美少女ゲーム >  > 影狼

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■物語
くらいくらい夜の闇、村を白い霧が包む時。
狼の遠吠えが聞こえ、人々はお互いに争いあう。

ひとり、またひとり。

村人は霧の住人となっていく。
やがて村を包む霧が晴れる時、村には誰も残らない。
誰も、一人も……残らない。

――村に住む女性、ペティは数年前に両親を亡くしていた。
家無き子として村にいる豪商の家に引き取られたが、その家では虐待される日々。
救いのない日常を繰り返す中で、ペティは村全体に対しての憎しみを抱くようになる。

「ねぇ、霧に包まれた村の話って知ってる?」

ある日、ペティの前に差し出された救いの手。
その手を差し出した女性、レミィは自身を大神の使徒と名乗った。

大神の使徒は、その神通力によって世界の理をねじ曲げる、魔法を使う事が出来る。
しかしその対価として、供物として人々の命を捧げる必要があった。

ペティはその手を握り返し、大神の信徒となる事を決意する。
自分を虐げる村人への怒りを解放し、自由を手に入れる為に。

■登場キャラクター
●ペティート (CV:藤堂みさき)
両親を土砂災害で失い、村にいる豪商に養子として引き取られた女性。
豪商一家では廃棄した家屋をあてがわれ、食事などは最低限の物しか与えられなかった。
豪商の息子達は苛立ちをペティにぶつける事も多く、殴る蹴るの暴行を平然とする日もあって、
ペティは次第に村を恨み、苦しみの日々から逃れようと常々強く考えるようになる。
軽装寄りの衣類は、軽業師だった母親の衣装を模したモノであり、ペティ自身も軽業師になろうとしていた。
両親がいない分、普段は勝ち気で大人が相手でも自分の意見をはっきりと口にする。
しかし一人の時などは年齢相応に、人恋しい感情を漏らす。

●レミィ (CV:ヒマリ)
先輩影狼にして、ペティに影狼としての力を与えるようにスカウトした人間。
普段はいたずらっぽく社交的で、ノリが良く面倒見の良いおねーちゃんとして、村のパン屋をしている。
凄惨な過去があり、他人を殺すという事に関しては罪悪感は無いが、
殺人を好んだり悦に浸るという歪んだ感情を抱いている訳でもない。
ただ他者を殺す事が自身の生きる事であると信じており、
それは人間が生きる為に獣を食うのと変わらない感覚である。

●カナン (CV:町田あみ)
活発で臆病な女性、恐怖への耐性は低く、影狼による恐怖に対して怯えている。
他人を疑うという事に慣れておらず、争いを回避したいと考えているタイプ。
また、恐怖に怯えたりするが、一線を越えると他人に対して激しく攻撃的、排他的な性格を見せていく。
村の雑貨屋を経営しており、細工師であるエルクに対して恋愛意識を抱いているが、
その感情を表に出す事は今までしていない。

●サテン (CV:片倉ひな)
村長の孫娘で、外見こそはあどけない少女でありながら、
両親を失った事もあって精神的には成熟せざるを得なくなってしまった。
頭の回転や洞察力などは年齢不相応に高い。
また土砂災害が起きた原因となっている、治水などに関して、
お金を使う事をケチった祖父である村長を憎んでいる。
孫娘という立ち位置もあって、他の人からは少しだけお嬢様として
精神的な距離を置かれている事を自覚しており、その孤独感を常に心の闇として抱えていた。

●シルキス (CV:ひむろゆり)
青年に好かれている女性、その身体はその村にいる男性達を性的に魅了している。
本人は好きな男性もいないし、今起きている状況を前に戸惑っている状態。
死にたく無いという気持ちもある為に、平然と性格が豹変する。

●ポメラ (CV:西埜くろわ)
緊張すると上手にしゃべることが出来なくなり、テンパッてしまう傾向がある。
自分に自信が持てないという事、自分の理解者がいてくれない事に、不安を強く抱え込んでいる側面がある。

●ゲルトルート (CV:麻優莉)
村の教会にいるシスターであり、託宣者としての能力を受けた。
村を導き、犠牲になる強い覚悟を抱き、村に潜む大神の信徒と戦うためのルール造りを設ける事にした。
シスターという事のせいもあって、世の中の綺麗な事も汚い事もある程度は把握しており、
その上で少しでも自分らしく、まっすぐ生きようという事を考えている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009365
ファイル名/ファイル容量
VJ009365.zip / 597.33MB (626345112Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上
必要解像度
1024*768 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0007100D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007100D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「影狼」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件