美少女ゲーム > WAFFLE > 淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─

DLsite独占

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「人体」か、「人工物」か。

人間の精神をデータにし、ヒューマノイドに移植することで永遠の命を得る技術が確立した世界。
人類は「人間」と、人工の身体を持つ「ヒューマノイド」に分かれていた。
2つの存在のどちらが正しいのか、人類には分からなくなっていた。

そんな中狙われる、「人間」の象徴であるキアラ姫。
彼女は、ヒューマノイドにとって邪魔な存在であった。
護衛という仮面をかぶり、スパイとして送られた主人公は……

彼女を守るのか、裏切るのか。

ストーリー

主人公『ヒナタ』は、人類最後の楽園と呼ばれる島――キンドレド島にやってくる。
目的は、島に住む姫『キアラ・ティプトリー』の護衛。
しかしヒナタは、数週間後に控えた島の精霊祭に合わせて計画された、
『キアラ姫誘拐作戦』に向けて送り込まれたスパイだった。
キアラはヒナタを歓迎するが、同じ護衛である『フラヴィア』は、ヒナタを疑う。

ヒナタとキアラは昔の友人同士。しかも、意識し合っていた仲。
大人になって再会した2人は、護衛する者とされる者の垣根を超えて仲を深めていく……。

果たしてヒナタが最後に取る選択は――!?

登場キャラクター

淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─ [WAFFLE]

【優しく誘惑してくるお姫様】
●キアラ (CV:夢野ぼたん)
人間だけで構成されたキンドレド島に住むお姫様。
世界的にヒューマノイド化が進む中、生身の人間であることを貫いており、現在は人間の象徴として政り上げられる。
本人は困っているものの、象徴であることを自分の役割と認識して演じている。
ヒナタとは過去に知り合っていて、好感を持っている。
性格は優しく、誠実で、聡明。お茶目な一面が少しある。
また、天性の誘惑の才能の持ち主。
お忍びで外に出かけることもあり、その際は姫と分からないように変装する。

「昔のように、接してくださればよいのです」

淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─ [WAFFLE]

【妖艶に誘惑する吸血鬼】
●フラヴィア (CV:杉原茉莉)
金髪碧眼の女性。吸血鬼型のヒューマノイド。
ヒナタと同じくキアラの護衛として雇われている。
器の大きい姉後肌で義理堅い女。
ただしエッチが大好き。
『可愛い顔』『女慣れしていない性格』『なのに強い』というヒナタ3つの要素をいたく気に入り、ヒナタを誘惑をして、得意のエッチで翻弄する。
実は人間側のレジスタンスに所属しており、ヒューマノイド化が進む世界に、強く反対をしている。

「どうした。顔を紅くして」

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009690
ファイル名/ファイル容量
総計 1.21GB
VJ009690.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009690.part2.rar / 473.59MB (496597193Byte)
CPU
Core 2 Duo以上 / Core i3以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上 (GeForce 3以上、またはRADEON 8500以上)
必要解像度
1280*720 フルカラー
その他
「Cyclone X10 USB」「臨界点-rinkaiten-」標準対応済み
ソフ倫受理番号
受理番号1500255D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号1500255D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫靡蕩少女 ─残されし楽園の姫君─」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!騎士とはかくあるべき

2015年12月29日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

シリーズ3作目ということで、前々作、前作に続いて購入させていただきました。

今回はシリーズ前二編の研究施設や閉鎖的だった空間とは打って変わり、外の世界、ヒューマノイドという概念が一般化した世の中で展開が繰り広げられています。
人間であることを捨て永遠の命を得るか、ヒューマノイドであることは生きていると呼べるのか。こういった設定のある作品ではよく定義される問題ですが、登場人物の意志や行動目的がはっきりとしていて、刺激がありましたので、既視感を感じることなく楽しんでプレイできました。

お勧めする理由や場面は山程あるのですが、私が今回の作品をプレイしていた中で一番印象強かったのが、主人公の意志の強さ、一途さです。
一見すると無感情とまではいかないにしろ、感情の起伏も少なく、機械のように仕事をこなす冷血漢に感じますが、終盤とある行動を起こし、その印象も一転します。
起こした行動、またその目的もストーリーの根幹部分に触れる為、詳しく書くことができないのですが、ただそれだけの為に自分を殺し、ただただ想いつづけていた在り方に惚れました。
その目的を失ってしまったためにたどり着くbadルートもありますが、それはそれで一見の価値があります。

シリーズものではありますが、上のような理由もあり今回の作品だけでも楽しめる構成になっていますので、少年漫画的な展開、特に騎士がお姫様を守るという内容に惹かれる方におすすめします。(もちろん前作をプレイした方はにやりとする場面が多々ありますので楽しみにしていてください)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]