PCソフト > SPINDLE > 催淫調教~孫の身体はみんなの玩具~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 SPINDLEフォローする
販売日 2015年02月27日
シナリオ 信条高志
イラスト あきのしん
声優 四ノ宮ひな
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
「本日は誠にご乗車ありがとうございます、次の駅は――」

窓の外には、見慣れない風景。
今まで住んでいた都会では、見たことがない景色。
隣の車両に人影は見えたけれど、この車両には私以外……誰も乗っていない。
なんだか世界にたった一人取り残された気がして、急に寂しくなる。
不安が胸の中を、ぐるぐると渦巻いている。

こんなふうに、ずっと一人でいるのは初めてのことだったから。
でも……私はそれを自分で選んだのでした。
住み慣れた場所を離れて、新しい暮らしを受け入れることを。

期待を半分、不安を半分抱えたまま、電車は目的地である終着駅のホームへと滑り込んでいきます。
古ぼけた駅舎を見ながら、私は荷物を手に持ち、立ち上がるのでした。

「……伽耶ちゃんかい?」

慌てて振り返ってみると、そこには人の良さそうなご老人が一人。
私の方を見て、優しそうに笑っていました。

「ああ、やっぱり伽耶ちゃんだろう? 良く来てくれたのぉ」

「……おじいちゃん?」

うんうん、と頷いてみせる姿は、いかにも好々爺という姿で。
良かった……本当に嬉しそうにしているのが、その表情を見てわかりました。
私はここに来て良かったんだ……。
そう、胸に温かい気持ちが浮かんできます。
悲しいけれど、もう寂しくはないよ――天国にいる両親に祈ります。
これからは家事とかも頑張らなきゃ、そう思いながら眠りにつきました。

――しかし、平穏な日々はそう長くは続きませんでした。

■登場キャラクター
●三宅 伽耶 (CV:四ノ宮ひな)
やや人見知りだが、慣れれば明るく社交的。
両親を事故で亡くし、家族を失った。
親戚を頼るかどうするか……というところで、
会った事のない祖父の存在を思い出し、祖父に連絡を取る事にした。

●三宅 源司
今は隠居しているものの、催眠術を使って
メス奴隷を作るという調教師をやっていた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ009077
ファイル名/ファイル容量
VJ009077.zip / 382.29MB (400863947Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
1GB以上 / 2GB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催淫調教~孫の身体はみんなの玩具~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

催眠系は安定したエロがある

2015年05月12日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

催眠で操られ、レイプ目のCGがほとんどですが、
それが、たまらなくいい。
色々とやられて、救いもないお話と思いきやエンドではある意味昇天エンドが待っています。
ぬきゲーとしては良作で、実用的でよかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]