美少女ゲーム > 筆柿そふと > 催眠母

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月27日
シナリオ NATORI烏賊
イラスト 皇裕介
声優 白井綾乃 / かわしまりの / 一色ヒカル
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 年上催眠ものAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
主人公の千葉草一(ちば・そういち)父子家庭でしたが、
二年前に父親を亡くしてからは一人で暮らしてきました。
母親は主人公を産んだときに亡くなっていて、いまでは天涯孤独の身です。
その境遇のために母親というものに強い憧れを持っていて、
母親がいないのに、重度のマザコンを患っています。

あるとき、普段から良き相談相手である保健医の神戸みなみに、
「そんなにお母さんに憧れがあるなら、面白い方法があるわよ?」
と言われて彼女の誘いに乗り、
催眠術を用いて母親を手に入れようと行動することに……。

■□■登場キャラクター■□■
●八幡 久美子 (CV:白井綾乃)
主人公の通う学園の理事長で、亡き母親の従姉妹です。
親戚であり、天涯孤独になった主人公の「後見人」ですが、彼を自分のところへ引き取ったりはせずに、
「自分のことは、できるだけ自分でしなさい」と自立を求めます。
その立場からバリバリ働くキャリアウーマンという雰囲気で、あまり母親を感じない女性ですが、
母親の従姉妹なので、血縁的には一番近い女性だと思い、ターゲットとして催眠術をかけることにします。

●倉敷 智子 (CV:かわしまりの)
クラスの担任の女教師で、ものすごく堅物な女性です。
学生たちに対しては、とにかく厳格な態度で叱ったりします。
しかし冷酷な性格というわけではなく、とても真面目なだけで、
本心では学生たちとの距離を縮めたいと、悩んでいます。
主人公は、小言を言ったり、叱ったりする彼女を見て、それこそが「母親らしい態度」ではないかと思い、
ターゲットにすることにします。

●神戸 みなみ (CV:一色ヒカル)
養護教員の保健の先生で、主人公の良き相談相手。
催眠術を用いて母親を手に入れることを、主人公に勧めた張本人。
親しみと愛嬌があり、友達感覚で接してくれる女性です。
母親というより姉っぽい感じですが、一緒にいて楽しい人なので、
この人を母親にするのが一番良いのではないか、と主人公は思うようになり、
彼女自身に対して、催眠術を試すことになります。

●千葉 草一
本作の主人公です。
成績も容姿も、ごく普通の男子学生ですが、重度のマザコン気質。
保健医の神戸みなみの誘いに乗って、催眠術を用いて理想の母親を手に入れようと行動することになります。
そうして彼の周囲の年上女性がターゲットになるのですが……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009138
ファイル名/ファイル容量
総計 848.83MB
VJ009138.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ009138.part2.rar / 85.89MB (90060546Byte)
CPU
Pentium4 1.4GHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
VIDEO
VRAM 128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
1280*720 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0006913D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0006913D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠母」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女教師(3) 中出し(2) ラブラブ/あまあま(2)

年上に甘えたい人にオススメ

2017年05月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

催眠術モノといえば、ヒロインにひどい催眠術をかけて辱める作品が多いですが、本作では主人公のことをお腹を痛めて産んだ子供だと認識&親子で性的なスキンシップは当たり前という催眠術をかけて、息子として甘えるというのが主な使い方で、他作品ほどヒロインに酷いことをするわけではないので安心してプレイできます。
実の母親でないので親子にしては年齢差が小さく、特に智子とみなみの二人はお姉さんと呼んだほうが相応しい年齢で、若い母親に甘やかしてもらうというのが本作のポイントの一つだと思います。

ヒロインそれぞれに特徴があり、久美子は一番の年上&人妻ということで、主人公がしてもらうというシーンが多く、主人公が主導して動くような構図でも、久美子がしっかりと導いてくれるので、年上(母親)に甘える、甘やかしてもらうという点では断トツのヒロインでした。
みなみの場合は主人公と年齢が近いためか、恋人か姉のように感じられました。
智子も母親にしては若すぎるのですが、教育熱心な教師なだけあって、息子に性知識を実践で教えるというのが良かったです。

ヒロインとの血の繋がりは無い(あるいは遠い親戚)ので、フィクションとはいえ本物の近親相姦が苦手という人でも、年上に甘えたいという願望がある人なら楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

マイルドな催眠もの

2015年10月22日  

このレビューは参考になった×0人

主人公は高校生で母親とは死別しています。
そこで催眠にかけて身の回りの人間をお母さんにしてしまおうというタイトルままのゲームです。
そんなに強い催眠ではないのですが、三人のヒロインは元々主人公に対する好感度が元々高いので大丈夫という設定。
あまあまな生活が売りの作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!あまあま催眠

2015年04月03日  

このレビューは参考になった×0人

催眠物にしては、あまあまラヴラヴ感が前面に押し出されていて、声優さんとキャラも相まって、全体的にいい仕上がりになっています。冒頭の主人公の境遇にも、少しホロリとさせられます。もちろん、エロもいい感じに演出されていて、催眠物として、十分実用的でもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]