美少女ゲーム > アパタイト > 軟体レッスン~いいなり彼女とひみつの放課後~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
「あぁ……陽山さん、今日もステキだぁ……」

彼女の名前は、陽山穂奈美さん。
僕と同じクラスの女の子で、新体操部で、運動も勉強も得意で人当たりもいい、
クラスのアイドル的な存在で……。
そして、僕の――好きな人だ。

いっそのこと、おかしな奇跡でも起きて陽山さんが僕を好きになってくれればいいのに……。
そんな事を考えながら学園から帰宅していると、道端で太いペンのようなものを拾う。
それにはなんと・・・催眠術アイテムと書いてあった。

しかし、あれから試しに色々使ってみたけれど、誰にも催眠がかかる気配がない。

気軽に催眠術をかけられるアイテムなんて、あるわけないよな・・・。
そんなことを思っていた時、思わぬ切っ掛けで憧れの陽山さんと二人っきりに。
流れでこの催眠アイテムのことを話してみると、興味を持った陽山さんが、思いがけないことを口走った。

「わ、私で試してみない?話を聞いてたらなんだか気になってきちゃった。」

そう言う陽山さんに向けて、僕は、催眠術アイテムのボタンを押した――。

■登場キャラクター
●陽山 穂奈美 (CV:笹塚真琴)
新体操部のレギュラーで勉強も出来る優等生。
みんなからの人気者で、まさに学園のアイドル。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009623
ファイル名/ファイル容量
VJ009623.zip / 326.4MB (342250585Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「軟体レッスン~いいなり彼女とひみつの放課後~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

レオタード(2) 学校/学園(2)

ヒロイン可愛い

2017年12月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

お手軽に楽しめる

2016年01月27日  

このレビューは参考になった×2人

ヒロイン一人の単独ストーリー。
ストーリーとしては短いが、エロい。

全裸はほぼなく、着衣としては制服かレオタード。断面図やスカトロはないのでそういうのが苦手な人でも大丈夫。
放課後とはなっているが、舞台が学校ばかりで自室の部屋とかがないのは珍しいかもしれない。

ヒロインはエロ可愛い。価格も安いのでお手軽に楽しめる作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]