる愛煙家でちょっとだけハスキーボイス。
主人公にとっては気軽に話しのできる存在であり、喫煙友達。
瀬美奈とは友人でもある。

さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]

●高島 瀬美奈
教育実習生である主人公の担当教諭。
スポーツクラブに通う健康的な女性。
毅然とした態度を崩さない。
何故か主人公にとって嫌な相手。

作品情報/動作環境

ファイル容量
462.82MB
CPU
Pentium4 2GHz以上 / Core 2 Duo以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上 (DirectX 9.0に完全対応したピクセルシェーダ2.0 に対応しているビデオカード)
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0029267D)

注意事項

●現実と虚構の区別がつかない方
●生きているのが辛い方
●犯罪行為をする予定のある方
●何かにすがりたい方
●殺人癖のある方

※このソフトには精神的嫌悪感を与える内容が含まれています。
上記に該当する方は購入をご遠慮くださるよう、あらかじめお願い申し上げます。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「さよならを教えて ~comment te dire adieu~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!思わず

2016年02月04日  

このレビューは参考になった×12人

レビュアーが選んだジャンル :

うわあ、と声が出てしまう作品でした。
何に対して、と尋ねられましたらすべてに、とお答えしましょう。
凄まじい威力を持つ作品でした。

鬱、錯乱、狂気、その手の要素が詰め込まれた作品だと思います。
ストーリーを進めて行くうちに展開が分かることが多い上に嫌な予感がすることでしょう。
その嫌な予感は当たるでしょうし、何よりもじんわりとしたイヤな感覚に襲われることは確かです。
何よりも1週だけではなく周回プレイをすることができるとは何とスバラシイ贅沢なのでしょうか!
プレイすればするほど深みにはまっていくような感覚に陥っていくことでしょう!

狂気を、昨今では中々ない濃密な狂気を味わえるかと思われます。
本作は気分の良い日にプレイした方が比較的良いかと思われます。
購入し、プレイなさる方は覚悟されることをお勧め致します。
ですが、傑作であることは間違いありません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!最早説明不要の怪作

2018年11月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ネットでネタバレを目にしていたため大体の展開や演出は知ってはいましたが、知っていても思わず「ひぃっ!」と声に出てしまうほどの狂気がひたすらに満ち溢れているゲームです。ネタバレ無しの状態でプレイすればその衝撃は何倍にも跳ね上がると思います。万人にオススメできる内容とはとても言い難いのですが、だからこそ万人にオススメしたいと思ってしまうくらい、プレイして損はないと断言できる衝撃的なゲームでした。※商品説明の注意事項に該当する人は除く※

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!予想を上回る面白さ

2018年11月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

狂気、電波ゲーとして色んなところで名前が出るので存在は知っていたのですが値段で手が出せなかったモノがDL版があるとしり待望のプレイが果たせました。
電波ゲーと名高いですが、話は結構理解しやすく、思わずふむ・・・と思ってしまうような話や読みやすいテキストも相まってプレイ前に抱いていた不安を超えて楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!期待以上だった

2018年10月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

傑作電波ゲームと聞いて、期待値高めでプレイし始めたが、期待を裏切らない傑作だった。
ゲームとしていかがなものか、と思う箇所はあったが、シナリオや演出は文句無し。
プレイの前にネタバレや評価を見てしまったが、それでも十二分に楽しめた。むしろ、何も知らないでなんの心の準備もなしでプレイしていたら、プレイ終了後の喪失感は1週間じゃ済まなかっただろう。
ある程度心に余裕のある方で気になっている方には自信を持って薦めたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!電波ゲー

2018年09月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

テキストも雰囲気も素晴らしく、電波ゲーとして有名な作品です。
オチについてはプレイ途中でエンディングのかなり前から想像はつくかと思います。
パッケージ版がプレミアがつき高騰しているため安価でダウンロードできたのはうれしかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!読ませる文章

2018年09月07日  

このレビューは参考になった×0人

ネガティブな主人公の独白に共感するところもあったり
ネタバレを知ってから見ると、ヒロインたちの言動に哀しくなるところもあったりと、
電波ゲーとも言われていますが話のつながりは丁寧です。
文章もしっかりしていて読ませる内容です。
この世界から戻ってこられないことがないようご注意を。

あそBD版もプレイしていますが、操作面はこちらの方が改善されています。
グロシーンの消しも黒一色からモザイクに変更されています。
今やるならこちらのDL版をお勧めします。

余談ですが、このゲームのグロ絵の狂気って時々美しさと混ざって見えてしまいます。汚さとは遠い感じ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]