({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
中枢圏特別区の高層ビル爆撃事件が発生した翌朝、
波打ち際で目が覚める、『朱鷺羽 懸命(主人公)』。
目が覚めた途端、男女3人に取り囲まれていた。

この時に懸命自身は、記憶を失っていた。
だが、「生憎と、……時間が無いんだ」と喋る男は、懸命(主人公)に銃口を突きつける。

懸命が連れて行かれた場所こそ、『MIBU』だった。
『MIBU』は地下施設であり、その上に『壬生養成学園』が設立されている。
懸命は簡単な聴取を受け、記憶が甦るまでは、『壬生養成学園』にて、
住み込むことを余儀なくされてしまう。
学園内を案内されていると、在籍する可愛い美少女と出逢う。

「わたし、八神ひよ。一緒に『正義の味方』になろうよっ!」

■登場キャラクター
●朱鷺羽 優衣 (CV:渡会ななせ)
主人公『朱鷺羽 懸命』の妹。
懸命と渡航中、何者かの襲撃に遭い、兄妹生き別れとなる。
現在、消息不明。
明るく素直な、お兄ちゃん想いの女の子。
過剰なほど、お兄ちゃん大好きっ子。
兄の懸命とは相思相愛の仲。
優しい心の持ち主で、誰に対しても思いやりがある。
それなのに、なぜ、襲撃に遭わなくてはならなかったのだろうか?
優衣は今も、生きているのだろうか?

●穂篠 笑美 (CV:長瀬ゆずは)
どこか謎を秘めた美少女。
兄の消息を知った笑美は、自ら壬生養成学園へ所属した。
突如現れた『懸命』に対し、強い疑いを抱いている。
それもその筈、彼女も巨悪な組織に狙われていた。
素直で一途な心の持ち主。本当はとても優しい女の子。
喜怒哀楽がハッキリしており、嘘が苦手である。
水泳が得意。
揺れ動く乙女心に戸惑いながらも、荒んだ時世の中、自分を信じて前向きに生きようとしている。
そんな彼女の一途な目的とは?
なぜ、巨悪な組織に狙われているのだろうか?

●八神 陽夜 (CV:天川なぎ)
壬生養成学園に在籍する、心優しい美少女。
しかし、彼女の境遇はとても悲惨であった。
それでも笑顔を絶やさずに、今を一生懸命に生きる健気な可愛い女の子。
舌っ足らずな口調とは裏腹に、賢くて頭が良い。
弓道が得意である。
主人公の懸命と出逢った途端、事象の導きなのか、懸命に一目惚れしてしまう。
そして、これも事象の導きなのか、彼女にも数々の危険が押し寄せるのだった。

●壬生 千恵 (CV:櫻井ありす)
すべてが謎に包まれた美少女。
どこから現われて、どこへ去っていくのかも不明。
高層ビル爆撃事件にも関わっている。
敵組織を熟知しており、千恵自身でも太刀打ち出来るプロテクトスーツを所持している。
また、『MIBU』にも深い関わりがあり、MIBUのスタッフ達にも顔が利く。
今の時世に押し寄せる危険を、ほぼ知っており、危機を回避する重要なキーパーソンだ。
彼女の目論見とは?
彼女の行動には、どんな真実が隠されているのだろうか?

●黒重 沙羅 (CV:藍川珪)
壬生養成学園に教職員として着任した美人女性。
『MIBU』高官でもある。
笑美や陽夜に対し、親身になって世話をする心優しい女性。
記憶を無くした懸命に対しても、まるで他人とは思えないほど、実のある行動でサポートする。
だが、どこか影のある怪しい行動を取ったりもする。
危険な任務を単独で遂行したり、自ら率先して刺客の裏を掻く行動に出たりと、
敵の標的にも成りやすい。
また、千恵と同様、どうやら敵組織に関して、すべての事情を把握しているらしい。
だからこそ、二重三重に素性を隠している様子も伺える。
一体、どこまで信用していい女性なのだろうか?

●朱鷺羽 懸命
本編の主人公。優衣の兄である。
船上で優衣と生き別れになり、翌朝、浜辺に打ち上げられる。
その時の後遺症で、自分の名前しか覚えておらず、流されるがまま、壬生養成学園へ在籍することに。
黒重先生や、陽夜、笑美と出逢っていくうちに、少しずつ記憶が甦り、妹、優衣の生死を気にし始める。
自分が無力であることに苦悩しながらも、巨悪な大組織の陰謀を解明していく。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.73GB
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4以上
メモリ
1GB以上
VIDEO
VRAM 64MB以上
必要解像度
1280*720 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0007407D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Another Possibility Windows10対応版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

全てがつながっている

2015年10月07日  

このレビューは参考になった×2人

タイトルにもあるようにこの作品は同ブランドの過去4作の設定や世界観を引き継いでいる点にある。登場人物に過去の主人公総出演していたり事件、組織等の固有名詞が過去に登場したものばかり。よって事件の詳細や人間関係は今作主人公の懸命君周辺以外は知っている前提で話が進む。過去作をプレイしていることにこしたことはないが、補足的な感じで捉えて(メタ的に過去作を売り込むセリフも存在するくらい)今作が初でも問題ない!
このブランド作品は初購入だから比べようがないがシーンは短め(懸命の能力+αで女性は既にヌレヌレで即本番だから)な印象で中だし1択放尿多数です。
ブランド作品だから買うのはもちろん、コレだけでも話としては独立、完結してるので買うことに問題はない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]