PCソフト > アパタイト > 発情淫母~疼く熟体は、その欲情を抑えきれない~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

私こと鹿島岳男は、ひとりで酒を飲んでいた。
大型連休の初日、初めて産まれた子どもを連れて、
夫婦で里帰りをしたのだ。
なぜひとりで酒を飲んでいるのかというと……。
妻は、子どもを連れて早々に自室へ引き上げてしまった。
義父も酒を飲み過ぎて酔いがまわり、
義母に連れられて夫婦の寝室に引き上げてしまう。

(ひとりで飲むっていうのも……つまらないな)
尿意を催した私はトイレへ行き、居間に戻ろうとした時……。
義父母の寝室の扉が閉まりきっていないことに気づいた。

「んっ……んぅぅ……んんっ……んふぅ……」
中から、くぐもった呻き声。
義母は、義父のモノを咥えながら豊満な尻肉をうねりまわしていた。
下着の奥では、四十三歳の女陰花が濡れ咲いているに違いない。
この光景を目の当たりにして、牡の血潮が激しく沸きたぎる

(お義父さんはすごく酔っているみたいだから……気づかれないかもな……)
私は寝室の扉を音もなく開け、忍び足で入り込む。
義母の背後にしゃがみ込んで、
豊尻に張りついている下穿きへ手をかけた……

■登場キャラクター
●園部由紀(CV:飯月文華)
義理の母。
学生卒業後にすぐ結婚し、
早くに子を産み育ててきた為、若干世間知らず。
夫の事を慕っていて、他の男性経験はない。
最近は、ご無沙汰気味で、体は持て余し気味。

●鹿島岳男
主人公。中堅企業に勤めるサラリーマン。
子供が生まれた最初の大型連休で、嫁の実家に来ている。
基本的には人当たりが良く、義理の両親への受けもよい。
妻が、子供の世話にかかりきりで、ちょっと寂しい。
普段常識人だが、吹っ切った時に大胆さが出てくる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009363
ファイル名/ファイル容量
VJ009363.zip / 312.94MB (328139332Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「発情淫母~疼く熟体は、その欲情を抑えきれない~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

美しすぎる40代

2017年01月07日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

子育て中の奥さんに相手にされず悶々としていた主人公が、同じく悶々としていた義母と浮気する展開。
貞淑な人妻熟女が背徳の快楽に溺れていくのはエロくてたまりません。
声がちょっと若すぎるのが残念ですが、それを差し引いても熟女スキーな自分にはなかなか好みの作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]