美少女ゲーム > アパタイト > これって、リア充? ~黒ギャルが、ドーテーを教育するそうですよ~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年06月19日
シナリオ 坂元星日
イラスト 神無小春
声優 / akko
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
「おいテメェ、何ガン見してんだよ、あっち行けよ!!」

教室には、全裸の二人がいた。
……着替え……てるんだろうか。
でも、いくら着替えだからって、
誰もいないからって、鍵のない教室で下着まで脱いで丸裸になるなんて。

……これがきっかけでそれからはずっと、二人から『ガン見変態野郎』と罵られ、
それに、このことを誰にも言わない代わりに、と……すっかり下僕にされてしまった。

でも、お金を渡されての使い走りとか、その程度で済んでるから、
僕ももうどうでもいいような気持ちになってるんだけれど――。

ある日の放課後、性にも奔放な彼女たちは、
椅子に座り足を広げて『この間引っかけた男』たちとのセックスについての報告会を開いているようだ。
そんな話を聞くだけでも、わからない分妙にエッチな妄想が膨らんでしまう。
あれこれあれこれ、とんでもないことばっかり考えてしまって、
……気がつけば、勃起していた。

「お前、何もじもじしてんだよ」

「……あ、もしかして勃ってる!? ウチらの話聞いて、興奮しちゃったわけー? マジでぇ?」

「ま、大体わかるけどさー。アンタ、どうせブツ見せる相手とかいないっしょ? 
今日は特別に、どのくらいのモンかウチらが見てやるよ、嬉しいっしょ?」

もう何をしても何を言っても無駄だと悟った僕は――。

■登場キャラクター
●神宮寺 亜梨沙 (CV:凪)
双子の姉。
焼いた肌に、濃い化粧。
今が楽しければそれでいい、楽観主義。
性については、奔放そのもの。
ちょっとしたワンポイントタトゥーがある。

●神宮寺 紗莉奈 (CV:Akko)
双子の妹。
姉と同じように肌を焼いている。化粧はそれなり。
楽観主義な姉とともに行動しているため、性格も似ているが、
“亜梨沙”より行動的。
ちょっとしたワンポイントタトゥーがある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009322
ファイル名/ファイル容量
VJ009322.zip / 339.73MB (356232246Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「これって、リア充? ~黒ギャルが、ドーテーを教育するそうですよ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ビッチだからこそ彼の才能を正当に評価してくれる

2017年03月08日  

このレビューは参考になった×0人

本作の最大の美点はヒロインが一流の批評家である所です。
本物のビッチなのが活きている構成と言い換えても良いかもしれません。
双子ギャルは主人公を「チビ」「デブ」等々容赦なく罵って、弱みを握ってパシり扱いしています。
完全ないじめっ子といじめられっ子の関係です。
しかし、彼の男性機能を知った途端、方向性が一変します。
[作品内容]にも書いてあるように双子ギャルは男性経験が豊富です。
その遍歴から見ても主人公の股間は桁外れだったらしく、驚愕し、涎を垂らさんばかりの勢いで実食を急ぎます。
そして、やはり極上だと絶賛します。
ここでビッチなのが思わぬ効果をもたらします。
つまり今までの相手、クラスのヒエラルキー上位のイケメンらよりも主人公の方が勝っているかのように褒め称えるのです、股間だけ。
立場は相変わらず、主従関係のパシり弱者でありながら、リア充男を打ち負かしたような感覚を得られる作品なのです。
双子ヒロインが経験豊富なビッチだからこそ、明確な比較対象が存在し、間接的にランキング最上位を勝ち取った優越感が素晴らしく気持ち良いです。

また、ビッチゆえに男の扱いにも長けています。
何を見せれば立ちが良くなるのか、どこを刺激すれば回復が良くなるのか心得ていて、痒い所に手が届くと言うか、一歩先行くリードをしてくれます。
上記の通り彼の男性機能が高ポイントなので双子は惜しげもなくサービスをしてくれて、少女側がグイグイ引っ張る受け身のHを望む男には最適な作品でもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]