美少女ゲーム > ぱじゃまソフト > プリズム・アーク らぶらぶマキシマム!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月04日
シナリオ 亜麻矢幹 / 平内太兵衛
イラスト 大野哲也 / 娘太丸
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / アフターストーリーADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

【ゲームの見どころ】
●7人分のアフターストーリー
プリズム・アーク本編終了後を描いたアフターストーリー。
ヒロイン個別エンド後のらぶらぶでHなストーリーを7人全員分収録
ハッピーエンド後のお話なので、最初からラブラブ全開です。
主人公とヒロインの「ラブラブ、いちゃいちゃ、エロエロ」をお楽しみください!

●ハーレムルート
さらに、ヒロインたちが主人公に迫りまくる「ハーレムルート」も用意。
今回は新キャラも登場。
巨乳たぷんたぷんの積極的お姉さん「エティル」が率先してハヤウェイを誘惑します。
『プリズム・アーク』本編では作品コンセプト上、どうしても描ききれなかった、エロを強調しました。

■ストーリー
●プリーシア編
ハヤウェイはヴィントラントの女王になったプリーシアと婚約し、約1年が経過する。
その間に、疲弊したヴィントラントも回復の兆しを見せ
ローゼンベルグ騎士養成学校も復校に至り、なんとか機能し始める。
国を挙げての盛大な結婚式まであと数日。

しかしここで大問題発生~~!!
プリーシアの実父、キザーロフだけが結婚に強固反対!
キザーロフ以外の人物は全てこの結婚を認めて、数日後に式を行う準備をしている。
ハヤウェイとプリーシアはみんなの力を借り、連日、様々な手段でキザーロフを
説得し続けるが、ことごとく失敗。
こんな調子でふたりは結婚できるのだろうか!?
そして、ついにハヤウェイとプリーシアは最後の手段を執る事に……!

●神楽編
戦争が終わり、完全に元通りとはいかないまでも、世界は復興への道を歩み始めていた。
そんな中、プリーシア護衛の任を完遂した神楽は、その報告のために和の国へと帰る事になる。
動揺を隠せないプリーシア。
寂しいくせに素直になれない彼女は、つい神楽の前から逃げ出してしまう。

そしてフェルたちの企画した送別会で、プリーシアは何とか神楽に別れを告げようと悪戦苦闘!
けれど宴が騒がしくなるはHな話ばかりで、プリーシアと神楽は気まずいまま……。
そうしている間にも、別れの時が刻一刻と迫ってくる!
二人はこのまま、離れ離れになってしまうのか!?そして、神楽の本心は……?

●フェル編
ローゼンベルグ騎士養成学校を卒業したハヤウェイとフェルは二人でのあまい日々を過ごしていた。
だけど毎日のHに忙しいせいで、稼業である運送業の仕事はサボり気味。
そこで、真面目に仕事をさがそうと、知り合いを訪ねて回る二人。
折り良く、キザーロフから機密書類の輸送という重要な仕事を依頼されて、思わず浮足立つ。

早速張り切って仕事に臨んだ二人だけれど、そこでお約束のようにトラブル発生!
フェルがいたずらにHをせがんだせいで、大事な種類を暴走する木人君に奪われてしまったのだ!
その上、木人君を追いかけるフェルの息が不自然に上がっている!?
果たして、二人は無事に書類を届けられるのか!?
そして、フェルの様子がおかしい理由とは……?

●華鈴編
テンペル騎士団(リッター)の団長、そして副長として、ハヤウェイと華鈴は忙しい毎日を送っていました。
ある時は野生化した天使退治を依頼されて、メディアードに出張、働いた帰りには
人目もはばからず野外プレイに没頭。
そしてまたある時は、ヴィントラントでネサギを助け、遅くなってしまったので、ラブホテルに一泊して
甘~い夜を過ごす二人なのでした。

そんな2人の下に、ヴィエーラの森にある遺跡を調査して欲しいという依頼が舞い込んできます。
ところが調査の中で、同行していた仲間たちが一人、また一人と姿を消していく
ものだから華鈴は気が気ではありません。
恐怖を紛らわせるために、遺跡の奥で身体を重ね合わせるハヤウェイと華鈴。
二人は果たして、無事に遺跡から脱出できるのでしょうか!?

●テレサ編
ハヤウェイとテレサは、メディアードの孤児院で仲睦まじく暮らしていました。
なかなか欲求不満の解消できない生活でしたが、今日は子供たちが出かけていて絶好のH日和!
ところがそんな日に限って華鈴が訪ねてきて、テレサはご機嫌斜めです。
ついついHな妄想に浸ってしまい、我慢の限界を迎えたテレサは、ハヤウェイを連れて逃げ出します。

勢いで湖畔での野外Hにこぎつけましたが、まだまだ満足できません。
再び華鈴に見つかると、今度はラブホテルに逃げ込んで、趣向の違ったHを楽しみます。
それでも満たされないテレサは、孤児院に帰ってHの続きをしようと意気込みます。
けれどその道程、テレサたちは強盗の現場!に出くわしてしまうのでした。
ハヤウェイとテレサは無事にこのピンチをくぐり抜け、Hの続きを楽しむことができるのでしょうか?

●リッテ編
自他公認の仲となったハヤウェイとリッテは、現在幸せな同棲生活中。
夜の行為が激しいせいで朝はいつも遅刻ぎりぎりですが、ラブラブな二人は気にしません。
ところが、そんな素行をキザーロフに咎められてしまった二人は現状を改善するために
特訓を始めることになります。

最初の建前こそ、ハヤウェイを立派な教官にするための特訓でしたが
それもいつの間にやら校内でのHにまで発展。
そのおかげで遅刻が減ったのをいいことに、二人の特訓はどんどんエスカレートしていきます。
ある日、ハヤウェイの要求で服の下にスクール水着を着せられたリッテは
一日をその格好で過ごすことになってさあ大変!
生徒たちにバレたりしないかと、内心ヒヤヒヤしっぱなしです。
この先リッテを待ち受けるトラブルとは?
そして特訓の成果やいかに!!

●フィーリア編
正当な王位後継者だと発覚したフィーリアですが、彼女は王位を望みません。
アルクの調査で留守にするリッテの家で、ハヤウェイとフィーリアは二人で甘~い新婚?生活を始めます。
二人のところには、毎日親しい友人たちが顔を見せてくれます。
ひょっこりフェルが現れては、裸エプロンの話題で盛り上がり。
テレサと華鈴が現れては、二人の仲を羨みながら裸エプロンの話題で盛り上がり。
プリーシアと神楽が現れては、やっぱり裸エプロンの話題で盛り上がります。
そうやってみんなに触発されたフィーリアは、ついに自分も裸エプロンに挑戦?する決意を固めるのでした。
けれど、そんな生活の影デ、フィーリアに危機が迫る……?

●ハーレム編
戦争終結後、みんなはそれぞれの暮らしを営んでいた。
そんなおり戦乱で傷ついたローゼンベルグ騎士養成学校が復校して
ハヤウェイたちの正式な卒業式をしようという話が持ち上がった。
そして懐かしいみんなが学校に集まる事に……。

久しぶりに学校に来たハヤウェイは、早速、いつものうかつさを発揮
見知らぬ女性とぶつかって押し倒して胸を揉んでしまう。
大人の女性、また巨乳の肉感にドギマギ。
女性はハヤウェイの行動をほんの少しだけ咎めたものの、すぐさま立ち去ってしまう。
その時、プリズムの落とし物をしていった。
ハヤウェイはプリズムを女性に返そうと、学校内を探して歩く事にした。

途中、みんなと久々の再会。
部屋で着替え中のプリーシアや、ハヤウェイが乱入して
プリーシアを襲ったと誤解した神楽、フェル、フィーリアや、いつものように迷子になっていた華鈴を
わざわざ学校まで連れてきてくれたテレサにも。

漸くその女性と再会したのだが、その女性はハヤウェイが自分の胸を触った事を蒸し返し
怒るのかと思いきや、なんとハヤウェイを誘惑!?
驚きつつも誘惑に勝てず、なされるがままのハヤウェイはなんとパイズリされてしまう。
うっとりしているハヤウェイを見て妖しく笑い、その女の人は立ち去ってしまう。
ハヤウェイは、彼女を痴女ではないかと思ったのだが!?

これをきっかけに?
ハヤウェイに好意を持っているヒロイン達は、徐々に過激な態度を取り始める。
卒業式は1週間後。最後の学園生活が始まる……!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009694
ファイル名/ファイル容量
総計 3.48GB
VJ009694.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009694.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009694.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009694.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009694.part5.rar / 511.79MB (536650816Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz以上 / Pentium4 2.0GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003353D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003353D)

プリズム・アーク らぶらぶマキシマム!の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリズム・アーク らぶらぶマキシマム!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件