美少女ゲーム > デジタルGパワー > お母さんを孕ませて子供ができるまでヤッてみた僕

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年08月21日
シナリオ えろっちつばめ21
イラスト 小宮山
声優 森宮ゆう
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「ああぁお母さん…射精が止まららいよぅ…」

孕ませた後に犯りまくるをコンセプトに、妊婦の自分の母親を犯しまくる……!
近親相姦妊婦物!
母は息子のチ○ポで悶えまくる!!

■ストーリー
主人公は、母親が大好きすぎて、淫らな欲望を抱いている少年。

ある日彼は“人妻キラー”を自称する謎の人物とネットで知り合い、母親を堕とす秘技を伝授される。

さっそく実行すると、見事に成功し、最初はイヤがっていた母親も、
見る見るうちに中出しを自ら望む淫乱女になっていく。

ところが、それで妊娠してしまうと、主人公は強い罪悪感を抱き、母親に手を出すのをやめてしまう。
そして数か月後。
母親がすっかりボテ腹になった頃、“人妻キラー”が再び現れ……

■登場キャラクター
●新条 万里菜 (CV:森宮ゆう)
主人公の母親。三十代半ば。専業主婦。
心は清楚だが肉体は豊満で、知らぬ間にフェロモンをふりまいている。
また、夫とは長年セックスレスで、無自覚ながらも強い欲求不満を抱く。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009459
ファイル名/ファイル容量
VJ009459.zip / 128.07MB (134291694Byte)
必要解像度
800*600 フルカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お母さんを孕ませて子供ができるまでヤッてみた僕」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

母親(2) 巨乳/爆乳(2) ぼて腹/妊婦(2) 母乳(2)

お母さん!!

2017年09月11日  

このレビューは参考になった×0人

こんなお母さんがいたら・・・。そう思ってしまうくらい今作のヒロインは包容力がありました。エッチが好きなだけでなく、優しく介抱してくれて息子は母親と交尾を続けてしまい、遂には妊娠。さらに妊婦姿の母をも犯すという流れがとてもよかったです。イラストも構図が良く妊婦と見て取れ易くなっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!母親臨月特化型お買い得ソフト

2015年09月08日  

このレビューは参考になった×0人

不在がちな父・豊満で魅力的な母・熟女好きな息子の三拍子が揃った家庭が舞台の近親相姦ものです。
実の母に情欲を抱いてしまった少年は指南を基に生みの親の貞操観念を切り崩し、子を孕ませるまでに至ります。
サンプルを見て貰えばわかる通り約4分の3が臨月状態でのエッチというボテ腹特化こそが最大の特徴です。
丸みを帯びて母性が高まった体を愛でるのはもちろん、妊婦特有の危うさをちゃんと描いているのが意外に良いスパイスとして、興奮材料にプラスされた作品でもありました。
普通なら「選択肢次第で嫌われる」のような所が臨月ゆえ「選択肢次第で体調を崩す」ゲームシステムになっているのです。
無論、息子との肉体関係に罪悪感を抱いていた母が堕ちていく過程も背徳感と征服感の両面で充分な威力でした。
このように特化作だけあって臨月女体に興味が薄いと命中率は低いですが、逆にその種に目がないならクリティカル率の高いと断言できるソフトです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]