美少女ゲーム > Eroro > ちょいワル少女の初体験 ~本当は怖かったの~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Eroroフォローする
販売日 2015年04月03日
声優 綾音まこ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 不良少女のツンデレ初エッチAVG
その他
ジャンル

作品内容

■□■ストーリー■□■
貴美は、ある理由から処女を捨てたいと考えていた。
あるとき、不良仲間に強がって、男性と経験済みであると嘘をついてしまったからだ。

今更撤回も出来ず、かと言ってこのままでは未経験であることがバレてしまうのではないかと焦っていた。

ただ、初めてはどうしても好きな人にあげたいと思っていた。
それが真面目で優しい、幼馴染の男だった。

今は不良友達と一緒にいることが多く、疎遠になってはいるが、昔から主人公のことがずっと好きだった。

だから、どうしても初Hは彼以外は考えられなかった。
そのため、なんとか無理やり主人公を呼び出したはいいが、素直に好きだと告白することができない。

「お前、Hしたことないんだろ? あたしが手伝ってやる!」

ついには恥ずかしさから、そんなとんでもないセリフが口から出てしまった。
彼女は無事に想いを遂げられるのだろうか?

■□■登場キャラクター■□■
●篠原 貴美 (CV:綾音まこ)
いつも不機嫌で周囲に対しても威圧的な態度を取っている。
不良グループたちと一緒にいるため、一般の学生からは煙たがられ距離を置かれている。
しかし実は、嫌いな父親へ反抗するために、不良の様に振る舞っているだけで、
根っからの不良というわけではない。
主人公とはお笹馴染みで、昔は一緒によく遊んでいたが
そのせいで今はすっかり疎遠になっている。
本心では、主人公と昔の様な関係に戻りたいと思っている。

●大杉 和也
真面目で年齢以上に、大人びた性格をしている。
時には必要以上に踏み込んで、友人を説得する情熱的な部分も持っている。
もともと貴美とは幼馴染で昔はよく遊んでいたが、
学生になり彼女がぐれ始めてから交流がなくなってしまった。
不良になってしまったのはともかく、
昔のように友達付き合いが出来ればいいなと思っているが……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009156
ファイル名/ファイル容量
VJ009156.zip / 111.08MB (116475351Byte)
CPU
Pentium4 1.5GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0007039D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0007039D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ちょいワル少女の初体験 ~本当は怖かったの~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件